« 〔突発〕水田オフ | トップページ | この夏は、安倍峠へ »

2006.05.21

湯之奥猪之頭林道

19日から山梨県の林道の、冬季閉鎖が解除されました。
そこで、湯之奥猪之頭林道へ出掛けて来ました。
山梨県の林道の多くは、通年閉鎖では無くて、冬季が開ければ解除されます。
それを無視して入って、工事関係者に会うと通してもらえない事が有ります。
自転車には、通してくれないとツライので解除を待っての出陣です。
午前7時50分、今日は、鷹岡から向かいます。
富士宮市に入ると、国139号の歩道部で走ります。

01_10
富士宮駅前を過ぎて、噂の大鳥居の前を過ぎます。
西富士宮駅前から、登りを感じるようになります。
早めに、コンビニ補給です。

02_9
まずは、青木坂。
ここを登れば、上条へ。

03_9
さらに、雌橋(めんどりはし)からの坂。
夏の時期に、この坂を見ると地獄です。
無理をせず、スローでペダルを漕ぎます。
朝日滝橋で、一息。
白糸の滝近くから、田貫湖方面へ向かいます。

04_8
猪之頭へ入ると、山の上にはパラセイダーが飛んでいます。
今日は、いつもの入り口とは違い、陣馬の滝から入ります。30km

05_8
ここで、トイレ休憩も済ませます。午前10時10分

06_8
路面は悪いですが、雰囲気は良いです。

07_7
いつもの道と合流して、林道入り口です。
熊注意の看板も有ります。

08_7
フロントインナーに切り換えて、新緑の中を登ります。
始めは富士山に背を向けますが、行く手の中で富士山が見えるようになります。

09_6
上空を飛ぶ、パラセイダーが飛んでいます。

10_7
下の飛び出し点の真下で、しばらく景色を堪能します。
富士山は、見えませんが。
ここから、上の飛び出し点までが、さらにキツイ坂です。
ゆっくり、ペダルを漕ぎます。

11_3
最後のつづら折れを曲がると、
上の飛び出し点です。

12_6
ちょうど、テイクオンの順番を待っていました。

13_6
テイクオン。
うまく、飛び出しました。
ここまで登ると、トンネルはすぐそこです。

14_5
定番の所で、一枚。

15_3
富士山が見えないと、物足りないです。午前11時40分

16_6
一応、トンネルからも。
トンネルからは、反対の湯之奥側の明かりが見えます。

17_6
湯之奥側の、この雰囲気が好きです。38km

18_6
トンネルの周辺も、新緑です。

19_4
緑の中を下ります。

20_4
斜面に、張り付いた道が見えます。

21_4
22_3
下って行くに連れて、陽射しが強くなります。

23_4
湯之奥に近づいた所で、ザックを背負った方が見えました。
てっきり、歩いて峠を越えるのかと思ったら、毛無山への入り口を確認に来たようです。
ちなみに、市川大門の方でした。

24_3
ついでに、私も撮って頂きました。

25_3
ここから、すぐに湯之奥の真上に出ます。午後0時45分
さらに、一走りして下部温泉街へ入ります。

26_3
「しもべおんせんまつり」でした。

27_2
下部駅まで下ります。52km、午後1時丁度
ここからは、富士川左岸の県10号線で走ります。
身延駅前で、昼食。
内船駅で、水分補給。
今日は、コースが短かったようで、家までで96km。
周辺を回って来て、100kmです。午後4時丁度
完走時間8時間10分。

|

« 〔突発〕水田オフ | トップページ | この夏は、安倍峠へ »

コメント

三振王さん、おはようございます。

いつも長距離走行さすがですね。

私の週末は、50キロ足らずのポタリングです。
しかも平坦な道ばかりです。

「村山道から田貫湖へ」80キロ超えそうですが、
日程があえば参加させて下さい。

足手まといにならないよう頑張ります。

投稿: 焼津市 M | 2006.05.22 06時44分

>長距離走行
金欠気味で、自走で行ける所を走りました。

>日程があえば
メールしました。
宜しくです。

投稿: 三振王 | 2006.05.22 19時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 〔突発〕水田オフ | トップページ | この夏は、安倍峠へ »