« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006.06.25

DVDドライブが認識されない

実家のパソコンのDVDドライブが、デバイスマネージャーで認識されなかった。
今日は、実家に行って来たので、DVDを元のドライブに付け替えてから、これでレジストリをいじったら、見事認識しました。
原因を作った本人は、海外に逃亡中なので、帰国後に請求したいです。

| | コメント (0)

2006.06.24

梅雨の合間の峠三昧

朝起きたら、日が差しています。
いつものように朝食を摂り、8時過ぎに出ます。

01_14
国一号の新富士川橋から、蒲原へ。
告知したあった堤防上には、誰も居ないようです。

03_13
そのまま、海岸線を走ります。
由比町に入り、旧国一号の入山入り口から、県76号に入ります。
由比川沿いに走ると、やがて勾配がキツメの坂が現れます。

04_12
さらに、入山の小学校を過ぎて、造り酒屋英君の白い壁。

05_12
道は広いですが、ずっと登りです。

06_11
やがて、道幅が狭まると由比町の大城。

07_11
ここで、後ろから清水のニシナさんが、追い越して行きます。
私が「峠で待っていてね」と声を掛けます。

08_12
桜の木の葉は、深い緑です。

09_9
つづら折れの向こうには、浜石岳からの稜線が見えます。

10_9
やがて切り通しが現れます。

11_6
大代峠です。
ニシナさん、木陰で休んでいました。
しかし、今日は夏の日差しと気温です。
タオルで汗を拭きながら、水分も多めに摂ります。
ニシナさんは、松野から芝川町経由、国52号で清水へ帰るようなので、

12_9
松野まで一緒に下ります。
(結局ニシナさんは、内房から大晦日経由で、再び由比町へ戻ったようです)

13_9
松野のセブンの交差点で別れます。

14_7
私は、真っ直ぐに蓬莱橋を渡り、沼久保へ走ります。

17_8
沼久保の水田。
沼久保からは、県29号で富士宮市街へ。

18_7
身延線と並走すれば、下りです。
県182号に交差した所で、自販機で給水です。
冷たい缶ジュースが美味しいです。
チサンゴルフ場目指して、登ります。

19_6
身延線の踏切を渡ると、ちょうど特急富士川が通ります。
この道は、結構車が多いです。
木陰を捜しながら、登ります。

20_6
木々の中を出ると、三叉路が見えます。
袖野峠です。

21_6 
別れ道には、道しるべが立っています。
ここから、もうちょっと登り、芝川町へ入ると下ります。

23_6
大鹿窪からの水田が好きです。
この先、県75号で袖野方面へ向かいます。

24_5
三澤寺前の用水路沿いの紫陽花が、まだ咲いていました。
袖野支所前でトイレ休憩。

25_4
国469号から、桜峠へ登ります。
ここも木々の中を、木陰を捜して登ります。

27_3
やがて、すっかり木々に覆われた桜峠です。
ここからは、稲子へ下ります。

28_2
竹が多い芝川町ですが、この時期の竹は黄色くなっています。

29_1 
稲子川に架かる日向橋。
ここまで来ると、ちょっと寄り道です。

30_1
平維盛の墓の棚田です。

31_1
ちょっと、棚田面積が狭いですが、定点地点です。
稲子小学校近くの、自販機でも給水です。

32
稲子川沿いを下ります。
ちょっと向かい風が強いですが、気持ち良いです。

33
やがて、富士川との合流地点。
一気に川幅が広がります。
この先、芝川駅近くから県10号線で富士川町へ。

34
第二東名の影も夏模様です。
午後0時15分、帰還。62km
初半袖、初短パンで、日焼け後が赤いです。

| | コメント (0)

2006.06.22

安倍峠は遠い

昨日、林道情報を確認したら、豊岡梅ヶ島線の梅ヶ島側の開通が10月に変更されていました。
先日の大雨が、影響しているのかも知れませんが。
ただし期間が、「とうぶん」の表示で無いので、秋には開設でしょう。
夏の安倍峠は、秘策の案で行こうとも考えています。
とうぜん、工事中のおっちゃんにも会わずにですが。

| | コメント (0)

2006.06.14

西伊豆山稜線

今日も天気予報と睨めっこして、平日休みを取って走って来ました。
西伊豆山稜線です。
午前7時10分、今日も富士から、海岸線を自走で。
千本公園を過ぎて、八重坂を越えて狩野川沿いを走ります。
前回の国士越の時の、復路を走ります。

01_13
狩野川の土手は、草刈が行われていて、江間辺りは水田が絡んで綺麗です。
土手沿い、車道を乗り変えて、修善寺の橋を渡ります。
狩野川右岸の県349号を走ります。

