« 夕富士ポタ | トップページ | 平地ランで海鮮丼へ »

2007.05.02

実録おもろい話

題名から、変な創造はしないで下さい。
昔から付き合いの有る、宮下の自転車屋さんから聞いた話です。
***ここから、おもろい話です***
新富士川橋を渡っていると、ローディー2名が自転車を押しています。
変だと思いながら、景色を楽しむ為に歩いているのか。
それとも、片方がパンクしたのかと思ったようです。
橋を渡り、橋から下りて来る所で、どうしたか聞いて見ます。
彼らは、「新富士川橋上でパンクした」と言います。
それに、パンク修理道具を持たずに、清水から走って来たのです。
「私は自転車屋なので直してあげる。」(もちろん有料ですが)
しかし、とうぜん携帯空気入れも持っていないです。
チューブは仏式です。
自転車屋さんは、車で店まで空気入れを持ちに戻りました。
彼らは頓挫する事無く、清水から沼津までのツーリングを楽しめたと思いますが。
自転車屋さんは、時々堤防をドロップハンドルで走っているので、仏式空気入れを店に置いて有ったんですね。
何で訪れたかと言いますと。
今日は、原付バイクのオイル交換でした。(やっと3000km)

|

« 夕富士ポタ | トップページ | 平地ランで海鮮丼へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夕富士ポタ | トップページ | 平地ランで海鮮丼へ »