« 大代峠を越えて彼岸花 | トップページ | ナスカ展 »

2006.09.24

富士山見たいから箱根へ

今朝の富士山は、秋富士で綺麗ですね~。
昨夜から、たぶん富士山が見えるから、仁科峠かと思っていましたが起きるのが遅いです。
昨年の峠三昧を思いだし、箱根に向けて出発です。

01_30
7時20分、富士川沿いの土手から、富士市のカレンダーにも登場の地点です。
ここは私も、以前からチェックポイントでしたが。
堤防上を、千本公園へ走ります。
昨日、チェーンを掃除した所為か、かなり早いペースです。
う~ん、今日はローディーが多いです。
追い越された一方は、もっと早いです。

03_31
そんなんで、千本公園からの富士山。

04_29
港大橋からも、雲ひとつ無く良いですね~。
このまま、峠に着くまで見えていて下さいね。
前回は、気が付いたら、県11号の熱函道路でした。
今日は事前調査で、新城橋から行く事にしています。
狩野川沿いは走らずに、県道を走ります。

05_27
新城橋の手前で土手に上がり、その先が確認出来ます。

06_27
橋を渡り、大場川沿いに行きます。
まもなく、国136号に合流です。
熱海峠への入り口から、登りです。9時20分

07_27
途中の(7)の、肉まんパワーで登ります。
函南役場を過ぎると、いきなり急坂が続きます。
登り切りますが、登りは続きます。
木陰が多いので、夏でも登れるでしょう。

08_29
途中、景色の良い所で、休みながら登ります。
何回か休めば、上の方から爆音が聞こえます。

10_26
熱海峠です。10時40分

09_25
箱根は、こちらです。

11_22
その先から、富士山が見えます。
ここから、さらに登りです。
でも、すぐに十国峠の駐車場です。

12_24
マイクでは、「富士山が綺麗だから、ケーブルで登って下さい」とアナウンスしています。

13_24
私は、栗ソフトです。
ほんとは、ワサビソフトにしようかと思ったら、激辛と謳っている。
試食をしたら、咽に悪そうでした。
湯河原峠へ向かいます。
さらに、登りです。
今日は、車が多いです。
とうぜん、バスも多いですが、さすがに無理には追い越しません。
脇が空いた所で、追い越させます。
昨年も居た、松茸屋さんが居ました。

14_24
「写真だけ撮らせて」と、お願いして撮りました。
匂いが撮れれば、良いですがね~。
この辺からは下りで、良いペースで走れます。
湯河原峠です。11時35分

15_20
レーダードームが見えます。
箱根峠も、すぐそこです。
走りやすい区間です。
バイクの集団が追い越して行きますが、後を付いて行きます。

16_23
広い交差点が見え、箱根峠です。11時45分

17_22
記念写真だけ撮り、いつもの道の駅箱根峠へ下ります。

18_20
ここでの蕎麦が、いつもの昼飯です。
今日は、金時蕎麦です。(モチ入り)
トイレも済ませ芦ノ湖へは、すぐです。
国一号は、混んでいます。
車の脇を抜け、関所跡を過ぎます。

19_18
芦ノ湖から富士山を撮るなら、ここと云う所です。
芦ノ湖岸は、道が狭いのに車が多いので、あまり好きでは有りません。
プリンスホテルから続く、遊歩道に入ります。
でも、アップダウンが続くんです。
湖尻から県道に合流して仙石原に向かいます。
ここからも、登りです。

20_17
かなり登った後、下り出せば仙石原です。午後1時ちょうど
湿生花園の方へ、折れます。
一気に、車が少なくなります。
国138号に合流します。
ここから、乙女トンネルへ登りです。
しかし、この登りがキツイです。
なんと云っても、自転車には容赦無い道路行政です。
昨年は大型バスが、横を平気で抜いて行きました。
後ろからのエンジン音に、気を付けながら登ります。
もう、かなりの高さを稼いで来たので、いつよろけてもおかしく無い時期です。
デジカメを操作する余地は、ひとつも有りません。
ここまでフロントセンターで来ましたが、インナーにしようかと頭を過ぎった時でした。
長尾峠への分岐です。午後1時20分
あ~ぁ、標識が取られていますよ。
もう少しで、乙女トンネルに行ってしまう所でした。
ここで、足を止め、息を止めます。
「息を整えます」に、訂正です。
長尾峠への旧道は、まだ登りが続きます。

