« 冬富士です | トップページ | 晩秋の富士山 »

2006.11.12

魔性の峠、清笹峠オフ

先月に続いて、藤枝市の北端の清笹峠へオフ会で行きました。
静岡駅集合で、自走組Mさん、ニシナさん、各停電車組TAさん、三振王、特急東海組だましのしまださんロボさん
遠路来訪者に合わせての、10時に出発です。
国362号で安倍川を渡り、黒俣を目指します。
が~、車が多いです。
紅葉目当ての、行楽車と思いますが、思うように進めません。
牧ヶ谷橋で、県道に逃げます。
一気に、車が減りますが、所々でアップダウンが待ち受けます。
それに、久能尾へは、登り基調と向かい風で、ちょっとツライ出だしです。
岡部への富厚里峠への入り口で、小休止します。
走り出せば道は狭まり、その先で国362号へ再び合流です。
後ろからは、相変わらずに車が追い越して行きます。
富沢から八幡へ。
八幡の藁科川の河川敷で、感謝祭なる物が行われていました。
ここに来る為に、車は押し寄せていたようです。
黒俣川沿いに、走ります。
若干の登りです。
きよさわの里の駅で、小休止。
市街のコンビニで、行動食は補給済みだったので、よもぎきんつばを購入です。

04_41
すぐに、久能尾。
ここから、清笹峠への登りが始まります。
黒俣川沿いに走っているうちは、坂も穏やかです。
やがて、つづら道が出現します。
一気に、高さを稼ぎます。

06_41
道の向こうには、白い雲が湧き出ています。
その先で、今日第一目標の黒俣の大銀杏ですが。

07_38
まだまだ、色づいていませんでした。
この銀杏の色づいた画は、ネットにも有りません。
果たして、黄色く変わるでしょうか。
紅葉した画を、お持ちの方は、教えてください。

08_39 09_34
でも、坂野の集落は、茶畑とつづら道が画になります。
ここからは、木々の中を登るだけです。
たまに、眺めが良い所が現れ、小休止出来ます。
眺めの良い所が無いと、ずっと登らなければならず、ちょっとツライです。

11_30
日が低くなった、清笹峠です。
気温が低いのと下りとなるので、ウィンドブレーカーを着込みます。
下りだすと、ハンドルが重いです。
おかしいと思い止まれば、前輪の空気が抜けています。
次の笹間分岐まで、ゆっくりと走ります。
皆さん待っていましたが、私はチューブを換えます。
見られていると、ちょっと緊張しますが、手助けも入り何とか交換完了です。
タイヤからの穴が開いていましたが、異物は有りません。
内側から、ガムテープで補修して良しとします。
舟ヶ久保への途中で、海が見えます。
ここの日溜りで、遅い昼食です。
コンビニお握りで、エネ補給です。
さらに、、里の駅で買って来た、きんつばをお裾分けです。

12_32
舟ヶ久保から登り返しで、富士山が見えるポイントが有ります。

13_31
雲が切れて、雪が被った富士山が見えます。
なんとか、大銀杏の借りが返せますね。
切り通しを越えて、蔵田へ下ります。
その前に初訪問の、だましのしまださんの為に、宇嶺の滝へ。

14_32
清流の多さと高さに、満足されたようです。
蔵田へは、前回おでんの幟の目撃談から、静岡おでんを食します。
お店の奥が、夜は飲み屋となるようで、おでんが仕込んで有りました。

17_30
知らなければ驚く、黒い汁です。
味が染み込んで、美味しいです。
次回も寄りましょう。
って、来年ですね~。
蔵田のつづら道を下ります。
瀬戸川沿いに下ります、
峠のバス停で、皆さんトイレ休憩。
身を軽くして、次の目的地、石仏峠へ。

19_24
秋深い道を走ります。
縦横2mの標識が有り、400m先です。
こちら側から登ると、あっと云う間に石仏峠です。
すでに、日が陰ります。

20_23
向こう側からの方が、雰囲気が良いです。
狭くて暗い道を下ります。
葉梨川へ下ります。
ここからさらに、登りです。
地元の参加者と私以外は、「え~ぇ、また登り~」と思ったかは定かでは有りません。
藤枝市と岡部町の境です。
ここから下り、朝比奈川の宮前橋で、焼津へ帰るMさんが離脱です。
岡部町内を走ります。
途中、柏屋の前でデジカメだけ。
だって、時間が有りません。
宇津ノ谷へ、またまた登りです。

22_17
大正のトンネルを抜けて、明治のトンネルへ行きます。
ここで、道中が長いニシナさんが離脱です。
明治のトンネルは、初めての人には受けるようです。
さらに、宇津ノ谷の集落と。
ここは3月に、オフ会をしますから。
国一号の歩道部を走り、途中から旧道へ。
丁子屋の前で、デジカメだけ。
だって、時間が無いです。
さらに、旧道を走り国一号へ合流です。

23_18
安倍川を渡れば、正面に富士山とペンシルタワーが見えます。
ここまで来れば、静岡駅まですぐです。
何とか、4時50分頃に駅に到着です。
これで、特急東海組だましのしまださん、ロボさんは間に合いました。
先に、東海が出て行きます。
私とTAさんは、各停電車に乗り込みます。
車椅子のスペースに、自転車2台を置いて車中の人となります。
富士駅で、私が下車。
TAさん一人を乗せて、電車が出て行きます。
ところで、五度の清笹峠ツーで、三度のパンクでした。
何か、悪い事をしたでしょうか。
私には、魔性の峠です。
でも、良いコースです。
72km。

|

« 冬富士です | トップページ | 晩秋の富士山 »

コメント

おはようございます。
大銀杏は残念でしたが、楽しい一日でした。
それから、きんつばご馳走様でした。
次回も宜しくお願いします。

投稿: 焼津市 M | 2006.11.13 05時55分

大銀杏は、暇な時にでも、覗いて来てくれるとうれしいです。
もちろん、車でも可です。
果たして、色づくでしょうか。

投稿: 三振王 | 2006.11.13 17時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬富士です | トップページ | 晩秋の富士山 »