« 07年初冠雪富士 | トップページ | バックサポーター »

2007.10.21

絶景富士の猪之頭林道へ

始まりは、掲示板でのこれです。
[その昔、アメリカのテレビドラマに、トワイライトゾーンと云う番組が有りました。
SFやミステリーな一話完結の、ストーリでした。(見た事が無い人は、検索して見てください)
その記憶に、「分岐道で入り込んで、その先に行くと・・・」。
そんな風景に出会えます。
ここに行くには、何故か楽座に日曜の朝9時30分に集まり、富士宮経由で田貫湖まで行かなければなりません。]
中々、掲示板で反応が無い中、富士山に冠雪です。
私の頭には、猪之頭林道のトンネルからの富士山が過ぎります。
そこへ、ニシナさんが、湯ノ奥から猪之頭へ下りて田貫湖合流の反応です。
そこで、猪之頭林道のトンネルで、正午に会う事にします。
そこへ、焼津のMさんとWatさんが反応。
TAさんは、田貫湖での合流です。
当日は、楽座8時が出発です。
これは、私の走行記録から出した時間です。
午前8時5分、最短コースを選び、馬坂は止めトンネルを走ります。
蓬莱橋から沼久保へ。
しかし、沼久保までの登りがキツク、足が売れてしまいます。
富士宮へ下り、青木坂は止め、大石寺への坂を登ります。

_01
ここで、富士山を確認します。
今日は、期待出来そうです。

その先は、雌橋からの激坂です。
MさんとWatさんと、坂の辛さを冗談で振り払いますが。
それでも、途中で民家が現れれば、朝日滝橋です。
ここで、給水休憩が私の常道です。
それでも夏も終わり、飲む量も減りました。
耳には、朝日滝の音が聞こえますが、興味が有るWatさんには「また来ようね」と先を急ぎます。
ここまで、県184号でしたが、白糸の滝近くからは県414号へ合流します。
ちょっと、緩めの勾配にペダルも軽くなります。

_02
県畜産試験場辺りに来ると、雲行きが怪しいです。
日頃の行いが悪いでは無いのに、猪之頭林道へ登ると雲が出て来ます。
上の田貫湖入り口を過ぎて、猪之頭の集落へ。
先日も来ましたが、今日は青空の下、多数のパラグライダが飛び交っています。
陣場の滝で、トイレ休憩です。午前10時10分

_03
真っ青な空に、草木が映えます。
林道のゲートに向かいます。
途中で、振り返って富士山を見ないと損をしますよ。
ここからは、フリー走行ですが、三人固まって登ります。
時々、Watさんのダッシュが見られますが、私とMさんはマイペースです。
所々で、下界が開けますが、今日は富士山が見えて気持ち良いです。
私の頭の中には、林道の勾配のキツサや、景色の良い休憩ポイントがインプットされています。
そこで、デジカメ休憩します。

_04
そのほとんどで、富士山が撮れるのです。
パラグライダが圧倒的に多いですが、上の飛出し台からはハンググライダが飛び出すばかりでした。
ここで、飛び立つまで待ちます。

_07
そのうちに、崖から飛び出せば、ふわりと浮かび富士山へと吸い込まれてゆきます。
ここからは、トンネルまではすぐそこです。
10分ほどで、猪之頭林道のトンネル前へ。午前11時30分
いつもより、20分ほど早い到着です。

_09
トンネルの中からの、定番を撮ってからエネ補給です。
トンネルの中から、音が聞こえると思ったら、光に反射されたジャージを着たニシナさんが到着です。午前11時40分
11時50分、田貫湖へ向かいます。
そろそろ、田貫湖合流のTAさんが来る頃ですから。
一度立ち止まり、一気に下ります。
ウィンドブレーカが、寒気を防ぎます。
陣場の滝を過ぎて、猪之頭のキャンプ場への林の中を走ります。

_11
小田貫湿原横を過ぎて、田貫湖へ。
途中でTAさんから、携帯が入りましたが見えません。
再び携帯で連絡を取り、無事に合流です。
今日は、人が多いです。
遊歩道一周は止めて、車道で内野へ下ります。
今日はここから、トワイライトゾーンです。
入り口から入れば、すぐに異次元空間へ。

_12 _13 _14
と云うほど、何かが有る訳ではないですが、ちょっと違うのは電信柱が見えません。
田んぼに水が入った頃に、再訪したいですね。
下り基調で、大倉川ダムへ。

_15
富士山が、どんと見えます。
ダムの奥まで行きますが、途中まですでにTAさんは散策してしまったようです。
奥まで行き、最後の坂を登れば、先程の田んぼの中に戻りです。
時間も押し詰まって来たので、先を急ぎます。
まんぷくの昼の営業時間が、2時までです。
1時30分にまんぷくです。
ここで、40分ほど自転車談義です。
狩宿の下馬桜の井出邸。
精進川、芝川町柚野の水田コースを下ります。
芝川駅近くで、ニシナさんと別れます。
4人で、富士川右岸の県10号を富士川橋へ。
ここで、皆さんと別れ、一人富士川橋を渡り帰還です。
午後3時35分87km

|

« 07年初冠雪富士 | トップページ | バックサポーター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 07年初冠雪富士 | トップページ | バックサポーター »