« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006.10.29

石仏峠へ(石仏トンネル)

今月の走行距離は、昨夜まで300km程です。
休みが有った割りに、少なかった~。
次回のオフ会でのコースになっている、藤枝市の石仏トンネルの情報を確かめに行こうとロングを走りました。
昨夜までの雨も上がり、路面は濡れていますが、幹線道路ならすぐに乾きだすでしょう。
県道で富士川橋を渡り、蒲原、由比、国一号で興津、清水駅前と通過して、久能海岸自転車道と行きます。
大浜プールでトイレ休憩。
ここまで、ノンストップでした。
安倍川河口から、用宗へと入ります。
いつもなら、自販機休憩ですが、素通りします。

01_41
大崩海岸の海上橋でプチ休憩です。
ここから、登りが続きます。
季節が良くなった所為か、車が多く通ります。

02_40
何とか、静岡、焼津の市境です。
富士山が見えれば、良いポイントです。

03_42
大崩海岸線は、好きなコースです。
焼津側に下りて、ファミマでエネ補給します。
今日は先を急ぐので、マグロ丼は有りません。
瀬戸川沿いを、遡上して行きます。
藤枝市に入り、勝草橋から清笹峠コースです。
でも、今日はそこまで行きません。
前方から、ローディーと擦れ違います。
中山で蔵田方面へ。
さらに、大出橋から県81号へ分かれます。
始めこそ広い道ですが、いきなり幅2mの標識と共に山道の雰囲気です。
今まで平地を、走って来たので、坂になって失速です。
それでも、よっちらよっちら登れば、すぐにトンネルです。

05_36 04_38
情報通り、西側には石仏が祀られていました。
出口も、すぐそこに見えライトも必要ないでしょう。
以前は素彫りのトンネルのようで、壁面は鉄板を(と、見えるけど)貼り付けて有る工事です。

06_38
西方出口は、日が射して明るさが有るが、

07_35
少しでも時間がずれれば暗闇となりそうです。
そんな道ですが、車が多いです。
擦れ違いが出来ずに、バックしていたりします。
私なら、ここは車では通りません。
西方の交差点は、標識が有り分りました。

08_36
北方から、再び登りです。
こちらも、そんな高さは有りません。

09_31
峠で、岡部町の市境の標識です。
岡部町への下りは、広い区間が多いですが、やはり狭い区間が有ります。
でも、そこが雰囲気が良いです。
村良に出ます。
ここからは、朝比奈川沿いに走ります。
子持坂を過ぎて、宮前橋に出ます。
ここまで来れば、宇津ノ谷から帰るだけです。
今日は、寄り道を避けて、国一号のトンネルです。
道の駅宇津ノ谷峠で、山菜そばで最後のエネ補給です。

10_32
丸子川沿いから丁子屋へ。
ここから、旧道です。
車が多くなります。
国一号に出たら、歩道を走り安倍川を渡ります。
静岡市街は、歩道と路側帯で清水へ行きます。
清水まで行けば、安心です。

11_28
空は暗くなって来ます。
でも、まだ4時前ですよ。
先を急ぎます。
清水辺りから、追い風に助けられ、速度も落ちません。
結局、宇津ノ谷からノンストップで帰還でした。
夏の暑さとは違い、水分補給が楽になり、休みが減り速度が上がりますね。
完走時間7時間20分、130km。

| | コメント (2)

2006.10.28

内房から両国橋へ

春先から、探索しようと思っていた大嵐へ行きました。
県10号で、芝川駅前を過ぎ、釜口橋、内房橋で内房へ入ります。
先週も走っている、尾崎から有無瀬川沿いに走ります。
大和橋から右に、山に向かいます。
いきなりの勾配のお出迎えに、フロントインナーです。
竹林の中に出ますが、乗用車が下りて来ます。
人家が有る証拠です。
木々や竹林から出ると、家並みが見えます。
大嵐です。
とりあえず、右方向に登って行くと行き止まり。
戻って、トラックから降りて来た人に、国52号までの情報収集です。
この先を登って行き、数軒の家が有る所から下って、道に合流したら右に行けば国52号へ出るようです。

01_39
たぶん、この先に富士山が構えて見える筈です。
また、冬景色になったら来ましょう。

続きを読む "内房から両国橋へ"

| | コメント (6)

2006.10.24

村山道から、ぐるっと周回ツーレポ

村山道から、ぐるっと周回のツーレポです。
距離80km、獲得標高1100mのコースです。
ちょっと、伸ばせば、100km1100mの良いコースです。
走って見て下さい。

| | コメント (0)

