« 平地ランで海鮮丼へ | トップページ | 柚野の水田へ »

2007.05.04

木賊峠へ+α

5月3日の、木賊峠へのツーレポです。
連休初日は、身延線始発。

_00
山梨県へ、新緑と峠からの富士山を見に行くのです。
遠足の子供では無いが、私もご多分に漏れず中々睡魔が訪れません。
それに、最近続いた業爆で、頭が重いです。
それでも、朝は4時起きです。
パンを一つ。
野菜ジュースで飲み込みます。
お茶も頂き、水分を体に浸透させます。
これで、体にエンジンが掛かります。
4時半過ぎに、富士駅に向かいます。
前後のLEDを点滅させながら。
ミニストップで、電車の中で食べる、おにぎりを2個買って駅に向かいます。
輪行は手早く済ませ、駅のカウンターで休日乗り放題切符を買います。
静岡支社エリア限定で、2600円。
これで、甲府までの往復3240円を安くします。
前書きが長いですが、身延線ホームに下りるとまだ5時です。
22分発まで、時間が有ります。
_01_13
まもなく甲府行き、313系が入線です。
定刻通り5時22分に出発です。
ここからは、甲府までは長い時間が有ります。
序盤は、富士山を眺めながら、おにぎりを食べます。
が、今日はどんより曇り空です。
甲府方面は、大丈夫か心配になります。
芝川を過ぎ、内船駅から高校生が多くなります。
そうです。
総体県予選が始まる時期です。
この高校生ウォッチで、甲府までの時間を潰します。

_02_11
市川大門駅です。
面白い駅と云う事は知っていましたが。
次回、甲府ランの時に寄りましょう。
甲府駅に到着です。
今日は、韮崎まで行きます。
8時16分発に乗り、28分に韮崎駅に到着です。
乗り換えですので、韮崎駅で精算します。

_03_11
駅前には、ハイカーや登山者が多いです。

_04_9
とうぜん、ヒデもいます。(ヒデをモデルに、したのでは有りませんが)
私は、トイレを済ませ自転車に戻ると、サイクリストが笑顔で近づいて来ます。
こんな所で、知り合いなんて居ませんよ。
と、よく見れば、ニシナさんでは有りませんか。
私が時々、謎めいて書き込む掲示板を、解読して来たようです。
「何処行くか、分りますか」
「貴族峠」
「木賊(とくさ)峠ね」
そんなこんなで、二人で出発です。
3年前の記憶を頼りにです。
いきなり登り坂です。

_05_9
韮崎インターの前を過ぎ、なおも登ります。
途中のコンビニで、行動食を補給しますが、おにぎりが有りません。
とりあえず、お稲荷を買っておきます。
広域農道に折れます。
この道は、アップダウンやトンネルが有りますが、新緑が綺麗です。

_06_9
それに、南アルプスの眺望が良くお勧めです。

_08_8
明野町へ入り、前回の休み所で、休みながらデジカメです。
明野村だったですが、今は昇格して町ですね。

_09_8
富士山は、霞んで見えませんね。

_10_9
正面には、八ヶ岳が見えます。

_15_6 _16_6
須玉町からは、塩川沿いに少しづつ登ります。

_19_4
鳥井トンネルを過ぎ、比志へ。
ここから一気に登りです。

_20_4
先ほどの、比志が見えます。

_21_4 _22_2
登った所が、塩川ダム。
みずがき湖と呼びます。
ここで、エネ補給します。

_23_1 _24_2
新緑の綺麗な所を寄り道して、

_25 _26
日陰へ入ります。
ここから塩川沿いでは、BBQの家族連れが見えます。
何より、匂いがいけません。
お腹に沁みます。

_27
増富温泉のお店で、ニシナさん買えなかった、おにぎり交渉です。
2個240円の、おにぎりを峠で食べれそうです。

_30 _31 _32
みずがき山荘への分岐点で、マイペースで登る事にします。
ニシナさんは、登りが速く付いて行けません。
それに私は、標高が高くなるに連れて、心拍が上がります。

_34 _36 _37
時々休みながら、景色が良い所でデジカメ撮影をしながら登ります。
上の方は、新緑は遅いです。
木々は、まだ芽が出ていません。
コンクリート舗装に変わり、さらに激坂になります。
標識は10%ですが、だまされてはいけません。
これが、ず~と続くからツライです。

_38 
でも一気に高さを稼ぎ、後ろを振り返るとみずがき山や金峰山が見えます。

_39_1
この先、つづら道が続き、一気に登ります。
樫山線の分岐点を過ぎれば、池の平線の分岐点です。

_40
その横には木賊峠です。
峠からは、先に着いたニシナさんの声が聞こえます。
先客と話し込んでいます。
私は、富士山を確認しますが、駄目ですね。
先客は山梨の人ですが、富士市には親戚が沢山いると、私まで話しに巻き込まれてしまいます。
ここで、おにぎりをほうばります。
先の道の情報を貰い、池の平線に下りて行きます。

_41 _42
ここからも、みずがき山方面の景色が良いです。
ずっと下りです。
車も多いので、気を使います。

_43
一気に崖の下に、道が延びて行きます。
路面は、土が浮いている所が有りスリップに注意です。

_44
デジカメを撮る間も無く、黒平(くろべら)です。
こんな所に、集落が有るんです。

_45
まだ咲く枝垂れに、赤い社殿です。
野猿谷線へ。

_47 _48
荒川沿いに、新緑が現れます。
そんな中を下って行きます。
気持ち良い下りです。

_50
やがて湖が見え、橋が渡っています。
荒川ダムです。

_53
この下に、昇仙峡が見えます。
昇仙峡からは、甲府駅へ向かうだけです。
途中で、韮崎へ戻るニシナさんと別れます。
私は、どうやら県104号に入り込み、甲府市街を見渡します。
路面のがたがた模様に、お尻を浮かせながら下ります。
街に入れば、甲府駅の看板だけを頼りに走ります。

_55
結局、北口に到着です。
輪行を済ませ、帰りも各駅停です。
午後4時47分発で、甲府駅を後にします。
富士駅には、7時25分。
家には、午後8時に帰着でした。72km
富士山は見えませんでしたが、南アルプスや新緑が綺麗で◎でした。
なおかつ謎解きで、迎撃をしたニシナさんには驚きでした。
題名の+αは、ニシナさんですね。

|

« 平地ランで海鮮丼へ | トップページ | 柚野の水田へ »

コメント

貴族でなくトクサですね^_^;
早速調べてみました。1580m・・
結構登りますね。
増富ラジウム温泉にもまだ行ったことありませんが。
ニシナさんもすごいですね。

身延線が長いのでなかなか時間が取れないのですが、機会があったら行ってみたいですね。

投稿: ひな | 2007.05.05 08時55分

ひなさんへ
木賊峠が有名なのは、峠からの富士山。
それと、クリスタルラインの新緑と紅葉ですね。
増富温泉から、勾配がキツクなります。
ニシナさんのヒルクライムはすご過ぎです。
私は、心臓パクパクでした。
訂正を、木賊峠1670m、韮崎駅350mで1300m程を登った事になります。
農道の、アップダウンを別にすれば。

投稿: 三振王 | 2007.05.05 16時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平地ランで海鮮丼へ | トップページ | 柚野の水田へ »