02_12
ここでも、日向辺りの水田がお勧めです。

03_12
もくもくペダルを漕ぎ、湯ヶ島へ入ります。
ここからは、持越川沿いに走ります。
と言うより、登ります。

04_11
温泉街を過ぎて川沿いの集落が終われば、中外鉱業の異様な建物が目に入ります。

05_11
中外鉱業の最後の自販機で一杯やります。
もちろん、ジュースですよ。

06_10
以前は林道だった道も、県59号に格上げです。
新緑も終わり、深い緑色が回りを囲みます。
ゆっくりと漕ぎます。
今日は、フロントインナー26×30で登って行きます。
息も上がらずに、たまに景色の良い所で止まりますが、すぐに走り出します。
やがて、谷の向こうに道が見えます。

07_10
広々とした交差点の、風早峠です。
ここから、10%の坂を登り、仁科峠まで行きます。

08_10
4度目の仁科峠です。
ちょうど、日が射して来て、コンビニお握りでエネ補給しながら休みます。
再び、風早峠に下り、その反動で登り返します。
すぐに失速しますので、無理無くギアを下げます。
日が射して来ると、暑いです。
曇っていた方が、走り易いです。
どうせ、下界が霞んでいますから。

09_8
下り基調で、船原峠の交差点へ。
ここから、達磨山の最高点900mちょっとを登り返します。
ここからも、ゆっくりと登ります。

10_8
途中で、何箇所か展望場所や駐車場が現れます。

11_5
達磨山が正面に見えます。
ここから見るのが、いかにも山稜線を走って来たと実感します。

12_8
後ろから音が聞こえて、ちょっと驚くとローディーが挨拶して通り過ぎます。
後ろを着いて行きますが、登りが速いです。
先を考えて、無理無くマイペースに切り換えです。

13_8
達磨山を回り込み下れば、やがて戸田峠です。
ここから、金冠山トンネルから下りようとしたが、工事迂回の看板が見えます。
ここは、戸田側に下り真城峠経由に作戦変更です。
ビュンビュン下ります。
標識は11%です。
ずっと、11%です。

14_8
一度だけ、真城峠経由で戸田峠に登った事が有りますが、地獄の仕打ちです。
逆なら、何とかなりますが。
古宇口から真城峠へ登り返しです。
途中で、拡張工事が盛んに行われていて、将来は大型車が通れるかも知れません。

15_6
真城峠周辺も、広々として綺麗です。
ここから、西浦の海に下ります。
ペダルを漕がないと、足の筋肉が変です。

16_8
海岸線を走り、木負の食堂に寄ろうとしたら、準備中でした。
時間も午後3時を過ぎていましたしね。
三津のコンビニで冷やし蕎麦で、家までのエネ補給です。
国414号は、気を使いますが、抜ければ裏道で沼津港です。
自販機で最後の補給を済ませ、千本公園から堤防上を走ります。
斜め前からの風です。
21km程で、心臓のバクバクを押さえながら走ります。
時間も遅くなって来たので、田子の浦港からショートカットです。
ちょっと、サノさんの店に寄り、裏道で家に帰還です。
午後6時15分。
156km、完走時間11時間5分。

| | コメント (0)

2006.06.04

村山道から田貫湖へオフ

ころころ変わる、週間予報を見ながら開催出来ました。
村山道から村山浅間神社へ。

01_11
集合場所は、富士川橋東。
参加者8名、全員そろった所で出発です。
雁堤から鷹岡へ。
入山瀬駅から国139号を渡り、万夫川沿いに登ります。
やがて、釈迦堂へ。
ここを左折して行くと、村山道です。
Fjirouさんプチ参加でしたが、ここで離脱です。
7名となり、斜めに登って行きます。

02_11
最初の村山道の道しるべが有りますが、見えますか~ぁ。
ここは、地面に埋もれていて、頭だけ出ています。
さらに、登りです。

03_11
茶畑があったり、田畑が広がったりします。
富士山の溶岩の上とあって、水田は有りません。

04_10
古道らしい所も出て来ます。
途中で、男坂と女坂と別れます。
女坂を選んだのは、私とmcberryさんだけ。

05_10
皆さん、合流点で待っていました。

06_9
さらに登り、横沢の道しるべへ。
ここからは、激坂です。
最後に登り始めて行けば、村山への入り口です。

07_9
ここが、タイムトンネルに見えます。
村山浅間神社では、大銀杏やら昔の富士講の名残など見ます。

08_9
集合写真も撮ったりして。

09_7
県72号で白糸の滝方面へ走ります。
今日は車が少ないです。

10_6
途中で、こんなオブジェを紹介。
ぜひ、捜して見てください。
白糸の滝を通り過ぎ、県414号で田貫湖方面へ。

11_4
木々に覆われた雰囲気の中を、猪野頭へ走ります。

12_7
陣馬の滝まで行きます。
ここが、折り返し点です。
復路は、猪野頭のキャンプ場への道を走りますが。
コンクリート舗装が、石畳状でハンドルに衝撃が伝わって来ます。

