« 桜雨の立花橋 | トップページ | 黒門と桜峠のサクラを見に »

2008.04.05

千年桜を訪ねて久遠寺まで

この時期は、桜絡みの走りです。

01
山梨県南部町の桜の名木を訪ねてから、身延町久遠寺まで。
朝は、7時30分出発です。
県10号は、ダンプがいっぱい走っています。
歩道と旧道で芝川町へ。
ここからは、釜口橋を渡り、富士川右岸です。
本成寺の門前の桜も、道に覆い被っています。
山梨県に入り、万沢へ。
あちこち、桜が満開です。
国52号を横切り、万栄橋を渡り富士川左岸へ。
朝寒かったですが、この辺から暖かくなって来ました。
ロードがかっ飛ばしていますが、私はいつものマイペースです。
下井出や寄畑駅近くでも、桜が映えています。
内船駅で、トイレと自販機で水分補給です。
この先の南部橋を渡ります。9時10分
実は昨年、国52号を使わずに久遠寺まで行けないか、調査しました。
今回の桜の名木は、このコース上に有ります。
南部中学の看板を入ります。
諏訪神社前を、道なりに進みます。
02_2
国52号のガードを潜り、睦合小学校へ。
正門には、立派な桜の木が有ります。

裏のグランド側から、プチ峠を越えます。
原間です。
少しづつ登りです。
公園でも有るのかなと思うほどの、桜が群生しています。
南部氏の郷でした。
もう少し登って行けば、原間のイトザクラが見えます。
看板も有りました。
駐車場には車が2台。
静岡ナンバーです。

03 04
イトザクラとは、枝垂れ桜の事を云うようです。
ここから、さらに登ります。
そんなにキツイ勾配では有りませんが。

06_2
遠くには、雪を被った十枚山が見えます。

07_2 08_2 09_2 
本郷の千年桜です。10時20分
回りに遮る物が無いので、遠くから確認出来ます。
ここも、駐車場が有ります。
それに、展望が利いて、長い時間を潰せそうです。
地元の人に確認して、プチ峠を越えます。
こちらは、舗装して無いですが、乗車して行けました。
北原で、国52号へ合流です。
旧道が無いので、国道の歩道を走ります。
けっして走りやすい訳では有りませんが、大型車がバンバン走って行きますので。
新榧の木トンネルの手前から旧道へ。
旧道と思っても、道は綺麗でした。
榧の木隧道。
中は思ったより灯りも点き、ライトも必要無いくらいです。
国道へ出れば、こちらは自転車が走れる歩道幅が有りません。
車道を走ります。
下り基調なので、30km以上で走って行きます。
大城入り口から、歩道へ。
久遠寺入り口は、すぐです。午前11時15分
信号機と総門の前で、交通規制をしています。
自転車は、関係有りません。
バスやタクシーが入って来ますが、門前町に入れば人出も有り渋滞です。

12_2 13_2
三門の前からは、人々ですね。

14_2
私は、激坂を自転車を押して登ります。
上の駐車場に、自転車を置きます。
自販機で水分補給。
トイレも済ませて、境内へ。

15_2 16_2
枝垂れ桜の花は、すでに勢いが無いです。
それでも遠めには、何とか画になりそうです。
でも、こんなに人が多くては、良い画は撮れません。
昼食へ向かいます。午後0時丁度
駐車場から、20分ほどで身延駅前へ。
こちらに来ると、いつも駅前の食堂です。
今日は、ソースカキ丼でした。
帰りは、富士川左岸の県10号です。午後0時40分
途中で、桜を撮りながら。
風は、南からの向かい風です
内船駅、井出駅、十島駅と。
万栄橋から万沢へ。
芝川町、富士川町と走ります。
結局、最後まで向かい風の中、富士川橋を渡り富士市へ。
家には、午後2時35分帰還、92km。

|

« 桜雨の立花橋 | トップページ | 黒門と桜峠のサクラを見に »