« 何故か猪之頭林道へ | トップページ | 水田は眩しかった »

2008.05.17

南部の山古志へ

山梨県南部町へ。
ここ一月ほどで、三度目の訪問です。
前回から2週間たち、水田もぼちぼち良いだろうと思い、出掛けて見ました。
午前8時40分、今日は、芝川町の釜口橋を渡ると、富士川右岸で目指します。
万沢までは、県10号線です。
今日は、万栄橋へ下りずに、万沢中学へ向かいます。
ちょっとだけ、国52号をバイパスします。
少し登りですが、車は通りません。

01
自転車では、初めてでしたので、思いがけずに良い景色に出会えました。
この先は、国道へ下ります。
歩道を走りますが、右側の方が広いです。
とうぜん、そちらへ。
歩道は、突然途切れますので左側へ。
洞門が現れますが、1km西行公園の看板が有ります。
西行峠へ、寄り道します。
しっかし、激坂です。
公園まで280mの広場で、折り返します。
ここを乗車して行くと、この後の行動に支障をきたしそうです。
押して行きます。
西行公園には、岩屋に囲まれてお地蔵尊がお住まいでした。
富士山が見えれば、盆中の富士と呼ぶようです。

02
甲駿往還の標識が有ますが、道は草むらに続いています。
そちらには、行きません。

10
国道へ戻り、洞門の中を走り、道の駅とみさわへ。10時25分
トイレ休憩です。
スポドリンクも補給します。
富栄橋は渡らずに、この後も富士川右岸の国道です。

福祉洞門は、川沿いに歩道が有ります。
いつも、左岸から眺めている、富士川沿いの景色も新鮮です。

03
楮根から大和峠越えですが、歩道が有りません。
しかも、工事中です。
後ろを確認します。
大型車をやり過ごし、走り出します。
ちょっと登れば、峠へ。
下れば、塩沢です。
塩沢トンネルですが、回り込めばトンネルも回避できます。
木造薬師如来像の標識に誘われて寄って見ますが、お堂の中で見れる筈が有りませんね。
トンネルを出れば、戸栗川沿いです。
ここからは、睦合小学校前を通り船山川へ。11時10分
杉尾から峰へと登ります。
途中で、水が入った水田景色を期待しましたが。
やっと、入りだした所でした。

05 06
それでも、水が入った棚田では、人力で代かきをしています。
ちょっとだけ、南部の山古志です。
田植えは、5月末か6月初ですね。

07
マイブームの千年桜へ。
もう、すっかり葉も濃い緑色です。
原間へと下ります。

09
こちらも、水が入った所と、これからの所と。
トラクタは入らない広さなので、耕運機が活躍します。
国52号の下を潜り、南部の町へ。
帰りは、南部橋を渡ります。午後0時15分
県道で、内船駅、寄畑駅と過ぎます。
井出駅へは、登り返しません。
富栄橋を渡り、往路の国52号です。
万沢から県10号で、芝川町、富士川町へ。
富士川橋西側の交差点では、警官が手信号で交通整理をしています。
富士川橋を渡り帰還です。
午後1時40分、80km。
家で聞けば、旧国一沿いで火事が有り、その影響で渋滞が起きたようです。

|

« 何故か猪之頭林道へ | トップページ | 水田は眩しかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何故か猪之頭林道へ | トップページ | 水田は眩しかった »