« 富士山、紅葉、平山炭焼線オフ | トップページ | 富士市の秘境、須津渓谷の紅葉 »

2007.12.01

伊豆の紅葉、韮山から修善寺へ

12月に入り、伊豆の紅葉が見頃となって来たようです。
一昨年の今頃に、韮山へ紅葉を見に行った事が思い出されました。

_20 
今回は、修善寺温泉まで足を延ばします。
今日は、ソロでスタートして、韮山の江川邸で焼津のMさんと落ち合う予定です。
富士駅8時23分発で、函南駅へ向かいます。
8両編成とあって、席も空いている所もチラホラと。
8時52分着で、函南駅前で、自転車組み立てです。
陽射しは出ていますが、やはりこの辺りの空気は冷たいです。

_01
函南駅は、何処かのペンション見たいですね。
ところで、何故、函南駅スタートか。
三島駅で、伊豆箱根鉄道に乗換えより手間が掛からない。
さらに、函南駅からは、田方平野を見下ろしながら走れます。
待ち合わせの、江川邸まで、およそ10km。
9時15分に出発です。

_02
眼下に田んぼが広がり、沼津アルプスが遠くに見えます。
一度下ってから、県135号で県11号まで登ります。
県11号は、熱海峠への熱函道路です。
函南駅入り口から、県11号を横切り路地を向こう側へ渡ります。
事前調査済みでしたが、工事中で通行止めです。
ちょっと回り込み、県136号へ。
函南反射炉線と呼ぶようです。
これに、沿って走ります。
山沿いに走ると、そこは多少のアップダウンです。

_03
まずは、国清寺へ。
ここは、紅葉とは縁が有りませんが、通好みの雰囲気が有る所です。
時間を、気にしながら走ります。

_04
県136号沿いに走ったら、ちょっと遠回りで江川邸です。9時55分
Mさん、充分余裕を持って来たようです。
江川邸の裏門から、中を覗いていると、関係者が話しかけて来ました。
「ここに、秀吉軍が火縄銃で撃った玉の痕が有る」と。
うんうん、確かに。
でも、300年以上の、木の柵とは見えないですが。
ここから、城池から韮山城址へ。
今回も富士山は、雲が掛かっていました。
韮山県県庁の、門のアーチ見て、今日の本命へ。

_09_08_2  _10
本立寺へ。
この時期なら、画になります。
一昨年も来ましたが、今日も丁度同じ時期のようです。
空からは、ぱらぱら銀杏の葉が落ちて来ます。
真下は、一面の黄色の絨毯。
このまま、時間よ止まれ。
名残惜しいですが、次へ行きます。
ちょっと、小さな峠を越えて反射炉へ。
案内人が居ないので、迷子になりそうでした。
観光客も、まだ居ません。
ここでは、イチゴソフトを頂きます。
まだ見逃した所が有りそうですが、修善寺へ向かいます。
伊豆長岡駅前から、千歳橋で狩野川を渡り、土手沿いに。

_13
土手の草も、紅葉しています。
前方に、城山の崖が見えて来ます。
この辺から、車道も走り、熊坂を回りこみ国136号へ。
修善寺温泉街までは、登りです。
頑張って、車道を走ります。
温泉街に入り、戸田峠への登りです。
始めに、モミジ林へ行きます。
結構、キツメの坂が続きます。
休めるタイミングが有りません。
何とか、登りきった信号機で休みます。
モミジ林は、すぐそこでした。
バスも、沢山停まっています。午後0時丁度

_14 _15
モミジ林は、人だかりです。
坂本九ちゃんでは有りませんが、上を向いて歩こう。
まだ、これから色付く、モミジも有りそうです。
一通り、歩いて来ます。
来週まで、見頃と思います。
苦労して登った道を、戻ります。
あっと言う間に、温泉街へ。
赤く塗られた、欄干が目立ちます。
独鈷の湯では、老若男女が足を洗っています。

_16 _17 _18
自転車を停めて、桂川沿いに散策です。
こちらは、半分色付いていますが、半分はこれからです。
いつものコースで、滝下橋まで。
帰りは、射撃場など温泉街の、もう一つの楽しみが有る道を戻ります。
何処も、飯屋は満員でしたが、何とか裏通りで空いていました。
私は、カレーうどんでした。
十分に、体が温まった所で帰りです。
伊豆長岡までは、狩野川沿いを。
今日は、長岡の温泉街から三津坂へ。
Mさんのリクエストで、井上靖のしろばんばの隧道を見に行くのです。
途中で、長岡側からの入り口(バス停三津坂)を確認します。
県道の隧道を潜り、三津側からの入り口です。
結構キツイ坂です。
途中の分岐点に、土砂が積まれています。
ここが入り口のようですが、そのまま登り(押して)三津坂の峠です。
石碑が有りますが、景色は有りません。
押して戻ります。
やはり途中の分岐点が、しろばんばの入り口ですが、封鎖されています。

_21
県道まで戻って見ると、こんな看板が有ります。
そのうちに、綺麗になって公開されるでしょう。
三津に下り、海岸線を沼津市街へ走ります。

_22
淡島の間に、富士山が見えて来ました。
風も弱く、口野へ。
ここから、国414号に突入です。
車が多い道ですが、今日は2台ですので、ちょっと大手を振って走ります。
静浦で裏道へ入り、御用邸へ出ます。

_24
狩野川に登り、港大橋へ。
千本公園へ戻れば、ここでMさんとお別れです。午後3時20分
私は、小春日和の夕暮れの中を、堤防を西へ。
無風状態で、ペダルを漕げば、向かい風を感じる程度でした。
しっかりと25km/hを維持して、家に午後4時24分帰着でした。84km
今日開店した、イオンの影響で、田子浦港西側の道は、大渋滞でした。
私は、何とか渋滞の影響を受けない道を選び帰還でした。

|

« 富士山、紅葉、平山炭焼線オフ | トップページ | 富士市の秘境、須津渓谷の紅葉 »

コメント

今日、夕方のニュースで江川邸の紅葉の紹介がありました。
ベストタイミングだったようですね。

投稿: hiro | 2007.12.03 02時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 富士山、紅葉、平山炭焼線オフ | トップページ | 富士市の秘境、須津渓谷の紅葉 »