« ナスカ展 | トップページ | 新形式ツーレポ »

2006.09.30

平地ラン安倍川河口へ

最終回の「純情きらり」を、BSと総合で見終えました。
何となく来春に、2時間スペシャルを組めそうな終わり方でした。
そんな訳で、出掛けが遅くなりました。
平地ランで、心肺能力の維持です。
9時15分、西に向かいます。
目的地は、安倍川河口です。

01_33
長~い新富士川橋を渡り、

02_31
富士川河口へと堤防を走ります。
由比町に入る頃に、ぽつぽつ雨が落ちて来ます。
それでも、空は明るいです。

03_34
由比町の、国一号の自転車道に入ります。
興津川を渡り、興津から清水駅前を通り、海岸線へ向かいます。
いつものアバウト走行ですが、駒越西の交差点は、まだ工事中です。
久能海岸線の自転車道へ下りるのにも、そこまでが車が多いです。
次回からは、もう少し東側から自転車道へ入ろうか。

04_32
久能東照宮の鳥居が見えます。
路面も、年々荒れていますね。
砂が浮いている所は、通年です。
管理者は誰でしょうか。

05_29
大谷川の水門。
ここから、ポタリングの道が川沿いに伸びているようです。
そのうち、ポタします。

06_31 
この辺は、海岸線が残されています。
途中の自転車道のサインを、無視して直進します。

07_30
浜川沿いの、新しい住宅が並ぶ道を行きます。
新しいコースの開拓です。
大浜プールの入り口で、堤防に戻ります。
トイレ休憩。

08_30
ここまで、2時間弱。
信号待ちを考えれば、良いペースです。

09_26
安倍川河口は、すぐそこです。

10_27
ゆったりと、回っていました。

11_23
国150号の下を潜り、土手沿いの道を行きます。
車も通りますので、後ろに気を使いますが。

12_25
本山茶のタンクと、正面にロケットペンシルが見えます。
国一号の歩道を走ります。
段差も少なく、歩行者と自転車の標識もはっきりして、走り易いです。

13_25
駅に近づくに連れ、歩道も走りづらくなり、中心地へ折れます。

14_25
明日から施行される、禁煙区域のマークです。
通りだけですので、効果がどれくらい有るか疑問ですが。
通りから外れれば、禁止区間から外れます。
中心地から逃げます。

15_21
国一号沿いに走ります。
ここも、歩道ですね。
以前は、車道オンリーでしたが、最近は安全第一です。

16_24
草薙辺りは、車道と歩道の段差が無いので、走り易いです。
車道を走って、歩道へ逃げると云う事が出来ました。

17_23
清水へ近づくと、歩道もこんな感じです。
雨の日は、滑りやすいでしょう。
貼り付けて有るタイルも、少し浮いていて動いていました。
この後、大曲辺りまで、車道を走りました。
巴川沿いから、裏道を行きます。
袖師から下の国一号へ合流します。

18_21
横砂のローソンの肉まんで、帰りのエネ補給です。

19_19
興津川河口で、戯れる野鳥。

20_18
往路を走り、富士川河口で空を飛ぶ鳶。

21_18
あちこち、富士川の土手にも、彼岸花が咲くんですよね。
今日の帰りは、ロード+バックパックのツーリストを数名見ましたが。
かなり離れて走っていたが、どうも同じクラブのようでした。
自転車の画が出て来ませんね。
そんな訳で、表紙も入れ替えしません。
帰還午後1時55分、完走時間4時間40分、88km

|

« ナスカ展 | トップページ | 新形式ツーレポ »

コメント

またまたニアミスだったようですね(^^
久能、三保、清水を走ってました。
たぶん、久能山東照宮を見物している頃、海沿いを通過していたのでしょうね。

今日はあいにくの雨で残念でした。

投稿: ひな | 2006.10.01 11時15分

>ニアミスだった
もう、自転車に乗っているんですね。
東照宮には、ずっと登っていません。
静岡には、「おでんツー」の探索でしたが、空回りでした。
これからは、秋色を探しに走りま~す。

投稿: 三振王 | 2006.10.01 16時47分

>もう、自転車に乗っているんですね。
先週から通勤で乗り始めましたが、全く初心者のようです。
まだ下り坂は恐くて走れません。

10月7日(土)、8日(日)と第1回「静岡おでん祭」が静岡の中心街で行われるそうです。
おでんはひなにとっては、学校帰りに食べる「おやつ」でした。

投稿: ひな | 2006.10.01 17時08分

>静岡おでん祭
情報、ありがとうございます。
次回のB級グルメの上位候補ですね。
おでんは、駄菓子屋にありましたね~。
でも、こんにゃく、(黒)はんぺんぐらいでしたね。
自転車、気を付けて乗って下さ~い。

投稿: 三振王 | 2006.10.01 17時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ナスカ展 | トップページ | 新形式ツーレポ »