21_17
でも、下界が開けて、仙石原や駒ケ岳が見えます。

22_13
芦ノ湖も、だんだん大きく見えて来ます。

23_15
峠の茶屋の駐車場も、賑わっていました。午後1時45分

24_14
定番の所で、デジカメで撮って、今日は先を急ぎます。

25_13
隧道を抜け御殿場側に出ると、三度目の正直です。

26_10
富士山が、迎えてくれました。

27_10
ここからは、下り基調で富士市まで走ります。
ゴルフ場の激坂を、ブレーキレバー一杯に握り荒れた路面を下ります。
かなり下がれば、路面の凸凹も無くなり、舗装を広域農道へと出ます。
途中で、コンビニでエネ補給を済ませながら、農道、県394号、県22号と繋いで、沼津市外へ。
国一号の側道は避けて、県380号の千本松の下を走ります。
ここに来て、まだ早いペースです。
でも、ローディーに、簡単に交わされます。
富士市に入れば、いつもの裏道で帰還です。午後4時10分
完走時間8時間50分、135km

|

« 大代峠を越えて彼岸花 | トップページ | ナスカ展 »

コメント

熱海峠に長尾峠。
一般道でないところが魅力ですね。
晴れて富士山もきれいです。
仙石原はもうススキの時期ですね。

投稿: ひな | 2006.09.25 07時13分

富士山が見えたので出かけましたが、昨日は正解でした。
路側が狭いので、バスが来ると気を使います。
コース的には、御殿場駅まで輪行で、長尾峠~芦ノ湖~箱根峠~熱海峠~函南へ下りるのが無難ですね。

投稿: 三振王 | 2006.09.25 20時35分

長尾峠かぁ以前NORI君にこっちから登った方が良いよと
話をしましたがもう長い事、走っていません。
乙女峠は、以前スタードッキリ報告でスピード違反の番組をやっていました。
今でも自転車用用有料徴収箱が有るのでしょうか?

投稿: くりくり | 2006.09.27 17時32分

御殿場から登れば、長尾峠は楽ですね。
と、云ってもかなり登りますが。
乙女トンネルって、有料だったんですか。
知らなかったです。

投稿: 三振王 | 2006.09.27 20時08分

こんばんは!
自転車がないので、今日はCopenで南アルプス街道を走り、温泉にいって来ました。
この半年ほどシャワー生活だったので、温泉に浸かりたい!と念願が叶えるためです。
そこで改めてこのブログの「松茸」に反応、南アルプス街道でも松茸の路上販売がありました。香りが強烈でしたが、立ち寄るときっと買ってしまうので、素通りしました。(イギリスでは「マッシュルーム」は安くておいしいので帰国後は日本のマッシュルームを食べたい!と思いつつ・・・)
その代わり、道の駅「しもべ」でぶどうを2房買って帰りました。私は果物はあまり食べないのですが、おいしそうに見えたので・・・

コースを新たなブログに記載しています。

投稿: hiro | 2006.09.28 22時33分

>南アルプス街道
むか~し、かれこれ25年前ですが、奈良田から広川原、夜叉神峠と通れました。(車ですよ)
温泉は、奈良田ですか。
これから、キノコや新米やら、秋の味覚が楽しめます。
良い時期に、帰って来ましたね。

投稿: 三振王 | 2006.09.28 22時55分

>むか~し、かれこれ25年前
私も20年くらい前、車で通りました。
初代インテグラでCopen同様、低い車高でトンネルの中の浸水部分を通るのが怖かった記憶があります。

明日から仕事。6時過ぎに家を出なければ・・・といいながらこの時間です???

投稿: hiro | 2006.09.29 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大代峠を越えて彼岸花 | トップページ | ナスカ展 »