2006.10.21

村山道から、ぐるっと周回

昨夜のうちから天気予報をチェックしていたら、午後から雨がパラツクかも。
そこで考えたのが、周回コースです。
これなら、何処からでも短時間に帰還できます。
村山道で村山浅間神社~上井出~柚野~桜峠~稲子~蔦谷峠~万栄橋~万沢~県10号富士川右岸~尾崎~内房~大晦日~由比
出だしは、雁堤です。
コスモスは、すっかり終わっていました。
身延線入山瀬駅横から、国139号を横切り万夫川沿いに登ります。

02_36
釈迦堂で左折。
古道をトレースします。
でも、ここまで車が多く、そろそろ別ルートを模索しようかと思います。
富士宮市境の道を、斜めに登っています。
時々、村山道の石碑が出て来ます。

03_38
横沢の三叉路で、一息付くのが定番でしたが、今日は登ります。
寒いかと思った気候ですが、シャツの下は汗だらだらです。
村山浅間神社への激坂も、クリアーして大杉です。16km

05_32 06_34
村山集落は、雰囲気が良いです。
山本商店の自販機で、水分補給です。
出て来た、おばさんと立ち話です。
近頃、世界遺産やら古登山口で、村山の本が出たりしているようです。
伝承する人が少なくなって来て、言い伝えがあいまいになって来ているようです。
15分ほど、休んで出発です。
県72号に出ます。
ここは観光の車が多い方ですが、気持ち良い走りが出来ます。

07_32
馬の背が有り、狭い区間が有ります。
篠坂の交差点から登りです。
すぐに、下り基調で奇石博物館前を過ぎて、アップダウンを繰り返します。

08_33
案山子、写りました。
最後は、一気に下り上井出です。
潤井川の遊歩道で、狩宿へ下ります。

10_30 11_26
井出邸や赤い橋の、周辺の田んぼは地が出ています。
ここから、芝川町の柚野へ下がります。
まんぷくにも、サノボクにも寄りません。
観音橋から精進川。

12_28
ここも、冬支度ですね。
上柚野を下ります。

13_28
国469号へ合流です。35km
ここから、桜峠へ登ります。
登りは、汗がぶり返します。

14_28
桜峠へ。
さくらの葉は、すっかり落ちています。
稲子へ一気に下がります。
時々、車が登って来てひやっとします。
スピードは控えめに。

15_24
日向橋へ。
ここからも、国469号を走ります。
いつもの、自販機の前も通り過ぎます。

16_27
稲子駅です。44km
ここから蔦谷峠への、登りです。
道は広くて、車に怯える事は有りません。

17_26
峠で、山梨県南部町です。
ここからも、一気に下ります。
万栄橋が、眼下に見えれば、十島駅前の交差点です。

18_24
御殿場から続いた国469号は、万栄橋で終わり国52号と合流です。47km
国52号を横切り、登りです。

19_22
そこから下って、万沢へ下って行きます。
県10号を走って行きます。

20_21
富士川右岸です。
車が少なく、昨年はサルに遭いました。

21_21
静岡県境です。
芝川町へ戻ります。

22_15
アップダウンが有りますが、下り基調で尾崎の集落です。
内房を、稲瀬川沿いに走ります。
大晦日へ行きますが、そのまえに駐在所の横の自販機で給水です。

23_16
廻沢から、登りです。56km
今までの、コースからすると、キツイ坂が続きます。
仕方が無く、フロントインナーに落とします。
泉水の合流点では、小学生が大挙して休んでいました。
野外活動のようですね。

24_13
ここからは、一踏ん張りでひょうたん島です。
この時期になると、日が下がって来て、画になります。
でも、まだ登ります。
天神宮へ向かいます。

25_14
石碑が現れます。
つづら道を登り、芝返からの合流点です。
この先は、木々に覆われて、路面は木の枝が多くなります。
重いペダルを漕ぎます。

26_11
展望の利く所を過ぎれば、青木峠です。66km
いかにも、古道の峠です。
今年5回目かな。
由比への下りは、路面に土が乗っていたり、水が出ていたりして荒れています。
ローディーは注意を。

27_11
桜野を過ぎて、茶畑が現れば、道も広くなります。

28_9
ずっと下りで、大代峠へ向かう、県76号に合流します。
由比町へ、県76号を下ります。
向かい風です。
旧国一号へ出れば、富士市へ帰るだけです。
向かい風が強いので、海岸線は止めて、県396号で帰ります。
100kmコースかと思いましたが、足りません。
田子の浦港経由で行けば、100kmでしょう。
どなたか、走って見て下さい。
完走時間5時間20分、80km、獲得標高1100m+α

| | コメント (2)

