« チェーンとプーリー交換 | トップページ | 避暑コースで猪之頭林道へ »

2007.09.23

用宗港のシラス丼ツー

世間は3連休のようですが、私は日曜のみの休みです。
日曜の天気は、何とか持ちそうです。
最近は、掲示板でつぶやきます。
そうすれば、一人二人と釣り針に掛かります。
今回のキーワードは、用宗港のシラス丼
焼津のMさんから、教えて貰ったばかりの旬な所です。
夜遅く、Watさんから、参加表明。
参考まで)書き込みが有るとメール転送されて、PCを開いていれば、即確認出来るシステムになっています。
朝には、ネタ提供のMさんも参加表明です。
集合場所は、国一号新富士川橋蒲原側堤防上です。
西に行く時は、ここですから。
少し早めに行き待っていると、初老のローディーが来ました。
どうも、ドタ参加者では無いなと思い、話しかけます。
蒲原の方で、堤防を走っているようです。
私のSPD靴を見て、走り易いか聞いて来ますが、「子供に駄目だと」言われているとの事でした。
慣れれば、SPDの方が安全だと思いますが。
そこで、Watさんが到着。
おっと、今日はランドナです。
私「どうしたの?」
Watさん「オークションで3千円ほど。送料が3千円掛かってしまった。」
ようです。

_01
蒲原の堤防で、西に向かいます。
ちょっと速いので、先頭を私と交代です。

由比町から、国一号自転車道。
追い風に乗り、ペダルも軽いです。
でも、速度は出しません。
出せません。
興津から下の国一号へ。
車が多いですが、路側帯は自転車が安全に走れます。(一応)
清水市街が見えれば、清水駅前のバスセンターです。
富士川河口から50分。
今日は早いです。
ここで、Mさんと待ち合わせです。
が、西から来る人は、向かい風です。
ちょっと遅れて、Mさん到着です。
このまま、用宗港へ行くと早すぎます。
考えた結果、以前ニシナさんの案内で走った、旧東海道で西に向かいます。

_03
すぐに現れるのが、追分羊羹。
草薙に入り、車が多い幹線道路は避けて、線路沿いに走ります。

_04
ちょっと行き止まりに会いましたが、線路沿いの東海道石碑へ。

_05
地下通路に入り、ここは車が来るよとWatさんに説明して出発すると。
おっとっと。
車が通路一杯に、下りて来ました。
ライトが点いていれば分るのに。

_06
線路北側に出れば、長沼の一里塚跡やバンダイの社屋です。
再び、護国神社の先から、国一号を渡り、線路南側にガードを潜ります。
そこを、こちらに折り返します。

_08
線路沿いに走り、再びガードを北側へです。
前回はここから、南になみへい食堂へ行きました。
今日は、Mさんの案内で先へ行きます。

_11
静岡市街へ入り、商店街の中を行きます。

_09 
こんな所で、ビールですか~。
ちょっとアドリブで、青葉公園の中を走り、安倍川餅へ。
せきべやのお店の前は、県外車が停まっています。
安倍川を渡り、丸子に入ります。
狭い道を、定期バスも走ります。
何とかクリアしますが、学校では運動会です。
周辺の道は、さらに車が多く走れません。

_14
丁子屋へ。
開店前の店の前で、お客さんが大勢います。
ここからは、丸子川沿いの自転車道で南下します。
まもなく、用宗港へ。
港の中へ入れば、プレハブ小屋とテントが有り営業されています。
店の名前は、どんぶりハウス
11時過ぎましたが、お客さんも居ますが席は空いています。

_18
漁の有る日は、生シラス丼です。(500円也)
その前に、カキ氷で体をクールダウンします。
ここで、一時間ちょっと自転車談義です。

_19
港を見ながら、疲れが取れます。
帰りは、西に帰るMさんは追い風です。
私とWatさんは、向かい風です。

_21
Mさんと別れ、とりあえず安倍川を越えて風車の下を行きます。
やはり、向かい風です。
海岸では、車が砂にはまっています。
大谷川放水路で、ルート変更です。
私のコンピューターには、インプットされていないコースに走り出します。
でも、大谷川放水路沿いには、すっと道が有ります。
時々、止まれの標識が有りますが。

_23
東静岡駅に出ます。
線路沿いに走れば、往路に走った東海道の石碑と地下道の所です。
ちょっとアバウトに走り、再び往路をトレースします。
清水駅東側から、下の国一号です。
横砂のローソンで、アイス休憩です。
ここから、富士市までノンストップです。

_25
由比の宿は、日の丸です。
蒲原の堤防はやめて、国一号BP即道で新富士川橋です。
新富士川橋を渡り、富士市へ。
Watさんは、朝は送って貰ったので、帰りは自走で沼津です。
さすがに、堤防の下の道で帰るようです。
私は、午後3時10分帰着でした。96km

|

« チェーンとプーリー交換 | トップページ | 避暑コースで猪之頭林道へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チェーンとプーリー交換 | トップページ | 避暑コースで猪之頭林道へ »