« 冬季閉鎖解除です | トップページ | 天子湖ツー »

2007.05.18

天空の回廊 折八古関線

今日は自転車休暇です。
天気予報も、チェックしての休みでした。
朝4時15分起きます。
食堂で、アンパンを食べた後に、富士山を確認します。
すごい、富士山日和の予感でした。(この時は)

_01_16
行き場所も、変更しようかと思いましたが、当初の予定通り折八古関線です。
富士駅へは、身延線始発です。
今日は、朝日が眩しく、すがすがしいです。
芝川駅から、富士川対岸の山の中腹に雲が掛かっています。
乗り込む高校生は、休日の時より少ないです。
私は、うとらうとら。
変な夢を見たようです。
亀が現れ、連れられて着いた所が・・・。
_02_13
竜宮城。
らしき容姿の、市川大門駅でした。
私の茶番劇も、ここまで。
ほんとは、二つ先の芦川駅までが、最寄駅ですが。
でも、二つ先と云っても、自転車ではすぐそこです。
それに、途中にコンビニで補給も出来ます。
コンビニで、8時の時報を聞いて出発です。
芦川駅横の踏切には、これから行く折八古関線が、書き込まれている観光地図が有ります。
踏み切りを渡り、坂が始まります。

_04_12
芦川沿いに、若葉で色づいた県36号です。

_05_11
途中では、川沿いに集落が現れます。

_06_11
どこも、田植えが終わった水田が輝いています。
やがて、国358号です。
ここから、大型車が走る、脇を走ります。
でも、旧上九一色村役場までです。
ここは、甲府市役所上九一色出張所になっていました。
ここから、芦川左岸に逃げます。

_09_11
旧上九一色郵便局
寺川沿いに登ります。
寺川グリーン公園の、標識を目当てに行きます。
フロントインナーで登って行きます。
当然、勾配がキツイと云う事です。
上から、車の音が聞こえますが、慌てなく良いです。
上に走っている、国358号からの音です。
たまに、開けていると、対岸の国道の車が見えたりします。

_12_8
登る先は、若葉の道です。

_13_8
遠くに、雪が残る南アルプスや秩父山系が見えて来ます。
ただし、今日は霞んでいましたが。

_14_9
八坂(はっさか)峠です。10時40分
緑濃い稜線が続きます。
ここからは、下り基調です。
たまに、登り返しが有りますが。
一気に下ります。

_17_6
真下に、道が見えます。
秋に来れば紅葉であろう、若葉が綺麗ですね。
ぐんぐん下りますが、もったいないと思ってしまいます。
やがて、三方分山への登山口が現れます。
ここからは、下り方もゆっくりとなり、長い時間天空の回廊を楽しめます。

_18_5
木々の隙間に、天空菜園八坂村が見えます。
少し木々が伸び過ぎ、屋根の文字が見え難いです。
行く手には、これからの道が斜面に張り付いて見えます。
下って来た道が見えます。

_21_6
南アルプスの奥にでも、入ってしまった景観です。

_22_3
この先にも、集落が有ります。
茶畑の摘み取りをしていました。

_23_3
この辺りから、富士山も見えますが、今日は残念です。
さらに、西に走ります。
やがて、尖った山形が見えます。

_26_1
天狗岩です。
ここから、東へと向きを変えます。

_27_1
真下には、沢辺りの集落が見えます。
つづら道も、まだまだ続きます。

_28_1
やがて、沢へ。午後0時5分
どこでもそうですが、水田は水が張られ苗が植わっています。
しかし、集落には人影が見えません。
中河原、根子、瀬戸と古関へ走ります。
国300号線にぶつかります。午後0時30分
今日は、下部温泉には下りないで、本栖湖へと登ります。
早死にする、パターンですね。

_30_1
国300号は、大型車が登れるように、勾配は10%以下のつづら道です。
たまに、ダンプやトラックが通りますが、思ったより少ないです。
しかし、10%以下の勾配と思っても、足は売れ切れ状態です。
途中で、数回休んで登ります。

_32_2
トンネルが現れます。
出口が見えるし、中は平坦なので何とか抜けます。
さらに、短いトンネルが二つ有ります。
南アルプス展望台が有りますが、霞んでいるので寄りません。

_33_1
この先で、中之倉トンネルです。
湖畔までは、標識より3kmほど短かったです。

_34_1
トンネルを抜けると雪国では無くて、富士山でした。午後1時45分
折八古関線では、空振りだった富士山が見えますね。
空は青くは有りませんが、さすがに本栖湖からの富士山です。

_35_2
ここから、昨年は通行止めで走れなかった、南側の湖畔を走ります。

_37_2
ここでも、若葉が覆う気持ち良い道を走ります。
土産物街で、お昼です。

_38_1
山菜蕎麦です。
ちょっと濃い目の味の、田舎蕎麦です。
ここからは、富士山が見えるなら富士ヶ峰コースです。
県境から、富士ヶ峰へと曲がります。

_39_2
富士山に向かって、道は続きます。
夏に走ると、暑くていやになる登り道です。

_41_1
JAの交差点。午後3時25分
JAふじがねでソフトです。
夏に来ると、白桃ソフトは美味しいです。

_43_1 _44_1
ここからは、下りながら富士山定点でデジカメです。
人穴から上井出。
さらに、狩宿、上野、芝川へと下ります。

_45_1 _46
柚野の水田にも寄ります。(またかいとは、おっしゃらずに)
夕日が映す水田もお勧めです。
芝川駅前から県10号を走り、帰還でした。
午後5時30分、109km。

|

« 冬季閉鎖解除です | トップページ | 天子湖ツー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬季閉鎖解除です | トップページ | 天子湖ツー »