« 内房から大晦日へⅡ | トップページ | みんなで走ろうか »

2006.02.19

塩の道の峠

由比町から芝川町へ抜ける塩の道に、名無しの峠が有る。
由比町から県76号を大代峠に向かう。
tyousi
途中で、銚子口の滝の標識で、坂を折り返す。
桜野沢川沿いに登ると、切り通しの峠に出る。
touge
これは、北から見た峠。
一登りすると、屋根が倒れた祠の下で、
sekihi
jizouson
お地蔵損が手を合わせていた。
顔の右側と、両手は修復の痕が痛々しい。
batou
右横には、馬頭観音。
daimoku
左横には、題目塔が有る。
峠を越えて、廻沢へ下りて行く。
yui
途中で、芭蕉天神宮と由井の道しるべが現れる。
ohkaya
これから見ても、旅人は大晦日の大榧の下で休んだ、謂れがなっとく出来る。
takatoh
道しるべには、信州高遠が刻まれている。
たぶん、内房から身延道を通じ、行き来したのだろう。
(私の憶測です)
megurisawa
今の道は、内房の廻沢橋に出る。

|

« 内房から大晦日へⅡ | トップページ | みんなで走ろうか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 内房から大晦日へⅡ | トップページ | みんなで走ろうか »