« 暑いから猪之頭へ | トップページ | 見つけた七不思議 »

2007.07.29

7月の大晦日

私のHPやブログに初めての方には、ミステリアシスなタイトルですね。
なんの事は有りません。
大晦日(おおずもり)とは、地名です。
由比町から芝川町内房を結ぶ、塩の道です。
身延道でも有ります。
今朝は、天気予報を確認してからの、今月最後のランです。
投票を済ませて、家に帰ってから準備をして出発です。
でも、午前中だけの一走りです。
朝8時40分。
富士川橋を、今日は車道で走ったりして。
土手沿いを、河口へと向かいます。
蒲原町の海岸線から、由比町へ。(いつもと同じです)
日差しを避けて、国一号高架の下を走るのが正解です。
県396号入山入口から、県76号へ入ります。
ここからは、登りです。
暑さの折り、車が少ないのは気の所為でしょうか。

_10_2 
しいたけ園の、カブト虫祭りの看板が見えます。
29日と4日、5日です。(頼まれもしないのに、宣伝しておきます)
_01
銚子の口滝の看板から、さらに登りがキツクなります。
ちょっと踏ん張り、滝まで頑張ります。
ここから、一息付けます。
桜野沢川沿いに、登ります。
先週走った、ニシナさんからの情報ですと、由比町側が松の枝がすごいようです。
その為に、登りは由比町側にしました。
槍野(うつぎの)、桜野の入り口を過ぎて、町道は林道の様相となります。
路面の荒れは、有りません。

_02
先週に、清掃をしたようです。
民家が現れ、久保山です。
ここからは、路面の清掃はされていません。
でも、充分に走れます。
ここを走る方に、注意を一つ。
路面は、濡れている所が多いです。
下りに使う時は、スリップに注意です。
木々の中から、空が開ければ峠です。

_03
塩の道の峠です。
お地蔵尊の家が、壊れていました。
ここからは、下りです。
内房側も、工程の半分ほど、路面の清掃がされています。

_04
天神宮と芝返りの分岐点。
ここは、天神宮へ下ります。
天神宮には、寄りません。
さらに、路面に気を使いながら下ります。

_05
ひょうたん島へ。
日差しが有ると、竹や木々の間からの明りが見えて良い空間です。
さらに下ります。

_06
泉水の集落です。
ずっと下りです。

_07   
内房の廻沢へ。
県75号です。
右折して、廻沢橋を渡ります。

_08_2
よりあいどころで、ジェラードを頂きます。
メニューが3品しかなく、抹茶ティラミスにします。
ちょっと高くなっていました。
320円。
以前のジェラードとは、違うようです。
ちなみに、天子の愛スと呼びます。
空が、明るくなったり曇ったりします。
寄り道はしないで、釜口橋から県10号へ出ます。
ここから、熱風の中を富士川橋へと走り帰還でした。

_09
富士川橋の堰堤の下で、川鵜が気持ち良さそうに、水遊びしています。
私も、水遊びしたいですね。
11時20分、38km。

|

« 暑いから猪之頭へ | トップページ | 見つけた七不思議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 暑いから猪之頭へ | トップページ | 見つけた七不思議 »