« 村山道から、ぐるっと周回ツーレポ | トップページ | 石仏峠へ(石仏トンネル) »

2006.10.28

内房から両国橋へ

春先から、探索しようと思っていた大嵐へ行きました。
県10号で、芝川駅前を過ぎ、釜口橋、内房橋で内房へ入ります。
先週も走っている、尾崎から有無瀬川沿いに走ります。
大和橋から右に、山に向かいます。
いきなりの勾配のお出迎えに、フロントインナーです。
竹林の中に出ますが、乗用車が下りて来ます。
人家が有る証拠です。
木々や竹林から出ると、家並みが見えます。
大嵐です。
とりあえず、右方向に登って行くと行き止まり。
戻って、トラックから降りて来た人に、国52号までの情報収集です。
この先を登って行き、数軒の家が有る所から下って、道に合流したら右に行けば国52号へ出るようです。

01_39
たぶん、この先に富士山が構えて見える筈です。
また、冬景色になったら来ましょう。

路面が荒れて来ます。
大晦日から由比への下りぐらいです。

02_39
茶畑が現れ、綺麗な曲線を描いて、道が延びて行きます。
その先で、数件の家が建っています。
もちろん、生活の匂いがして、車も止まっています。
ここから下りです。
路面も綺麗で、使われている道ですね。
下の道に合流です。
正面には、林道神木入線が登って行きます。
ここを、右に行きます。
山口川沿いに走ります。

03_41 04_37
谷沿いに、田んぼが見えます。
行き止まりと思われる所に、野下の集落です。
ここから、国52号へ登りです。
上の方から、車の音が聞こえます。

05_35
70m程を登れば、切り通しの向こうに国道が走っていました。
たぶん古道は、富士見峠へ抜けていると思われますが、この道は北側にズレています。
国52号は、相変わらず大型車が、ブンブンブンです。
後ろを見計らって、南へ行きますが登りです。
それに、路側帯は皆無です。
蕎麦屋が有りますが、匂いだけ嗅いで走ります。(嘘々、匂いなんてしません)
800m程で、静岡市の境です。
そこに52号と192号の、標識が立っていました。
道の向こうには、192号の入り口が見えます。
車が来ないのを確認して横断します。
いきなり、山の中の道です。
路面は、舗装されたばかりで、綺麗ですね~。
こちらも、60mほど登れば切り通しです。
ここから、穴原地区の古住田へ下ります。
始めは急な下り坂ですが、途中で左から合流する所に出ると、川沿いに気分の良い道を下ります。

06_37
車には出会いもせずに、一年ぶりに来ました。

07_34
両国橋です。
昨年に来た時は、今年の3月まで工事通行止めだったので、春に竣工したのでしょう。
でも、通る車も少ないのでしょうか。
橋も、昨日完成したばかりのようです。
道の向こうには、山梨県特有の綺麗な看板が見えます。
静岡県側には、県名や静岡市の標識すら有りません。
富士山も見えないので、大城には行きません。
境川を、国道に向かって走ります。
国道の洞門横の歩道は、先週にこの人がクモの巣を払ってくれたようです。
でも気を付けないと、危ないです。
所々、頭を下げながら信号機へ。
ここから、境川を芝川町へ帰ります。
でも、まだ24kmしか走っていません。
先週に続いて大晦日へ足を伸ばします。
尾崎トンネル前を右に折れ、また内房へ。
廻沢から大晦日へ。
今日は、休み無しで登ろうと思っています。

08_35
泉水からの合流点を過ぎて、ひょうたん島です。
ここでは、デジカメを撮る為にプチ休憩です。
天神宮の石碑を過ぎ、つづら道を登ります。
芝返からの合流点を過ぎます。
まだまだ、登りが続きます。

09_30
最後の、急坂が有りますが、ハンドルをキツク握り締めれば、塩の道の峠です。
廻沢から、32分程でした。
今日も、汗が出ますね。
タオルで、体の汗を拭きます。
ウィンドブレーカーを着込み、下ります。
路面に落ちている、木の枝や土に気を付けながら。
県76号へ合流です。
ウィンドブレーカーを脱いで、由比町へ下りです。
今日は、海岸線から富士川河口を渡り帰還でした。
完走時間4時間5分、54km

|

« 村山道から、ぐるっと周回ツーレポ | トップページ | 石仏峠へ(石仏トンネル) »

コメント

さすが‘集落の神様’ですね。
こんなところにも家があるのですよね。

両国橋はこんなにきれいになってしまったのですか。
びっくりしました。

投稿: ひな | 2006.10.28 23時12分

>さすが‘集落の
暇を見て、地図を眺めているだけですよ。
以前の両国橋の、プレートを再利用すれば良かったんですけどね。

ところで、瀬名の清掃工場からのトンネルは、地図では把握していましたが。
その上に有る、谷津トンネルは自転車で行けるんでしょうか。

投稿: 三振王 | 2006.10.29 08時16分

記憶が曖昧でしたので、早速確認してきました。
自転車でも通れます。
HPの写真を確認してください。

随道を通り抜ける緊張感が好きな人にはお薦めです。(^^;


投稿: ひな | 2006.10.29 13時20分

ひなさん、どうもです。
わざわざ、取材に行って来て貰い、ありがとうございます。
でも、取材費は出ませんが。(笑)
私は、藤枝の石仏トンネルを覗いて来ました。
◎、でした。

投稿: 三振王 | 2006.10.29 17時00分

石仏トンネルもいいですね。
トンネルばっかり組み合わせるコースなんてのも面白いかもしれませんね。(^0^)
う~んわくわくしてきた。

投稿: ひな | 2006.10.29 18時29分

今日は、昨夜の雨で路面が濡れていました。
日が当たらないので、滑りに注意です。
あの辺は、峠が多く良い環境ですね~。
あとは、富士山が見えればですが。

投稿: 三振王 | 2006.10.29 20時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 村山道から、ぐるっと周回ツーレポ | トップページ | 石仏峠へ(石仏トンネル) »