« 秋の安倍峠へ | トップページ | 秋の安倍峠ツーレポ »

2006.11.05

朝比奈川沿いを富沢峠へ

しぞ~か(静岡)おでんツーを目論みましたが、皆さん公私多忙のようで、暇人のソロ走りで出かけました。
富士市~清水~久能海岸~丸子川沿い~宇津ノ谷~朝比奈川沿い~富沢峠~藁科川沿い~国一号BP~富士市
今日も暖かいようなので、ウィンドブレーカーは持ちましたが、着込む必要は有りません。
国一号自転車道で興津、清水駅前から久能海岸自転車道と走ります。
日曜なら大型車が少ないので、車道を走っても良いですけど。

01_43
丸子川沿いを宇津ノ谷へ走ります。
でも、静岡の自転車乗りは、使いませんね。
散歩する人ばかりで、こちらが気を使います。
丁子屋から県道に逃げます。

02_42
途中で、こちらの方のご用達の丸子紅茶の製造元です。
道の駅宇津ノ谷峠へ、ここでトイレ休憩です。
大福餅で、エネ補給も済ませます。
今日は、明治のトンネルはパスです。

03_43
県道沿いは、昭和の趣が感じられる家並みです。

04_40
県道から、カマボコ型の宇津ノ谷隋道を潜って行きます。
岡部町では、柏屋周辺でお祭りが開かれていました。
ここから、県210号線に入ります。
地図で調べて来たら、トンネルが有ります。
工事中の道を登ります。
峠らしき所まで登ると、下りです。
あれ~、情報が古すぎました。

05_38
峠の横に、トンネルらしき穴が塞がれていましたが、これでしょうか。
朝比奈川に下ります。
ここからは、県209号と合流です。
急に、里山の雰囲気になります。

06_40
殿橋を渡ると、先日行われた龍勢花火の打ち上げ台が見えます。
ちょっと、寄り道して行きます。

07_37
村越家。
この道は、静岡のローディーが多いです。
チームで走って来た集団は、早いですね。
見とれてしまいました~。
西叉峠への分岐点を過ぎて、玉取へ向かいます。
空気が冷えています。
川からの風が吹くと、一段と冷えま~す。

08_38
玉取は、玉です。

09_33
この先、玉取橋を渡ると、とんでもない所まで来たと思うでしょう。

10_34
その先に、静岡市の市境です。
富厚里峠の分岐点。
さらに、朝比奈川沿いを登ります。

11_29
藁科小学校小布杉分校です。

12_31
茶畑や人家が多いので、閉校される事は無いでしょう。
三ッ野の分岐点を直進です。
激坂です。
あらかじめ、フロントインナーが良かったです。
しかし、すごい坂です。
よっちらよっちら、ペダルを漕ぎます。
MTB系の、ギア比で無いと登れません。

13_30
県210号は開通していません。
途中で、右手に折れて行きます。
ここまでで、汗が吹き出ています。
まだまだ、激坂が続きます。
さらに二汗を掻いて、峠です。

14_31
富沢峠(とんざわ)です。
昔からのお地蔵尊と、交通安全のお地蔵尊が見えます。
汗を拭きながら、ウィンドブレーカーを着込みます。
ここからは、富沢へ激下りです。
途中で、止まろうとすれば、タイヤが引きずります。
今日は、富士山も見えません。

15_27 16_30
茶畑が現れれば、国362号に合流です。
そろそろ、お腹が空いて来ました。
でも、走り出します。
すぐに、藁科川右岸の県道へ折れます。
アップダウンを走ります。
牧ヶ谷橋で、左岸へ渡ります。
蕎麦屋やラーメン屋の看板が目に入りますが。

17_29
結局入った店は、千代の駄菓子屋でした。
ここで、静岡おでんと焼きそばです。
550円です。
安倍川大橋を渡り、国一号BPの側道を富士市へ、もくもくとペダルを漕ぎます。
来週の清笹峠で、静岡市方面はおしまいでしょう。
完走時間7時間30分、126km

|

« 秋の安倍峠へ | トップページ | 秋の安倍峠ツーレポ »

コメント

三振王さん
こんばんは。今週は都合が悪く指をくわえていました。
この時期、日が短いのに、100キロオーバーとは敬服します。
”静岡おでん”はいいですね~。
来週が楽しみになりました。宜しくお願いします。
TA

投稿: TA | 2006.11.05 20時50分

今年は、寒さが無いので、一番走り易いです。
この休みも、いろんなサイクリストに出会いました。
静岡おでんを食べれるように、暗くなる前に静岡市街へ戻りましょう。
ぼちぼち、芝川方面も良いかなと思う、このごろです。

投稿: 三振王 | 2006.11.05 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋の安倍峠へ | トップページ | 秋の安倍峠ツーレポ »