« 8月6日からの掲示板 | トップページ | 真夏の雪富士 »

2008.08.09

南部町へ、百日紅と棚田

呼び掛けは、百日紅と棚田を見に行こうと。
天気も昼頃までなら、持ちそうです。
楽座へ行けば、焼津のMさんが待っています。
ちょっと前に、ひなさんと京平さんが走って行ったと。
先行して、向こうで合流するつもりのようです。
海外ボケのnanasukeさんと3名で、出発します。
県10号の旧道から、芝川町へ。
釜口橋を渡り、宮のIさんが合流です。
富士川右岸で南部町へ。
途中では、道端にタヌキらしき物が横たわっていました。
万沢の宿から一登りして、万栄橋には下りずに万沢中学へ。

01
途中では、富士川が見えるポイントが有ります。
下って行き国52号へ。
土曜で大型車が多いですが、ここからは国52号です。
切久保の洞門を潜れば、道の駅とみさわへ。
富沢の町は、七夕の飾りが見えます。
道の駅でトイレ休憩していれば、ひなさんと京平さんが合流です。

03
ここからは、富栄橋を渡り、左岸の県10号へ。
日差しが強くて、汗が噴出します。
風は追い風。
内船駅前へ。

10
南部橋を渡りますが、15日に行われる火祭りの準備が見えます。

南部の町に入り、船山川へ。
船山川沿いを遡上して、原間のイトザクラの看板から登りです。
ロードの2名は、ちょっとギアが一杯になりそうです。
ちょっとだけ激坂ですが、すぐにイトザクラへ。

04
緑色の葉が地面に垂れんばかりです。

05
もう少し登りですが、水田を見ながら登りましょう。
千年桜の看板からは、最後の激坂へ突入です。
でも、すぐそこですから。

06 07
千年桜の横の百日紅には、赤い花が見えません。
近寄れば、ちらほらと咲いてはいます。
終わってしまったのでしょうか。
家に帰り、花博士のかみさんに調べて貰ったところ、まだこれから咲きそうな花ツボミが有るようです。
咲き始めのようです。

杉尾へ向かいます。

08
定点の棚田を見て行きます。
水田の中を下り、プチ峠を越えて戸栗川沿いへ。
戸栗川沿いの水田の中を走れば、氷の看板が。
氷休憩です。
20分ほど休んで、内船駅前へ。
昼食にしましょう。
ちょっと目を付けていた、お店へ。
ここで、お腹を満たして体も冷やします。
外に出れば、西の山方が雲行きが怪しいです。
でも帰るだけです。
県10号で。
富栄橋を渡り、往路の国52号へ出ます。
ちょっと安全に、歩道も走ります。
なんとか、万沢への登り口へ。
交通量も減り、ちょと安心です。
でも安全な道は、登りが有ります。
万沢から芝川町へ。
南の方の雲は、明るいです。
富士川町へ入り、松野のコンビニでアイス休憩です。
気が付けば、先程より空も暗くなって来ました。
ここで、宮のIさんが離脱です。
富士川楽座で、京平さんが離脱していました。
富士川橋の西側信号機で、皆さんと別れます。
静岡まで自走の、ひなさん果たして。
私が家に帰り、しばらくして雨が降り始めました。
皆さん、無事に帰れましたか。
私は、濡れずに済みましたが。
また、宜しくお願いします。70km

|

« 8月6日からの掲示板 | トップページ | 真夏の雪富士 »

コメント

今日はありがとうございました。

松野からは雷の中心部に向かっていくような
感じで富士宮に帰りました。帰宅後、雷雨が
激しくなりましたが冷涼な空気も入ってきて
久しぶりに涼しい夜を過ごせそうです。

南部町の観光地図を見ながら経路を辿っていますが
核心部の詳細は不明で身体で覚えるしかなさそうです。

投稿: 宮のⅠ | 2008.08.09 21時10分

宮のIさんへ
離脱されてから、一気に暗くなったので、雨が心配になりました。
廻ったコースは、6月8日の「南部町の棚田へ」に地図を入れて有ります。
参考に。
また、宜しくお願いします。

投稿: 三振王 | 2008.08.10 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 8月6日からの掲示板 | トップページ | 真夏の雪富士 »