« [号外]丸山林道へ | トップページ | 百日紅は咲いてたか、南部町へ »

2008.08.16

秘境、丸山林道

丸山林道へ。

01
昨年は、櫛形山線から丸山林道へと走りましたが。
今年は、櫛形山線が通行規制されています。
そこで、捻ったコース設定は、帰りは自走で走ろうと。
身延線始発に乗ります。
富士駅では、遊び帰りやこれから出掛ける人が。
自転車を担いた人は、私だけ。
乗車すれば、うとらうとらと時間を潰します。
山梨県に入っても、学生は乗り込んで来ません。
市川大門駅へ。
私の、山梨県南部地区の拠点です。
車掌に切符を渡すと、
車掌、「それは、自転車ですね。手回り品扱いですので、手回り品の費用が掛かります」
私、「JRは何年か前から、無料になっていますよ。私は何回も乗っています」
車掌、「駅勤務の経験も有りますので、その時は貰っていましたが」
私、「もう何年も前からですよ。5年以上前です」
家で調べたら、1999年1月1日から
所掌、「後で、確認してみます」
身延線は、無人駅が多いので車掌が切符の販売や回収をしているので、出発時間が遅れる事が有ります。
と、ブログネタと提供してくれた、車掌を乗せて甲府駅へと発車しました。
どうも、夏休み対策で、別部署の人が勤務した感じでした。
市川大門駅は面白いので、皆さんブログネタに寄りましょうね。
鰍沢口駅方面へ戻ります。午前7時50分
コンビニ補給は、富士川大橋への交差点の(7)です。

03
富士川大橋を渡り、増穂町へ。
正面には、夏雲が掛かった、櫛形山や丸山が見えます。
増穂町役場辺りへ行けば、丸山林道と櫛形山林道の標識が出て来ますので、これに従って行けば迷子にはなりません。
平林の看板が出て、利根川沿いになります。
いきなりフロントセンターへ。
さらに、インナーへとなります。
背中には、容赦無い夏の日差しが当たります。
勾配は、始めは5%ぐらい、次第に10%は感じます。
カーブミラーが有ると、木陰が有ります。
そこで、プチ休憩。
水分補給です。
吉原から勢小辻への、県24号のようです。
ただし、車が少ないのが救いです。
だましだまし登れば、枯れた向日葵畑。
その上に、集落の屋根が見えます。
平林の集落です。9時20分
高原に広がる集落です。
かなりの軒数。

04
それを確認できるのが、増穂町西小学校です。
現役木造校舎です。
懐かしい。
こんな所に寄れるのも、自転車だからです。
静岡県では耐震問題で、木造校舎は無いでしょう。

06
富士山は頭だけ、覗いています。
平林郵便局は、中から富士山が見えそうです。
平林には、30分ほど足を止めました。
集落の上からは、伊奈ヶ湖への分岐点。10時丁度

そこからは、一気に林道の気配です。
木々に覆われて、木陰の中を登ります。
たまに、木々が開けて富士山方面が見えます。
こまめに、水分補給とプチ休憩です。
やがて、櫛形山林道からの合流点です。10時40分
櫛形山線入り口には、通り抜け出来ませんと看板が立てられています。
ここから奈良田までは、昨年の走っています。
出て来る景色は、見覚えが有ります。

07
紅葉の時にも来たい、唐松群です。
車が少ないですが、通ります。
それに、バイクも多いです。
これも、熊除けと思えば。
上の方からは、黒い雲が流れています。
富士山方面も見えますが、頭から下は見えません。

08
最後の、つづら折れを登れば、

09
池の茶屋への分岐点です。11時50分
まだ奈良田方面へ、最高地点へとちょっと登りますが。
この辺で、1700mほど。
コンビニおにぎり2個で、エネ補給。
奈良田方面へ、もう少し登りです。
富士山の眺めも、最後となり早川へと下ります。
遠くに、南アルプスが見えて来ます。
下れば、ダート区間だった所が、工事中です。

10
路面は踏まれていますが、水が溜まっています。
ここは、右側の高台に逃げます。
さらに、もう一箇所。
ここは、逃げ場が有りません。
泥水の中を、ゆっくりと。
出てからは、コンビニ袋の中に有ったお手拭で、リムを拭きます。
皆さんは、ティッシュを持って行きましょう。

