« 入道雲と富士山 | トップページ | 秋晴れ富士 »

2006.09.09

富士川沿いを甲府駅へ

今日は、井川湖へと目論んでいました。
朝のレーダー情報で、南アルプスには雨雲がわんさか有るようです。
そこで、甲府駅ツーに変更です。
朝6時50分に出発です。
空気が重いです。
芝川町稲子辺りでは、路面が濡れていたりしています。

03_28
例のごとく、富士川沿いの県10号に続く、峠をいくつも越えて行きます。

05_24 
下井出の定点場所

09_22
甲斐大島近傍

11_19
和田峠を越えて、身延駅でトイレ休憩。

14_21
塩ノ沢辺りで、桜並木

16_20
波高島駅前を過ぎて、富山橋を渡り国52号へ出ます。9時35分

17_20
富山橋のガラス玉
車道は車で一杯です。
では、歩道に逃げます。
時々、段差でお尻に衝撃が伝わります。

18_17 19_15
新早川橋を渡り、コンビ二休憩です。
暑いから、無理なく走ります。
その歩道も、サーカスの綱渡り程の幅になります。
しょうが無いです。
車道の脇を走ります。
そんな脇を、猛スピードで、MTBが走り抜けます。

21_16 22_12 23_14
追いかけようとしても、早いです。
30kmは出ていそうですね。
でも、これに付いて行けば、甲府近くまで行けそうな予感です。

25_11 26_9
信号待ちとか道路の横断で、追いつくと。
な~んだ。
時々、一緒に走っている、京平さんでした。
ここで京平さんも、目的地を甲府駅に変更です。
私は、後を付いて行きますが、早いですね~。

28_8 29_5
富士橋を渡り、BPらしい新しい道を走ります。10時40分
富士川大橋を過ぎ、桃林橋の脇から笛吹川の土手を走ります。
でも、土手の下にCRらしき道が見えます。
下りれる所が有りません。

31_4
身延線の踏切を渡り、しばらく走れば下れました。

32_2
しかし、甲府盆地は暑いです。
それに、今日は真夏の陽気です。
散歩の人に、道を聞きながら先を進みます。

34_2
二川橋を渡り、荒川CRに下ります。

35 36
土手の下には、国358号が走ります。
私は、とりあえずCRを走りたくて、甲府駅を目指します。
一般道と合流する、荒川橋が目印です。
ここからは、甲府駅の標識で走ります。

37
大通りに出れば、否応無しに甲府駅です。

38
とりあえず、来年の大河ドラマの主役の前で記念写真です。11時55分
用事を済ませたら、氷、氷。
「小作の前に氷の看板があった」と、京平さん。
昼時ですが、お店は広いので座れました。

39
カキ氷と風林ランチです。
お水とお茶を何倍を飲ませて頂きました。
ボトルに、入れたい気持ちでしたが...。(入れていませ~ん)
帰りは、国52号は走りたく有りません。
午後0時40分、甲府駅前から、国358号を笛吹川まで走ります。
ところどころ、道脇が狭いので、歩道を走ります。

40
下曽根橋を渡り、国140号に折れます。

42
鰍沢や身延の案内を頼りに走ります。
県9号の割石峠を目指します。

44
でも、トンネルが有りました。午後2時5分
旧道は、トンネルの上を通っているようです。

46 
甲斐岩間を過ぎて、県9号で下部方面へ。

47
すぐに、鴨狩の小さな川沿いに道があります。

48 
隋道が現れ、その先の浄水場から登りです。
道なりに、アップダウンを走ります。

49_1
富士川橋の袂に出ますが、渡らずに広い道を行きます。

50
すぐに、三叉路があります。
ここを、右に入ります。(分からない時は、下部方面へ行きたいと聞く事)
林道のような道を行きます。
途中で、ゴミ処理場が有り、ここだけ減点です。

51
近藤商店の脇に出ます。

52
ここから、飯富橋を渡ります。午後2時45分
対岸には、コスモがあります。
国52号は、歩道を走りましょう。
途中で、朝に寄ったロウソンでアイス休憩です。
この先、新早川橋を渡り、国300号を下部温泉へ折れます。

54
午後3時10分、朝渡った富山橋を渡り、波高島駅へと出れば、もう大丈夫ですね。
ここからは、根性の富士川沿いの峠越えです。
泣きは認めません。
途中で、何回と休みを入れ、身延駅、内船駅、井出駅前を走ります。

55
午後3時半、暑さが安らいで来た、身延駅前。
ここでトイレ休憩です。
十島駅を過ぎて、最後の葛谷峠はきつかったです。午後4時40分
富士川橋に、午後5時20分に到着。
ここで、京平さんと別れます。
完走時間10時間30分、167km。

|

« 入道雲と富士山 | トップページ | 秋晴れ富士 »

コメント

いやぁ~井川は僕の好きな所ですから一回と言わずに何回も行って下さいよ~。

投稿: くりくり | 2006.09.09 22時42分

PSーどうも赤外線マウスに変えてから勝手にレスされたりして
PSで書き込みです。
僕が甲府まで初めて走ったのは清水からセミドロップハンドル・ワイド五段の変速機時代の小学6年の時です。
清水からですので、静岡県内は自転車が走りにくい国道52号線を往復でした。

投稿: くりくり | 2006.09.09 22時48分

井川湖は、今年の頭から考えていました。
でも、天候不順で行きそびれそうです。
来年の宿題ですね。

>小学6年の時です。
すごいですね~。
私は、この頃は焼津から大崩海岸線で静岡駅前松坂屋でした。
今でも、ロードの方は国52号を走っているようですけど、あそこは自転車は走れませんね。

>セミドロップハンドル
高校生の時に買って貰いましたね。

投稿: 三振王 | 2006.09.10 08時17分

昨日は残暑がことさら厳しかったようです。大変でしたね。
京平さんが三振王さんと甲府にいると聞いてビックリしました。
洞門のところで三振王さんに追いついたようですね。

帰りは対岸を走ったとのことですが、こちらの方がまだ走りやすかったみたいですね。

私が最初に走ったのは、もう10年前くらいですね。
道を知らないのでひたすら52号を行きました。宍原で転倒してゴアのカッパに穴を開けてしまいまして、それでも行きたい一心で走り続けましたが、恐いもの知らずでしたね。
身延から先は道も広くなりましたが、そこまでは工事中のところばかりでしたよ。

投稿: ひな | 2006.09.10 08時32分

新早川橋の先で、追い越されました。
洞門の所で、私が追いつきましたが。
その後は、京平さんの後ろを付いて甲府まで行きましたが。
早くて、付いて行けなかったのが事実です。
帰りは私のペースで走りましたが、アップダウンが有りますが、下り基調なので暗くなる前に帰りました。(私は)

国52号は、(10年前ぐらい)正月三が日に身延まで走った事が有りますが、トンネルは狭い暗い車が多いで、最近は県道しか走りません。

投稿: 三振王 | 2006.09.10 10時47分

昨日はありがとうございました。無事に帰宅しましたよ~
途中で寄り道をしたので、明るいうちにというのは無理でしたけど(^^ゞ

投稿: 京平 | 2006.09.10 14時42分

あんな所で、会えるとは思いませんでしたが。
地図係り(案内)を、ありがとうございました。
おかげで、明るいうちに帰れました。

投稿: 三振王 | 2006.09.10 19時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 入道雲と富士山 | トップページ | 秋晴れ富士 »