« 初夏の富士山 | トップページ | 新緑のヤビツ峠へ »

2006.04.23

06年伊豆ツーオフ

一日目
過去3年行われている、だましのしまださん企画の伊豆ツーに参加して来ました。
01_5
集合は伊東駅。
早めに着いて、缶コーヒーで一服して神奈川組の到着を待ちます。
新しい自転車を肩に掛けたしまださん、ロボさん、シロさん、にやりさんが到着です。
荷物が多いので、組み立てに時間が掛かります。
02_4
走り始めると、いきなり結構な坂が始まります。
海抜0mからの、登りですから。
03_4
その代わり、下界の景色が良くなるのは、近くの野田山と同じです。
景色が良くなれば休みながら、そのうち着く筈の峠に到着です。
04_4
沢口峠。
三叉路の峠です。
中伊豆側に沢口の集落が有るので、そうじゃ無いかと云われるようです。
05_4
ここから、新緑が映える中を下ります。
06_3
07_3
30
田起こしがされている、田んぼが見えます。
後ろからのバイクの音に、怯えながら走ります。
頭の上を、スカイラインが走っているからです。
08_3
31
途中で、峠の茶屋を見つけて、昼食です。
まったりと休んで、
09_2
再び走ります。
冷川に下り、八幡から地蔵堂を目指します。
10_2
万城の滝へと向かい、地蔵堂から筏場へ行きます。
12_2 
水が張られた稲田が有ります。
13_2
大見川沿いに走ります。
14_2
ワサビ田が下に見えます。
15_2
16_2
さらに登ると、筏場一番のワサビ田が現れます。
ここから、激坂を登ります。
その後は、黙々と登ります。
谷側は開けて、頭上も空が見えます。
旧行政区の標識の柱が見えました。
17_2
国士越です。
名勝国士峠の柱が、立てられていました。
成長した杉の木が無ければ、富士山が見えるのかも。
ここから下りです。
18_1
ウィンドブレーカーを、着込んでも寒いです。
19_1
峠を越えたと有って、余裕のポーズです。
国414号に出て、湯ヶ島温泉です。
宿に着く前に、ちょっと観光スポットへ。
20_1
出会い橋です。
ここで、しまださんとシロさんがモデルとなって、ロボさんが盛んにシャッターを押していたようです。
21_1
三吉の宿に、到着です。
夕食は例にもれず、ビール2本を空けました。(5人で)
風邪気味の私は、早々に布団に入りました。36km

二日目
雨の予報でしたが、朝起きたら路面は白いです。
とりあえず朝風呂へ。
お風呂から出て来たら、ポツポツ降りだし路面が黒く変わりました。
朝食の後、チェックアウトを済ませ、しばらくロビーで時間を潰させて頂きます。
11時前に重い腰を上げます。
各自、雨具を着こんで出発です。
ここからは、私が先頭です。
国414号から、狩野川右岸の県道へ逃げます。
この道は、過去二度ほど修善寺駅から登って来た事が有るので、所々で絶景ポイントで歩みを止めます。
22_1
天城ドームの近くで。
23_1
24_1
旧修善寺町、湯ヶ島町境で。
修善寺駅から、温泉街へ登ります。
25_1
独鈷の湯の見える公園へ、自転車を止めます。
26_1
27_1
以前、ニイエさんから教わった散策道を、歩いて行きます。
甘味所でお汁粉を飲んだり、温泉饅頭を食べたりして。
再び、修善寺駅へ。
28_1
輪行の支度を済ませます。
丁度、東京方面への特急が止まっていたので、神奈川組はそれで帰る事にします。
29
私は特急を見送り、その後の各停で一人寂しく富士へ。20km
また、宜しくお願いします。

|

« 初夏の富士山 | トップページ | 新緑のヤビツ峠へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初夏の富士山 | トップページ | 新緑のヤビツ峠へ »