11
残雪を撮った所も、工事中です。
踏まれた地道を下ります。

13_2 14 12_3 15_2
ここからは、谷沿いまで下り登り返しです。
これが、2度。
その後は、乗車して下りるのが、難しくなる路面です。
それに、パンクも恐い。
そこは、押して行きましょう。
下に行くほど、路面が荒れているのが、丸山林道です。
下界に早川の発電設備が見え始めますが、まだまだ下ります。
木陰の路面は、思わぬ危険が現れます。

16
奈良田へ。午後1時50分
暑い日差しが、待ち受けます。
身栄山の駐車場で、トイレ休憩です。
車が停まっていますが、広河原への登山客の車です。
ここから広河原へは、一般車は通行禁止で、バスかタクシーが入れます。
早川沿いを走るだけです。
ただし、強い向かい風です。
早川には、大きな岩が転がっていて、山奥を感じさせます。
西山温泉の山本旅館。
早川の郷土資料館等が見所ですが。

18
一番は、これでしょう。
青崖洞門。
対面通行が出来ません。
出口を確認してから、入ります。
今回は、ポストマンのバイクの後ろに付きましたが。
ライト必須です。
私は、前後フラッシング。
さらに、前ハブにライトでしたが、これでも途中2箇所ほど、暗くてひやりとさせられます。
ただし、新しいトンネルが出来つつ有ります。
来年は、開通しているでしょう。
このアドベンチャーを体験するなら、今年がお勧めです。
国52号へ出るには、イヤになるほどペダルを漕ぎます。
雨畑への分岐で、自販機給水です。
空になった、ペットボトル2本もゴミ箱へ。
国52号へ。
富山橋を渡り、県9号線へ。
波高島駅で、サイコンを確認します。午後3時40分
79km。
身延駅へと走ります。
空模様が怪しく、暗くなって来ます。
身延駅へは、午後4時丁度。
86km。
トイレ休憩です。
再び走ります。
ずっと向かい風です。
アップダウンの道です。
ただし曇り空となり、ちょっと楽です。
南部橋周辺では、火祭りの車や人が大勢います。午後4時35分
内船駅の露店の、焼きそばが食べたかったが、人が多すぎて止めます。
アーモンド豆の行動食で、ガマンです。
雨粒が顔に当たります。
途中で、ロードにかわされます。
井出駅前から十島駅前へ。
万栄橋を渡り、芝川町、富士川町へ。
富士川橋を渡り帰還です。
午後6時10分、124km。
安倍峠より、満足感が有りました。

|

« [号外]丸山林道へ | トップページ | 百日紅は咲いてたか、南部町へ »

コメント

お疲れ様でした。
奈良田までは行ったことありますが、やはりそれ以上となるとなかなか・・

安倍峠より景色の変化があり面白そうです。

それにしてもいまだに「手回り品切符」だなんて・・

投稿: ひな | 2008.08.17 06時54分

ひなさんへ
丸山林道は、かなりハードです。
櫛形山林道は、景色も良くてお勧めです。
どちらも、市川大門駅発で回れます。
ところで、ケガは大丈夫でしたか。
お大事に。

投稿: 三振王 | 2008.08.17 19時06分

お疲れでした、かなり遅いレスで申し訳ありません。
今から十年前なら三振王さんみたいにもっと走れる時間が有りました。
ク~!読んでいるだけで又行きたくなって来ますよね~。
西山温泉は、僕的には、山の中なのに食べ物が僕に合っていたので
又お泊りしてゆっくり走ってみたい所で有ります。

投稿: くりくり | 2008.08.23 01時21分

くりくりさんへ
丸山林道や早川沿いは、南アルプスの前座らしい雰囲気が有ります。
昔、山登りをやっていた頃は、3度広河原まで入っています。
その後は、北岳へ。
10数年前は、私は家庭第一で身動きが出来ませんでした。
その後に、ハマリました。
とりあえず、体が動けるまで、自転車に乗りたいですね。

投稿: 三振王 | 2008.08.23 19時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« [号外]丸山林道へ | トップページ | 百日紅は咲いてたか、南部町へ »