« 清笹峠オフのツーレポ | トップページ | 寒いから、大代峠へ »

2006.11.15

ひとり、マグロ漬丼ツー

今日も、都合により休みでしたので走りました。
何処へ行くか、3プランほど頭に入れて走り出します。
寒気が入り込み、海岸線は風が強い予報でしたが、意外と穏やかです。

01_45
富士川橋を潜り、富士山もそこそこ出ているので、西にマグロ丼ツーに決定です。
家に携帯で、「昼飯は要らないから」と伝えます。
こうなれば、ペダルを漕ぐだけです。
でも、平日は大型車が多いので、安全第一で走ります。
海岸線を蒲原から由比へ、国一号自転車道で興津へと、いつものパターンです。

02_44 03_45
清水からは、巴川沿いで国150号へ出ます。
三保方面への分岐での先で、久能海岸の自転車道へ折れます。
新道の造成中で、自転車道へ下りる所が少ないです。

04_43
海岸では、波は高いですが、風は穏やかです。
それに、追い風ですね~。

05_40
大浜プールで、トイレ休憩。
これも、いつものパターンです。

06_43
ランドナな、年配者です。
こんな余生を、夢見ましょう。
安倍川を渡り、マイホームセンターの中を迂回します。
これが、安全です。
再び国道に出れば、その先で県道に逃げます。

07_40
用宗駅前を過ぎて、大崩海岸に入ります。
今年何回目だろう。

08_41
いつもの所で、デジカメ休憩です。
富士山も、何とか見えますし。
ここからは、焼津市との市境まで登りです。
車は、ひんぱんに追い越して行きます。
でも、速度が出せる道では無いので、ゆっくり抜かして行きます。

09_36 10_35
焼津市の標識が現れます。
ここからは、下り基調で走れます。
小浜隋道、竹の子トンネルを潜ります。

11_31
竹の子トンネルの先で、竹の子岩が見れます。

12_33
焼津市の海岸線は、崖に貼り付いています。
いつでも、工事が行われていますね~。
当目隋道を潜り、焼津市街へ下ります。
瀬戸川を渡り、焼津港へ。
波型屋根が撤去された所は、整地して綺麗になっていました。

13_32 14_33
今日は、小型船が接岸しています。
さて、目的のマグロ丼へ急行です。
三度目の来店のトミヤです。

15_28
今日は、マグロ丼です。
これで、800円也。
腹も満たして、帰ります。
復路は、宇津ノ谷から国一号BP沿いに走る予定です。

16_31
駅の東に有る、高さ1.7mのガードを潜ります。
でも、私の頭は付きませんから、もう少し有るでしょう。

17_31
瀬戸川左岸から、朝比奈川沿いに遡上します。
まもなく、岡部町です。

18_27
国道の、宇津ノ谷トンネルを潜ります。

19_25
この先は、駿河匠から入る、丸子藁科トンネルです。
ここも、自転車で走れるようになっています。
しかし、長~いです。
途中で、自転車にも歩行者にも会いませんでした。
2027mでは、歩行者は歩いてはいけません。
自転車も、走りたく無いです。
次回は、県道から藁科川橋へ来ましょう。

20_24
その藁科川橋を渡れば、次の安倍川大橋からは、走り慣れた道になります。
国一号BPの側道を東へ。
ところで、焼津からずっと向かい風です。
たいがい、山を超えると風向きが変わるんですが、変わりませんね~。

21_23
興津川河口では、良い波が来ているとあって、サーファーが来ていました。
うまいです。

22_18
由比町へ入り、由比駅前でナイススポット発見です。
ここに、付けたんですね。
県道で、富士川橋を渡り帰還です。
完走時間6時間50分、113km。

|

« 清笹峠オフのツーレポ | トップページ | 寒いから、大代峠へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 清笹峠オフのツーレポ | トップページ | 寒いから、大代峠へ »