« 南部の山古志へ | トップページ | 興津川は釣り人だらけ »

2008.05.18

水田は眩しかった

この時期は、田んぼに水が入り、眩しいばかりの景色に出会えます。
昨日の南部町に続いて、今日は富士宮市の米作地帯に行きます。
朝8時45分に出発です。
雁堤から走り出せば、向こうからガンガン飛ばして来る御仁が。
バボイさんでした。
これから、日本平方面へと。
私は、村山道へと急ぎます。
万夫川沿いを登れば、汗が出て来ます。
暑くなると、ペースが落ちます。
ゆったりと、いつものスローイーブンです。
村山への最後の激坂は、いつも心臓バクバクです。10時丁度

01
村山浅間神社の鳥居は、エステでもしたように白い肌でした。
山本商店で、早めのスポドリンク補給です。
白糸の滝方面へ、県道を走ります。
気持ち良い時期は、バイク集団が多いです。
この道は、アップダウンが気持ち良い道です。
人穴の交差点から、県414号です。10時30分
田貫湖まで行きます。
下の田貫湖入り口は、曲がりません。
ゴルフ場横を登れば、上の入り口です。
ここから、田貫湖へ入りますが、アップダウンが有ります。

02
田貫湖へ。
曇り空です。
富士山も見えないので、遊歩道は回りません。
トイレ休憩をして、内野へと下ります。
登って来たローディは、ダウンシングです。

03
内野発電所の上は、富士山ポイントです。11時15分
さらに、水田の綺麗な所です。
ここからは、トワイライトゾーンへ。

水田の中の道を、半野へと下ります。

04 05
あちこち水が入り、プール開きです。
田植えも済んで、苗の緑色が水面を彩ります。
半野から、県184号へ。
さらに、国469号に合流して精進川です。
いつもは、水田コースですが、今日は国道を下ります。

06
国道からの水田も綺麗です。

07
北原発電所の屋根は、水に浸かってしまったように見えます。
柚野支所へ。
ここで、トイレ休憩と自販機で補給です。
[追記]
柚野支所前に火の見櫓が有ります。
そこの奥に、ワンちゃんがいます。
このワンちゃんが、時報のメロディーが鳴ると歌いだします。
それが結構うまいです。
もし出掛けられる時は、正午前に着くように行って見て下さい

オプションの桜峠へ。午後0時5分
田貫湖では雲っていましたが、下がって来ると晴れて来ました。
日が当たる所は暑いので、日陰を選んで登ります。

08
桜峠です。午後0時20分
稲子への下りは、汗が冷たく感じます。
登って来る車に気を使います。
ここでもローディは、ダウンシングで登って来ます。
日向橋へ。
今日は、稲子ユートリオの駐車場が一杯です。
稲子川沿いを下ります。
この時期は、暑くなるほど向かい風です。
県10号で、芝川町、富士川町へと。
富士川橋を渡り帰還でした。午後1時20分、73km

|

« 南部の山古志へ | トップページ | 興津川は釣り人だらけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 南部の山古志へ | トップページ | 興津川は釣り人だらけ »