« 雷雲去って、富士山 | トップページ | 落車 »

2006.08.13

豊岡梅ヶ島林道で安倍峠へ

[お願い]
この記事を見て、安倍峠に出かけようと思ったあなたへ。
豊岡梅ヶ島線は、静岡市側が工事現場が有ります。
11月頃に終わるようですが、ここ2年半通行止めだったのに、新たに法面が剥がれていました。
工事中に、脇を通して貰えるほど、余裕の無い区間でした。
私は、かなり前から情報を得て、この時期なら行けると(お盆で工事が休む)判断して決行しました。
それから、かなりハードな林道です。
抜け道として、身延町から登って、工事区間だけ山道へ逃げる方法です。
実際、山道へ迂回するように、標識が有りました。
あくまで、自己責任での行動をしてください。
(注)11月3日に開通した、秋の安倍峠へに出かけて来ました。

[ここから、記事です]
ここ二年ほど、行きたくても行けなかった安倍峠へ行って来ました。
朝6時半、家から自走で、富士川橋を渡り県10号を富士川町、芝川町、南部町、身延町と富士川を溯上します。

01_21
身延町の大城入り口から、9時半に出発です。
水分は多めに積み込みます。

02_19
山の上の方は、雲が掛かっていますが、下界は太陽が照らします。
それでも、今日は気温低めです。

03_21 04_20
05_18 06_18
07_18
ゲートです。
ここから、登りもキツイです。
途中で、野生鹿に出会った後で、熊ブザーを忘れた事に気が付きました。

08_20 09_15
10_17 11_12
つづら折れで一気に、高さを稼いで山を回りこみます。
こんな具合に、何回かつづら折れを登ります。

12_15
上に行くほど、霧が掛かりますが、雨に降られる事は無かったです。

13_15
2年前に、途中で退散した所を過ぎ、まもなくゲートが現れます。
山梨県お得意の、真新しい黄色のゲートです。
この辺が一番辛くて、息が上がっていました。

14_14 15_11
安倍峠の旧峠も、上から眺めて良しとしました。
午後0時50分でした。
例の東屋のトイレ前で、エネ補給をしますが、美味しくもありません。
雨が降り出す前に、下に下り出します。

16_13 17_13
途中で、落石場所と工事現場が有りましたが、昔から要注意の所です。

20_11
梅ヶ島温泉の手前で、ゲートが現れます。

21_10
温泉街に下ります。
一息付いて、着ていたウィンドブレーカーを脱ぎます。
ここから、静岡市街まで42kmの標識が有ります。
多少のアップダウンは有りますが、安倍川沿いを下り基調で走ります。
しかし、市街までは遠いです。
考えて見たら、安倍峠を越えてから、強い向かい風でした。
第二東名が見え、やっと鯨ヶ池で蕎麦屋を見つけ店に入ります。
私の自転車を見て、「アメリカ車だね」と知識があります。
私が、「富士から来た」と言うと、店主は芝川町柚野の出身でした。
競輪選手も、店に来るようで、ちょっと立ち話に花が咲きました。
ここから、2時間ほどで富士へ帰還。
午後6時10分。
完走時間11時間40分、142km

|

« 雷雲去って、富士山 | トップページ | 落車 »

コメント

うひゃ~ この記事を見て私には当分ムリだと判断しました。
崩落の危険もそうですが、ちょっと登れそうもありません。

お疲れ様でした。

投稿: ひな | 2006.08.14 08時30分

T塚さんが、注意を喚起するくらいですからね。
三年前と、ほぼ同じ時間で登りました。(大城入り口から、3時間20分)
でも、ちょっと堪えました。
梅ヶ島からの方が、登り易いでしょうが、工事が再開されれば、行かない方が良いです。>ALL

投稿: 三振王 | 2006.08.14 12時04分

三振王さんお疲れ様でした。

6月に静岡側から、工事現場を無理やり通してもらったのですが、工事はさらに進んでいるようですね。

工事区間の迂回路となる登山道は、自転車で通れるのでしょうか。
いずれにしても工事が終わらないといけませんね。

投稿: T塚 | 2006.08.16 16時41分

T塚さんへ
一箇所の工事は、終わっていました。
ただし、昔から有る落石区間のコンクリートが剥離していました。
こちらは、7月28日から11月24日の工期となっていました。
来年の冬季閉鎖が、解除されれば通れるでしょう。
山道は、押しで下るのが、懸命でしょうね。

投稿: 三振王 | 2006.08.16 19時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雷雲去って、富士山 | トップページ | 落車 »