2006.10.18

清笹峠オフツーレポ

日曜の清笹峠オフの、ツーレポです。
F11を押して、全画面表示で見てください。

| | コメント (0)

2006.10.15

藤枝市北端、清笹峠へ

藤枝市北端の峠、清笹峠へオフ会でした。
総勢10名。
最遠地からのロボさんの到着時間に合わせて、藤枝駅10時15分スタートです。
すぐに、ニシナさんからの情報で、喜久屋の黄色の赤飯が美味しいとの事です。
開店前の、シャッターの隙間から入手します。
行動食も手に入り、店らしき物が無い道中に安心です。
勝草橋から、瀬戸川沿いを遡上します。
桜並木を走り、県32号に合流します。

01_37
歩みを進めるに従えば、風景は冬支度の準備に忙しいようです。

02_35
峠の集落の、銀杏の木が見えます。

03_37
バス停も峠です。
ここから市之瀬を経て、道は勾配がキツクなります。

04_34
木々の間から覗く、びく石方面の茶畑が綺麗です。

05_31
とうぜん、自由走行となり、早い人は蔵田の手前の絶景ポイントに先回りです。
ここから、すぐに蔵田です。
ここまで来れば、半分以上を登りました。

06_33
朝、買って来た、黄色の赤飯で腹ごしらえです。

07_31
蔵田の集落から見れば、先ほどのつづら道が見えます。

08_32
幅1.8mの県道を走れば、宇嶺の滝です。

09_28
石碑の脇から、山道を下りて落水を確認します。
ここから舟ヶ久保への切り通しまで、長い登りが続きます。

10_29
でも、その苦しさも、木々の間からの富士山に慰められます。

11_25
舟ヶ久保の分岐から、、またキツイ登りです。

12_27
その前に、舟ヶ久保からの展望です。
今コース、最大の勾配です。
思わず、足を着きそうです。

13_27
何とか、登りも終わり、下りだせば笹間分岐です。
名無しの峠ですが、お地蔵尊が佇む雰囲気が良いです。
ちょっと下り、登り返しです。

14_27
でも、結構早く、清笹峠です。
皆さん、揃って到着です。
ここからは、下りのみです。
300m程を一気に下るので、慎重に下ります。
大きな銀杏の木が見えれば、坂野の集落です。

15_23 16_26
茶畑の中を、つづら道が下りています。
雰囲気の良い、集落で有り、風景です。

17_25
ここから、黒俣川沿いを久能尾へ。
先週も来た、千頭方面への分岐点です。
ここから国362号です。
途中で丸子方面へ。

18_23
藁科川右岸の県207号です。
こちらは、車が少なく正解でした。

19_21
牧ヶ谷橋から、藁科川左岸へ。
ここで、Mさん、マーくんが離脱です。
橋を渡り羽鳥で、ニシナさん、ひなさん、京平さん離脱です。
輪行組は、静岡市街へ走ります。
あっちこっち、交番やらで聞いて、何とか5軒目で有りました。

20_20
静岡おでん。
地元の発音では、「しぞぉ~かおでん」。

21_20
そろそろ、電車の時刻が気になり、駅へ走ります。
ハーモニーさん、きゅーちゃんの富士宮組は、特急富士川で。
ロボさんは、特急東海です。
TAさんと、私は、一電車遅らせて、各駅停車で帰路に着きました。
輪行のオフ会は、ちょっと疲れました。
でも、満足されたようで、次回も宜しくお願いします。61km

| | コメント (6)

2006.10.14

お初の者と物

休日出勤を終えて、たまにはサノ自転車さんへ。
いきなり挨拶を受けたのが、ニシさん。
私のHPのリンクしている、一番ご近所のだんなさんでした。
かれこれ、小一時間ほど話していると、mayさんがご来店でした。
やっと、お会いしましたが、次回はツーリングでね。
それから、サノ自転車さんの前で見つけたのは、サビサビのMTBでした。
チェーンは錆付いて、誰が見てもこんな物100000円の値札を付けたら笑っちゃうでしょう。
でも、フレームのTOEI が、欲しいマニアックな人にはたまらないでしょうね。
サドルの下にリアキャリアが付き、フレームの下に空気入れ。
さらに、砲丸型のライトまで付いています。
まさに、ランドナーのMTB化でしょうか。
15年ほど前の、売価は30万円だったそうです。
デジカメを持っていなかったので、画は有りません。
次回、撮ってきます。
それまで、売れないでしょう。(たぶん)

| | コメント (0)

