« 絶景富士と紅葉、木賊峠へ | トップページ | 富士山日和、南部町へ »

2007.11.03

文化の日は安倍峠へ

11月に入り、山の上は確実に、秋が終わろうとしています。

01
昨年に登って、紅葉が良かった安倍峠へ再び。
ここは、同行者を募るには、ちょっとキツイです。
それに、私もマイペースで登りたいです。
先週に続いて、身延線富士駅始発5時22分です。
今日は、ランドナとロードが乗り合わせていました。
ランドナの若者は、雨畑から山伏越えのようです。
身延駅着6時47分。
甲府まで乗るより、はるかに早い到着です。
身支度を済ませて、久遠寺方面へ走り出します。
補給は、身延高近くの地の神ヤマザキです。
夏と違い、補給も少ない量で楽です。
大城入り口、7時20分。

ここからは、山奥に向かいます。

02
空は曇り空。
今日も、景色には恵まれそうも有りません。
門間を過ぎ、大城の集落が見えます。
時々止まり、デジカメを撮ります。
そして、すぐにリスタート。
豊岡梅ヶ島林道の杭が見えます。
その先が、赤岩橋です。
ここから先に、足を踏み入れると、もう戻れません。
峠を越えるしか、有りません。
フロントはインナーです。
さらに、リアは残り一枚です。

03
一気に登り、茶畑が現れゲートです。
水呑1号橋です。
ここから、リアも残りが有ません。
ペダルは息が上がらないように、ゆったりと回します。
いくつかの水呑橋を渡ると、山の上に木々の色付きが濃くなります。

04 
つづら折れも、何回か繰り返せば、下界も見えて来ます。
富士山も、霞んでいますが、上に登る間に雲が切れる事を期待します。
携帯がなります。
峠で、合流予定の焼津のMさんが、すでに下りて来ているようです。

06 07 08 09
私は、紅葉の画を撮りながら、高さを稼ぎます。
富士山カメラマンが、今年は多いです。
先週の、激晴れを期待してからか。
でも今日は、ずらり並んで三脚の上には、一台のカメラも有りません。
とりあえず、簡単にデジカメ撮影をして、先を急ぎます。
紅葉は、曇り空ですが、意外と写っています。
Mさんが、下って来ました。
梅ヶ島温泉まで、子供さんの車輪行で来たようです。
身延へ下りるのかと思いましたが、安倍峠まで登り返し、梅ヶ島から自走で帰るようです。
一緒に登って行きます。
そう云えば、着信の中に、ニシナさんのが有りました。
まさかと思いますが、下界を見ると、サイクリストが一人見えます。

10 12
私達は、紅葉と富士山を確認しながら、登って行きます。
何箇所か、富士山カメラマンがいます。
最後に再び、勾配がキツクなります。
ゲートが現れます。

13
旧安倍峠へ、山道へ入ります。
ハイカーの昼食時とあって、カレーの匂いがお腹に沁みます。
最高地点を登り、東屋でトイレ休憩です。
ここで、ニシナさんが到着です。
大城入り口から、2時間10分のようです。
私は、今日は3時間10分でした。
まずまず、予定通りです。
とりあえず、エネ補給です。

14 15 16
梅ヶ島側に下りて行くと、雲が切れて青空が見えます。

17
梅ヶ島温泉へ。
ところで、梅ヶ島温泉の標高はいくつでしょうか。
温泉街の看板には、標高1000mと書かれていました。
ここから、真富士の里まで走ります。
下り基調ですので、ペダルが回ります。
でも、だんだん向かい風が強くなりツライです。
時々訪れる、アップダウンで失速しそうです。

18
途中で、プチ休憩。
走り出し、すぐかと思ったら、7kmの標識です。
15分は掛かりますね。
やっと、見覚えの有る建物が見えます。
真富士の里です。
お昼時で混んでいましたが、何とか席も有ります。
頼んだのは、天ぷら蕎麦です。(420円也)
食べ終わり、お店の外で井戸端会議でした。

19
今度は、ニシナさんの先導で走り出します。
ちょっと、楽です。
桜峠への分岐点で、Mさん離脱です。
ニシナさんと、東へ向かいます。
だいたい、私が走っているコースと同じです。
清水へ入り、国一号BPの高架下で、別れます。
後は、知った道を、東へ。
興津へ入れば、あと一時間ほどです。
ちょっと向かい風でしたが、サッタ峠を越えると風向きは変わります。
由比宿から県道へ。
蒲原は裏道へ。
途中で、mcberryさんと擦れ違います。
ちゅっと立ち止まり、情報交換。
田貫湖へ行ってきたようです。
富士山が、綺麗だったようです。
一緒に居たのは、Mさんのブログで聞く脂身さんでした。
その後は、新富士川橋で富士市へ帰還。
午後4時丁度、107km

|

« 絶景富士と紅葉、木賊峠へ | トップページ | 富士山日和、南部町へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 絶景富士と紅葉、木賊峠へ | トップページ | 富士山日和、南部町へ »