« 年末への予定 | トップページ | 立花から興津川沿いへ »

2006.12.02

大晦日から西山本門寺

由比町から峠を越えて大晦日、西山本門寺へと、遅い紅葉を期待しつつ走りました。
9時10分、家を出ます。
とりあえず、アナウンスしてあったので、ドタ参者がいないかと新富士川橋を渡ります。

01_47
居ませんでした。

02_45
富士川河口に、桃色の絨毯を敷いています。
桜海老干しでしたが、初めて目撃しました。
堤防は、向かい風が強いです。(速度18kmほど)
しかたが無いので、道に下りて走ります。(速度22kmほどにアップ)
由比町の入山入り口から、県76号に入ります。
最初はチンタラ、中グイグイ、次もグイグイ登ります。
銚子の口滝の標識から、左に巻き込み登りです。

04_45
後ろを振り返れば、富士山が見える良い天気です。
山の中に入っているので、先ほどの風は何処吹く状態です。

05_42
銚子の口滝の遊歩道からは、対岸の斜面に紅葉が見えます。
もちろん、カエデなんかは有りませんので、落ち着いた色づきです。

06_45
銚子の口滝は、何段かに別れているので、全容は見えません。

08_43
道に戻れば、こちらの方が紅葉が見れます。
桜野沢川沿いに登ります。
道が狭まり、ところどころ濡れた路面に、気を使いながら走ります。
奥に入ると、木々の中を登るだけです。

10_37
峠名不詳の峠です。
周辺は、陽射しが入り明るいです。
ウィンドブレーカーを着込みます。

11_33
峠を越えて、展望が利く所ですが、こちらも葉が落ちて明るいです。

12_35
富士山が見えますね。
いつも、パスしていた芭蕉天神宮に寄ります。
坂を下って行くので、帰りは登り返す事になります。(ちょっとツライ)

14_34
事前に得ていた情報ですが、落ち着いた社殿や狛犬。
泉水への遊歩道も有りますが、こちらへは歩きで無いと行けないでしょう。

16_32
これに乗って、白馬の騎士になろうとなんて思っては駄目です。

17_32
すぐに、ひょうたん島へ。
さらに、下ります。

19_26
こちらは、紅葉した木が有ったりします。

20_25
やがて、廻り沢橋です。

21_24
稲瀬川橋からの富士山。

22_19
尾崎から。
芝川駅近くから、芝川中学の激坂を登ります。
西山本門寺へ行くのです。
芝川右岸の、いつもの道で本門寺です。

23_19
黒門の前に寄りますが、桜の葉も落ち色気は有りません。
またまた激坂を登れば、横道から本門寺の参道に入ります。
いつもの重厚な雰囲気の参道です。
駐車場の方には、車は一台。
あ~ぁ、もう散っていました。
ひとかた、カメラで撮っています。

25_15 26_12 27_12
私も、自転車を押して、鐘楼やら本堂を撮ります。
でも、落葉した銀杏の葉も何とか写ってくれます。
参道から、車道を抜けます。
本門寺から、柚野峠へと向かいます。
チサンゴルフ場へ登りです。

28_10
プール開きのお勧め地点。
蕎麦が干して有ります。

29_6
チサンゴルフ場を、ちょっと下れば柚野峠です。
今日は、富士山が見えるので画になります。
西富士宮へと下ります。
富士宮市街を見下ろして、下ります。
今日はソロなので、休みません。
中里から安居山へと登りです。
沼久保駅方面へは向かわずに、西小学校方面に折れます。
たまにダンプが通りますが、車は少ないです。
途中で、右に折れ本妙寺橋へと下ります。
ここからは、沼久保駅からの道と合流です。

32_3
蓬莱橋を渡り、

33_2
県10号旧道で馬坂を越えて帰還です。
第二東名付近も、色づいています。
ちょうど、レッズ対ガンバの放送に間に合いました。午後1時40分。
帰りは、河口から向かい風が強くて寒さが訪れました。
フリースを着て行きましたが、脱がずに済むほどでした。
完走時間4時間30分、53km。

|

« 年末への予定 | トップページ | 立花から興津川沿いへ »

コメント

こんばんは、三振王さん。
「青木峠を越えて西山本門寺」参加したかったんですが、やっぱり止めて正解でした。

今日は用事があった訳ではないんですが、昨晩の忘年会の深酒が効いてました。自重すれば良いんですけれど、ついつい呑んでしまいます。(悲)
車載で富士川まで行くのにも、二日酔で酒気帯び運転になってしまいますから…
来週は、お座敷はかかっていませんので、参加させて下さい。

投稿: 焼津市 M | 2006.12.02 20時05分

Mさん、こんばんは。
二日酔いでも、運転は駄目ですね。
道中も長いし。
来週は、一緒に走りましょう。
宜しくお願いします。

投稿: 三振王 | 2006.12.02 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 年末への予定 | トップページ | 立花から興津川沿いへ »