2006.10.13

清笹峠ツー、スタイル

01_36
ライトが照らせるように、フロントバックからサドルバックに変更しました。

02_34
LEDライトは、ハンドルに付けました。
思った通り、簡単には付きませんでした。
ハンドルの太さに、ブラケットが回り込みません。
そこで、現在付いているブラケットに、台座だけネジで止めました。
まぁ~、大丈夫でしょう。

03_36
リアには、キャリアを付けて、サドルバックのサポートにしています。
リアキャリアは、泥除けの変わりもしています。(ちょっと短いですが)
後ろには、輪行袋をゴムひもで引っ掛けて有ります。
寒くなり、衣服の調整をする時は、輪行袋に付けて有るベルトに、巻き付けています。
少々、荷物が増えても、何とかなりますね。
サドルバックの模様は、モアレです。

| | コメント (0)

2006.10.12

安いLEDライトです

01_35
先日、市内のホームセンターで買って来た、LEDライトです。
980円也。
似たような物は、ネットで2300円ぐらいするようです。

02_33
単4電池3個、白LED3個です。
見た目には、明るいです。
これをハンドルに付けますが、取り付けブラケットがチャチですね~。
外れないように、固定しましょう。
安物買いの銭失いかも。

| | コメント (0)

2006.10.09

杉尾はなのきツーレポ

今日も、一走りなんてと思っていましたが、風が強く止めました。
そんな訳で、杉尾はなのき展望台のツーレポを作成しました。
パノラマ画像、多数有り。

| | コメント (0)

2006.10.08

杉尾はなのき展望台

国362号線杉尾はなのき展望台から、富士山が見えるようです。
昨年に行った時は、霞んでいて何も見えなかったです。
昨夜から、今日は富士山日和になると踏んで、静岡駅まで輪行です。

01_34
駅前で、組み立てをしていると声を掛けられます。
鉄道警察の二人組みです。
「何処まで」
「千頭方面です」
「これで、何速有るの」
と、国362号は、自転車行く所では有りません。
こんな、質問が次々飛び交います。
最後には、「気を付けて行ってください」
「ありがとうございます」と、返します。
8時15分に静岡駅前を出発です。
国362号は、先月に清笹峠に出かけた時に、久能尾(きゅうのお)まで走っています。
前から、ローディーが走って来ます。
すでに、一走りしたようですね~。

02_32
9時40分、久能尾からも、昨年の記憶が蘇ります。20km
すぐに、フロントセンターからインナーになります。
標識は、10%やら12%が出て来ます。
今日は、追い越す車が多いです。
それと、バイクも。
つづら折れが、続くようになると一気に高さを稼ぎます。
山の斜面に、家が貼り付いて見えれば、中塚の集落です。10時20分

03_35 04_33
集落の中も、つづら折れで登ります。

07_29 08_31
次に、現れた集落は蛇塚です。10時35分
ここには、静岡市立峰山小学校が有ります。
学校だよりには、「晴れた日には遠くに駿河湾が見えます」と、書かれていました。

05_30 06_32
今日は、駿河湾の向こうには伊豆半島。
その南には、何と~、神津島らしき島まで確認出来ました。
ここから一登りで、お地蔵尊が有る切り通しを過ぎます。
ここが、静岡市と川根本町の境です。

09_27
でも続く道の、東側は静岡市です。
下杉尾の分岐を過ぎて、今日の目的地「杉尾はなのき」です。11時丁度、29km

10_28 11_24
富士山の頭が、山の上に見えます。
ちいちゃくて、見えないと思っている人は、登って見に行ってください。
家から見れば、もっと大きく稜線まで見えますが。
でも、こんな富士山が好きなんですよね。(私は)
何枚か、デジカメで撮ってから、休み処で蕎麦を頂きます。
ここの蕎麦は、美味しいです。(安いし)

12_26
天ぷら蕎麦を頂きました。(500円也)
それから、飲み放題のお茶も、お勧めです。
今日は、千頭へ下りないで、ちょっと先から上杉尾へ下って行きます。
千頭へ下りると、延々と大井川沿いを、トンネルの中を走る事になるので。
上杉尾は、正解でした。
お店の人に聞いたら、「自転車で走れば最高」と、行っていたのがうなずけます。

13_26 14_26 15_22
木々の中を下りる事が多いですが、途中で現れる集落に広がる茶畑や、藁科川の対岸に見える山にも茶畑が広がり足を止めます。
畑色を過ぎて、なお下ります。

16_25 17_24 18_22
最後は、日向へ下ります。
ここまで、路面は小石や、荒れている所が多いので、パンクには注意です。

19_20
日向からは、県60号(南アルプス線)を藁科川沿いに下ります。午後0時20分、39km
実際は、結構アップダウンがあります。
それに、向かい風でペースが上がりません。

