« 満雪の富士 | トップページ | 強風の為、富士宮浅間大社へ »

2007.12.24

南アルプス遠望、野田山へ

一昨日の雨で、高い山は新雪が積もっています。
3連休最後の日ぐらい、自転車に乗らないと。
富士山の見え具合と、風の吹き具合で、行き先を決めようと思っていましたが。
今朝の富士山を見て、野田山(金丸山)と決めました。
気温も暖かいので、朝9時丁度に出発です。
コースは楽座からですが、いつもの野田山直行コースでは有りません。
上水道貯水タンクの所から、開設された農道を登ります。
ここは、つづら道です。

_01
登って行くと、富士山が背中に感じます。
そんな所に、展望台が有ります。
看板には、農林水産省補助事業と書かれています。
この道は、蒲原まで続いていますが、さらに由比町へと延ばしています。
たぶん、おおよその見当は付いていますが。

登り切った所が、富士川町役場手前の、川坂からの登り道との合流点です。
ここを、登り道に行けば、楽座からの道と合流できます。
ただし、道は狭いし、かなりの激坂です。
今日は、広い道を蒲原の善福寺へと走ります。
地図での事前調査では、平坦と思いましたが、かなりアップダウン道です。
それも、下り基調です。

_02
せっかく登った道ですが、四十九へ下ります。
実相院が有りますが、地図に有る薬師堂でしょうか。
ここからは、登り基調です。
所々、展望も利きますが、大体は景色が望めません。
途中では、富士市街が正面に見える所が有りますが。
残念ながら、木々の隙間からなので、春には眺望も悪いでしょう。

_03
新幹線も、望遠なら撮れます。
善福寺トンネル。

_04
ここから、富士山が見えれば、良いのに
トンネルを抜けると、また下りです。
善福寺です。
ここからは、以前登って来た事が有ります。
大平山大丸山の標識に従います。
この先も、農道の開設が進んでいます。
林道善福寺へ登り返します。
路面は綺麗ですし、車もほとんど通らないです。
勾配は、始めは緩めですが、途中は10%を超える所が有ります。
途中で、ローディーと擦れ違いました。
以前は、自転車とめったに会いませんでしたが、最近は登る人も居るようですね。

_05_2 _06_2
影山線の分岐点を過ぎますが、この先で再び合流します。
三叉路に当たれば、右に野田山への道です。
左は、展望台へと行けます。
今日は、展望台はパスです。
大師広場を過ぎて、下の駐車場です。

_07
その先が富士山ポイントですが、雲が掛かってました。
それに、日陰なので、風が冷たいです。
そうそうに、小塚線へ行きます。
小塚線は、こちらからの方が短いし、勾配も緩めです。
とにかく登ります。
登り切ったと思う所は、不法投棄防止の為にネットが張られています。
その為に、景色も有りません。
ここからの下りは、コンクリート舗装の路面は荒れています。
さらに、激坂下りです。
ちょっと寄り道して。
木々が伐採されて、景観が良くなっています。
以前は、富士山まで見えませんでしたが。

_08
今は、かろうじて見えます。
浜石岳から、富士山まで180度の眺望です。

_09
雪が被った、南アルプスも見えます。

_10
尖がった北岳も、確認出来ます。
ここからは、まだまだ激坂です。
かぎあなの三叉路へ。
ここも以前は、杉の木の中でしたが。

_11
どこから見ても、富士山だらけとなりました。
由比町福沢へ下ります。
かなりの激坂が続きますので、そのつもりで。

_12_2
山肌が見えていて、大雨が降り続くと、ちょっと心配です。
福沢へ下りて、県76号を由比町へ。
風が出て来ています。
県396号に出てからは、県道で富士川橋へ。
富士川橋を渡り、帰還でした。
午後0時15分、32km。
先日の浜石岳と同様で、ブレーキシューの確認をして登りましょう。

|

« 満雪の富士 | トップページ | 強風の為、富士宮浅間大社へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 満雪の富士 | トップページ | 強風の為、富士宮浅間大社へ »