« 瓜島林道 | トップページ | 嵐が去って »

2006.03.12

花沢の里から宇津ノ谷へ

花沢の里から鞍掛峠を越えて宇津ノ谷へ。
何箇所か有る内の、私の秘蔵コースです。
オフ会として参加表明は、8名。
焼津駅集合で輪行は5名。
TAさん、Tさん、ハーモニーさん、Fjirouさん、私。
出来るだけ分散して乗車して焼津駅に着く。
組み立てて居ると、さらに清水のNさんがドタ参。
焼津のMさんと合わせて7名で、花沢の里へ向かいます。
01s_
今朝濡らしたばかりの、路面が光ります。
花沢の入り口で、品川ナンバーの観光バスから吐き出されたお客さんが、トイレ順番を待っています。
これ幸いと、先を急ぐ。
ここで、ひなさんと京平さんが合流。
02s_
03s_
喧騒の前の、静けさが残る長屋門の家並みの中を、登って行く。
04s_
自家製パンの無人店で、ひなさん、シフォンパンを買います。
私も、買いました。
フロントインナーで、激坂に取り付きます。
05s_
つづら折れで一登りすると、景色が良くなります。
06s_
緩んだ坂に、フロントセンターにして、さらに登って行きます。
07s_
しんがりを勤める、ハーモニーさんです。
その横は、写真担当のFjirouさん。(写真担当は嘘です)
08s_
茶畑のつづら折れを登ると、
09s_
鞍掛峠です。
10s_
ここで、初めての人も居たので、簡単な自己PR。
11s_
峠の向こうは、茶畑と満願峰。
一気の、下りになります。
12s_
Nさんドロップハンドルで、姿勢が決まりますね~。
路面の木々に、気を付けながら下ります。
13s_
途中で、梅が満開です。
登った以上の、下りの長さを感じながら、
14s_
廻沢の集落です。
国一号を横切り、
15s_
宇津ノ谷へ登り返しです。
16s_
切り通しの前で、皆さん感慨深げです。
17s_
明治のトンネルです。
オバケトンネルと云われましたが、今は観光化されています。
18s_
宇津ノ谷側で、集合写真。
19s_
宇津ノ谷の部落が、狭い道を挟んで並んでいます。
20s_
階段に、建ち並ぶ家並み。
21s_
羽織屋。
22s_
部落の出口で、昼飯の予約を入れます。
席を確保して、走り出します。
23s_
丸子川沿いの自転車道を、河口に向かって行きます。
24s_
安倍川を渡り、海岸線へ。
ちょっと戻り、着いた所は、
さんぺ~です。
25s_
では無くて、なみへい食堂です。
店内は、大口客が半分を占めていて、私達で満員となりました。
26s_
頼んだのは、特上なみへいオムライス。
1260円。
腹一杯です。
動けません。
店の外に出ると、今日一番の雨の降り方です。
皆と相談して、予定通りに清水へ向かいます。
ここで焼津に帰るMさん、静岡市街へ帰るひなさん、京平さんとも、お別れです。
27s_
6名で、海岸線を走ります。
追い風に乗り、ハイペースで。
途中で、清水のNさんとも、お別れ。
28s_
残る、5名で清水駅へ、最近覚えた自転車道を使います。
でも、段差が多く、好きでは有りません。(私は)
清水駅から輪行する、TAさん、Tさん、ハーモニーさんとお別れです。
Fjirouさんと、旧国一号、興津から国一号自転車道を走り、新蒲原駅前で別れます。
私は、家まで自走で帰還。69km

|

« 瓜島林道 | トップページ | 嵐が去って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 瓜島林道 | トップページ | 嵐が去って »