« ペダルをばらす | トップページ | 村山道から田貫湖へ »

2008.03.09

春富士、本栖湖から富士ヶ峰へ

先週も雪が舞ったようですが、そろそろ本栖湖も良いかなと思い出掛けました。
持ちネタも無くなり、同じようなコースばかりですが、家から本栖湖まで自走で行けてしまう環境ですので。

02
前夜から富士山が見えていたら、本栖湖と決めていました。
朝7時に起きて、確認するのは、天気と富士山です。
高曇りですが、一日持ちそうな富士です。
それに、富士山の足下まで行くんですから。
8時20分に富士川橋を渡り、県10号で芝川町へ向かいます。
このコースが、一番安全ですので。
途中で北松野。
さらに芝川駅を過ぎ、芝富橋で富士山を撮りながら前進です。
芝川町は県75号です。
西山本門寺には寄りません。
県道はアップダウンが有りますが、いきなりの激坂は有りません。
柚野支所で、トイレ休憩。
柚野の田んぼから、三脚とカメラを抱えた、富士山ツァーの人たちがマイクロバスに乗り込んでいます。
練馬ナンバーだったような。
富士宮市精進川に入り、良い画が撮れそうです。
上条からは県184号へ。
先週も登った、雌橋からの激坂が見えます。
あせらずに、ゆっくりペダルを回します。
ケイデンスが、どうのこうのは関係有りません。
朝日滝橋は休みません。
やがて、県414号に合流。
ここからは、内野です。

内野では、渓流釣りの人が見えます。

01
ゴルフ場横を登り、県畜産試験場から。
猪之頭へ。
空を見上げれば、パラグライダが飛び交っています。
猪之頭公園で、二度目のトイレ休憩。10時50分
その先で、国139号に合流です。
コンビニ(k)でエネ補給します。
アンパンとホットコーヒーですが。
ここからは、昨年完成した歩道を走ります。
朝霧高原へ入ります。
右手には、富士山が付いて来ます。
左手に、雪化粧の毛無山です。
歩道は段差が有りますが、車道を時々大型車が通るのでこちらで正解です。
道の駅あさぎりを過ぎて、根原への登りです。
以前は、道脇の白線をたどって、大型車が追い越せばひやひやものでした。
根原に入り前方を見れば、雪が占拠しています。
さらに、その先100mほども、真白い物が歩道を占拠しています。
ここは車道に逃げて、再び歩道に戻ります。
ロードでは、こんな芸当は出来ませんでしょう。
県境へ。
さすがに、風は冷たいです。
アップダウンが有ります。
木々の中には、まだまだ溶けそうも無い雪が見えます。
本栖湖大橋へ。
いつもより、青い湖面の本栖湖が見えます。
遠くには、雪を被った南アルプスも見えます。
国道を下ります。
心配した雪は、車道には有りませんでした。
本栖湖入り口で国300号へ。午前11時50分
南岸は通行止めとなっているので、いつもの北岸の道です。
富士山ポイントで、デジカメ撮影です。

03
トンネル前の、定番の所まで。
いつ来ても、ここからの富士山は良いですね。
さ~ぁ、お昼です。
本栖湖へ来ると、シイタケ丼です。
いつもの松風へ。

04 
ここは観光客が少ないので、落ち着いて頂けます。
帰りは、富士ヶ峰経由です。午後0時55分
県境のコーヒー店までは、往路で国道を走ります。
南風が吹き、向かい風です。
県境から左折して富士ヶ峰へ。

05_2
電信柱が立ち並ぶ道が富士山に導かれます。

06
ちょっとだけ登り基調ですが、JAの交差点へ。午後1時30分
雪が残っています。
ここから、県71号です。
こちらも車道は、白く乾いています。
ウィンドブレーカーを着込んで下ります。

07
途中で何度か止まり、富士山撮影会となります。
そんな繰り返しで、上井出の交差点へ。
潤井川から狩宿へ。
井出邸の菜の花も、黄色くなって来ました。
上野のサノ牧でソフトです。
久しぶりに来ましたが、寒い冬でも店はやっていたようです。
ここからは、富士宮へ下りて、黒田から勘助通り。
さらに、岩本山へ登り返して帰還でした。
午後3時35分、98km、セロ。
本栖湖へは、寄り道をしないと100km超えない環境です。
画像満載のHP版

|

« ペダルをばらす | トップページ | 村山道から田貫湖へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ペダルをばらす | トップページ | 村山道から田貫湖へ »