20_19
坂ノ上や小島、寺島の集落の中を走ります。
赤沢でトイレ休憩。
自販機で水分補給もします。
再び走れば、すぐに久能尾です。午後1時10分、52km
ここから、朝走った国362号です。
車だけ、気を付けて走ります。
それに来週も、清笹峠から静岡駅へ走る予定です。
静岡駅へ走れば、72kmのコースですが。
今日は、国一号BPの下を潜ってから、最初の信号機で左折します。
そうです。
以前、ひなさんの後をついて走ったのを、思い出しながら行きます。

21_19
安倍川大橋を渡ります。
その後が、やっかいですが、すっごいアバウトに平和の交差点から側道に合流です。
賎機トンネルは、立派な自転車道が有りました。
側道は、たまに歩道に逃げたり、アップダウンが有ったり、結構足を使います。
正面に、富士山が見えます。

22_14
菜の花が咲けば、来て見たいです。
東に走るには、早く走れます。
でも、西に向かう時は、側道が逆走となるので、歩道が主体で段差が多いです。
清水インターを過ぎ、横砂の新幹線を過ぎて、下の国一号へ合流です。
ここからは、興津へ。
興津川河口から、自転車道で由比、蒲原、富士川を渡り帰還です。午後3時45分、105km。

| | コメント (6)

2006.10.07

夕富士

Yuu_fuji
夕方でも、厚い雲が浮かんでいます。
こんな時は、夕日が照らされて富士が映えます。

Yuu_kumo
西の空は、雲の下が燃えているように見えます。
一日中、風が強くて、走りは止めました。

| | コメント (0)

ハブグリスアップ、その後

昨日、グリスアップしてから、リアの取り付けがおかしかったです。
ディレーラーの調整や、シューの当たりを調整して、ちょっと一走りに出発です。
でも、ちょっと走ってリアが振れています。
それに、風が強すぎて走れません。
家に、押して帰還です。
リアが、外したスペーサーの分だけ、ガタが有ります。
昨日は、何回も調整しなおしたが、うまく行きませんでした。
よくよく見たら、スプロケットを外さずに行ったので、ベアリングボールをスプロケットの溝に入れてしまっていた~。
道理で、何でボールが9個で、「まだ一つ入れそう」と思った訳でした。
ディレーラーの調整に、手間取りましたが何とか大丈夫でしょう。
風が収まったら、走って来ます。
ついでに、リアのタイヤの交換もしました。

Taiya
パナの、パセラTGです。
まだ使えそうですが、中からテープが貼って有ります。
昨年の12月に交換して、3500kmは走っています。
フロントは、5000km以上走っていますが、リア以上溝が有りますので、このまま。

| | コメント (0)

初雪富士

Hatu_fuji Hatu_fuji02
昨日の嵐が去って、今日は強い風が吹いています。
朝、ちょっと走ろうと出かけようとしましたが、風が強いのと諸事情ですぐに帰って来ました。
自転車のメンテをやっていると、買い物から帰って来たかみさんが、「富士山に雪が積もっているよ」と。
さっそく、撮って来ました。
富士市では、昨日はそんなに荒れていませんでした。
伊豆から東が、天候が悪かった見たいですね。

| | コメント (2)

2006.10.06

DURA-ACE...ただし

061007grese
グリスのみです。
ハブのグリスアップをしました。
MTBの時からしていたのですが、使うスパナのサイズが違いました。
TREKのクロスは、15インチが2本有れば外せます。
その為に、15インチのハブスパナを、1本買って来てやりまたが。
ちょっとリアを、取り付けたらサイズが合わないです。
先日の安倍峠での落車で、エンドが曲がっているようでしたが。
スペーサーを外して、リアのディレラーを調整しました。
ブレーキシューも当たっているんですが、明日シューを交換しながら調整しようと思います。
その後、ちょっと走って来て様子をみましょう。

| | コメント (0)

2006.10.04

新形式ツーレポ

今までのフォーマットを変えて、ツーレポを作成します。
これまでは、開いたサブウィンドウを閉じる面倒さが有りました。
これを、オンマウスで画像を見れるようにしました。
★マークの上に、マウスを乗せれば画像が変わります。
新しいPCに変わり、画面がワイドになり、変更する事にしましたが。
さらに、アイディアが有りますが、当面はこれで行きたいと思います。
F11を押して、全画面表示にする事をお勧めします。
富士川沿いを甲府駅へツーレポ。

| | コメント (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »