« 伊豆市の水田ツーリング | トップページ | 西伊豆山稜線 »

2006.06.04

村山道から田貫湖へオフ

ころころ変わる、週間予報を見ながら開催出来ました。
村山道から村山浅間神社へ。

01_11
集合場所は、富士川橋東。
参加者8名、全員そろった所で出発です。
雁堤から鷹岡へ。
入山瀬駅から国139号を渡り、万夫川沿いに登ります。
やがて、釈迦堂へ。
ここを左折して行くと、村山道です。
Fjirouさんプチ参加でしたが、ここで離脱です。
7名となり、斜めに登って行きます。

02_11
最初の村山道の道しるべが有りますが、見えますか~ぁ。
ここは、地面に埋もれていて、頭だけ出ています。
さらに、登りです。

03_11
茶畑があったり、田畑が広がったりします。
富士山の溶岩の上とあって、水田は有りません。

04_10
古道らしい所も出て来ます。
途中で、男坂と女坂と別れます。
女坂を選んだのは、私とmcberryさんだけ。

05_10
皆さん、合流点で待っていました。

06_9
さらに登り、横沢の道しるべへ。
ここからは、激坂です。
最後に登り始めて行けば、村山への入り口です。

07_9
ここが、タイムトンネルに見えます。
村山浅間神社では、大銀杏やら昔の富士講の名残など見ます。

08_9
集合写真も撮ったりして。

09_7
県72号で白糸の滝方面へ走ります。
今日は車が少ないです。

10_6
途中で、こんなオブジェを紹介。
ぜひ、捜して見てください。
白糸の滝を通り過ぎ、県414号で田貫湖方面へ。

11_4
木々に覆われた雰囲気の中を、猪野頭へ走ります。

12_7
陣馬の滝まで行きます。
ここが、折り返し点です。
復路は、猪野頭のキャンプ場への道を走りますが。
コンクリート舗装が、石畳状でハンドルに衝撃が伝わって来ます。

13_7
三叉路を左に折れれば、沈下橋ならず沈下道です。
皆さん、愛車を濡らすまいと担いで渡ります。

14_6
小田貫湿原の横を過ぎて、田貫湖へ。
もう、何回と走っているコースですが、初めての方もいるのです。

15_7
富士山は見えませんが、田貫湖の休暇村の前でも集合写真。
そろそろハンガーノック気味で、ブーイングが出そうなので昼食予定場所に向かいます。
下り基調ですが、時々登り返しも有ったりして。

16_7
下馬桜の井出邸に寄り、走り出します。
私の、定番の所です。
蕎麦飯3人、ミックス焼き蕎麦大盛り4人でした。

17_7
お腹も、お店もまんぷくです。
それでも、佐野牧場のソフトに寄ったのは、暑さの所為だけではありませんが。
お客の年配者が、自転車に見とれ、「いくら」とか、「重さは」とか質問が飛んでいました。

18_5
一息付いた所で、芝川町袖野経由で下ります。

19_5
20_5
すっかり苗も伸びた、稲田の横を下って行きます。

21_5
途中で、勧めポイントで撮影です。

22_5 
富士山も、少し見えましたが。
ここから、走ります。
芝川中学前から、バボイさん離脱です。
6名となって、芝川駅前を過ぎ、県10号へ合流です。
車が多い時は、ちょっと速めの速度の方が安全です。

23_5
富士川町へ入り、楽座でトイレ休憩。

24_4
富士川橋袂で、清水方面自走の2名、河川敷へ車輪行3名と別れます。
最後は、私だけが富士川橋を渡り帰還でした。74km
参加者
M@焼津さん、TA@沼津さん、Fjirou@富士さん、mcberry@清水さん、バボイ@富士さん、nanasuke@伊豆の国さん、仁科@清水さん、三振王

|

« 伊豆市の水田ツーリング | トップページ | 西伊豆山稜線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆市の水田ツーリング | トップページ | 西伊豆山稜線 »