« 明野の向日葵から木賊峠へ | トップページ | 猛暑はどう過ごすか »

2007.08.14

見えるか富士山、安倍峠へ

ここ数日の富士山は、午後から夕方に現れます。
自称気象予報士としては、今日当たり見えそうな予感です。
前日の夕方には、木賊峠の汚れを落としました。
チェーンには、たっぷりの給油。
さらにプーリーも外して、汚れを取りグリスを付けて戻しました。
朝は、ちょっと睡眠が浅く、体が重いです。
コップ2杯の水分を摂り、パンを頂きます。
あとは、コンビニでエネ補給です。
6時10分に出発です。

_01
行き先は、私にとっては夏のイベントの安倍峠です。
ここは、妙におもいれが有ります。
初めて登った03年8月
豊岡梅ヶ島線は通れるのか、未知の世界でした。
ネット検索でも、冬季閉鎖中のレポばかりです。
そんな安倍峠も、身近と成りつつ有ります。

富士川橋では、朝靄の中ですが富士山が綺麗です。
果たして、安倍峠で富士山に出会えるか。
気を良くして、松野のセブンでエネ補給します。
ここからは、芝川町へ。
富士川右岸の県10号へ。
ここで、3匹の可愛い動くヒモに出会いました。
万栄橋を渡り、富士川左岸で身延町へ向かいます。
内船駅でトイレ休憩。
自販機で給水です。
今日は、こまめに給水です。

_02
南部大橋では、明日の火祭りの準備も済んでいます。
甲斐大島の稲田も、青々しています。
この先、和田峠の登りです。
素直に、ペダルを回すしか有りません。
峠では、28度の表示が。
身延駅で、もう一度トイレ休憩。
身延橋を渡り、地の神様のヤマザキでエネ補給です。
これで、安倍峠まで補給は出来ません。
国52号を走り、大城入り口から安倍峠を目指します。午前8時55分

_03
白い雲と青い空が眩しいです。
大城川も清流が気持ち良さそうです。
大城の集落が現れます。
人々は、お盆の所為か、何かの準備や道には県外車が停まっています。
ここまで、勾配がキツかったですが、さらに登ります。
堰堤から水が、流れ落ちます。
その先で、赤岩橋です。
いよいよ、峠を越えないと戻れません。
ここから、荒れた路面です。
さらに、一気の勾配を登ります。

_06
その先で、茶畑が現れゲートです。
深緑色の、木々の中を登ります。
現れる橋は、水呑橋です。
橋を渡れば、登り返しで高度を稼ぐ。
そんな事を、一つ一つ繰り返して行きます。

_08
真下を車が、下りて行きました。
今日は、追い越して行く車は少ないですが、下りて来る車が多いです。

_12
上に行くに連れ、遠くが開けます。
富士山は、どの辺に見えるのだろうか。

_13
つづら道が多くなります。
でも、勾配は緩みません。
富士山カメラマンの車が一台。
ラジオで高校野球の実況が、流れて来ます。
ちょこっと、頭が見えます。
諦めて、先を急ぎます。
それでも、何度か富士山方面が開けます。
過去5度来た時より、空は青く画になりそうですが。
時々、日差しが雲に遮られますが、すぐに日が戻ります。

_15
一番高い所で、最後のデジカメ撮影です。
申し訳無さそうに、頭が見えて来ました。
また、来いと云う事でしょう。
峠を目指します。
峠手前の勾配がキツイです。
それに、足は売れ切れています。

_16
尾根沿いに、道が変われば、安倍峠入り口です。午後正午丁度
日が射したり日陰ったり。
峠のカワラ屋さんは、ハチが居て諦めます。
早々に、梅ヶ島温泉に下ります。

_17
梅ヶ島側も、青い空が気持ち良いです。
木々の中を、ブレーキと車に気を使い下ります。

_18
谷樽橋

_19
落石注意の所から、さらに下ります。
鯉ヶ滝を過ぎ、下界に温泉街の家並みが見えれば、すぐそこです。

_21
いつもの所で、止まります。
梅ヶ島のそば屋は、今日も混んでいます。

_23 _24
安倍川沿いに下ります。
安倍川の水流は青く綺麗です。
道は、狭くなったり広がったり。
黄金の里で、トイレ休憩と自販機で給水です。
ここで自転車が溢れんばかりに、停まっています。
近くに居た人に聞いたら、ワタナベさんのツーリングのようです。
黄金の里では、売り切れてしまったので、車で上に食べに行っているとの事です。
私は、前回の真富士の里を目指します。
記憶に有る、橋とトンネルを撮りながら走ります。
真富士の里へ。
今日は、冷たい蕎麦です。
その前に、お水を茶碗で3杯頂きました。
さらに、食べ終わってから2杯飲み干しました。
冷たくて、生き返りました。
鯨ヶ池へ走り出します。
標識と記憶に従って、走ります。
風は、温かい向かい風です。
熱風ですね。
それでも、下りです。
第二東名の工事現場から左折して、鯨ヶ池。
桜峠トンネルを潜り、巴川沿いを国一号BPまで。
あとは、何回も走っているBPの高架下です。
信号機で停まる度に、給水です。
こんな事をしながら、興津駅前のセブンで休憩です。
アイスと水分補給です。
暑い時期は、アイス休憩が一番です。
これで、家まで止まりません。
興津川河口から、国一号自転車道で由比の宿。
蒲原からは、旧国一号を走り富士川橋です。
夕方に近くなった富士山も、綺麗に見えていましたね。
富士川橋を渡り、帰還でした。午後4時40分、142km
安倍峠の富士山は、次回に持ち越しです。
たぶん、秋の紅葉でしょうか。

|

« 明野の向日葵から木賊峠へ | トップページ | 猛暑はどう過ごすか »

コメント

おはようございます。
昨日はおいらが行った湯之奥猪之頭林道のほうが富士山がよかったようですね。
本日は恒例?の平地走の予定です。

投稿: バボイ | 2007.08.15 06時54分

バボイさんへ
昨日は、猪之頭からの方が良かったようですね。
安倍峠は、夏のイベント化していまして、外せませんでした。
猪之頭も、富士山が見えそうな時に出掛けたいですね。

投稿: 三振王 | 2007.08.15 09時21分

14日は空がきれいでしたね。
思わず、裏山に上ってしまいました。
私のほうも、頭の先だけ富士山が見えていました。

投稿: mcberry | 2007.08.19 00時52分

mcberryさんへ
14日は、気圧配置から夏富士が拝めると思いましたが。(残念)
でも、青い空が綺麗でした。
これから暑さが収まれば、走る範囲も広がります。

投稿: 三振王 | 2007.08.19 19時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明野の向日葵から木賊峠へ | トップページ | 猛暑はどう過ごすか »