13_7
三叉路を左に折れれば、沈下橋ならず沈下道です。
皆さん、愛車を濡らすまいと担いで渡ります。

14_6
小田貫湿原の横を過ぎて、田貫湖へ。
もう、何回と走っているコースですが、初めての方もいるのです。

15_7
富士山は見えませんが、田貫湖の休暇村の前でも集合写真。
そろそろハンガーノック気味で、ブーイングが出そうなので昼食予定場所に向かいます。
下り基調ですが、時々登り返しも有ったりして。

16_7
下馬桜の井出邸に寄り、走り出します。
私の、定番の所です。
蕎麦飯3人、ミックス焼き蕎麦大盛り4人でした。

17_7
お腹も、お店もまんぷくです。
それでも、佐野牧場のソフトに寄ったのは、暑さの所為だけではありませんが。
お客の年配者が、自転車に見とれ、「いくら」とか、「重さは」とか質問が飛んでいました。

18_5
一息付いた所で、芝川町袖野経由で下ります。

19_5
20_5
すっかり苗も伸びた、稲田の横を下って行きます。

21_5
途中で、勧めポイントで撮影です。

22_5 
富士山も、少し見えましたが。
ここから、走ります。
芝川中学前から、バボイさん離脱です。
6名となって、芝川駅前を過ぎ、県10号へ合流です。
車が多い時は、ちょっと速めの速度の方が安全です。

23_5
富士川町へ入り、楽座でトイレ休憩。

24_4
富士川橋袂で、清水方面自走の2名、河川敷へ車輪行3名と別れます。
最後は、私だけが富士川橋を渡り帰還でした。74km
参加者
M@焼津さん、TA@沼津さん、Fjirou@富士さん、mcberry@清水さん、バボイ@富士さん、nanasuke@伊豆の国さん、仁科@清水さん、三振王

| | コメント (0)

2006.06.02

伊豆市の水田ツーリング

週間予報を見て、今日は仕事休みました。
思ったより、天気が悪そうです。
でも、暑くはなりそうも無い見たいです。
昨夜まで、何処へ行くか悩んで、今朝に決めたのは、伊豆市の沢口の水田。
そして、国士越を越えて湯ヶ島へ。
何処かで、聞いたようなコースですが、だましのしまださん企画の伊豆ツーオフのコースです。
ただし、伊東から沢口峠は越えず、修善寺から登って水田を見て引き返しました。
自走で、朝7時前に出ます。
海岸線を、沼津の千本公園、さらに海岸線を口野から三津へ。
三津坂随道を過ぎて、伊豆長岡から修善寺へ。
県12号を登って行き、馬場沢橋から冷川沿いに走ります。
先日の記憶が逆転しながら蘇ります。

01_12
狭まる谷の中で、水田の苗が風になびいています。

02_10
水田が有ると思われる、一番高い所まで登ります。
ここで、引き返します。

03_10
それでも、景色が変わり、あちこちデジカメが活躍します。
馬場沢橋まで戻り、県59号に入ります。
道幅は広いけど、車は少ないです。
貴僧坊から、大見川沿いに登ります。

04_9
05_9
筏場で休憩です。
山葵田が広がる景色が見応え有ります。
ここから、ちょっとキツメですが、フロントインナーが活躍します。

06_7
木々の上の方が、開けて来ると国士越(峠)です。
ここから、湯ヶ島へ下りです。
国414号に下り、県349に入った所で、ラーメン屋に入りました。
店主は鮎釣りに使う、タモを作っていました。
この辺は、鮎関係も副業としているようです。
それより、冷たい麦茶が美味しく3杯飲みました。
狩野川沿いを修善寺へ。

07_8
途中で、例のお勧めスポットでデジカメ休憩です。

08_8
修善寺に近づくと、道の両脇に水田が広がります。
ここからさらに、狩野川沿いを沼津へと走ります。
車道がメインですが、時々土手を走ります。
でも結局、車道で八重坂峠を越えて、千本公園へ戻りました。
しかしここまで、ずっと向かい風。
さらに堤防には、心地よい西風が待ち受けていました。
暑い時には、向かい風も良いですが、ずっとだとツラかったです。
堤防上では、ずっと21kmぐらいの巡航でした。
家の近くで走行距離は、152km。
家まで、4kmだから、あと4km家の近くをぐるぐる走りました。

100mile
久しぶりの、100マイル(160km)。午後5時5分
完走時間10時間20分ほど。
日曜のオフ会に、走れるか心配です。

| | コメント (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »