« 馬坂峠 | トップページ | 寒中走りで清水港へ »

2006.01.04

初乗り大代峠へ

昨日の予報も外れて、曇り空。
寒そう。
でも、風は無いし、富士山が見える。
大代峠まで一走りして来ようと、身支度をして出た時は10時過ぎ。
途中、馬坂峠に寄ったりして、秀村医院の信号機を曲がる。
釣堀の横を過ぎる。
こんな天気でも、お客さんが居る。
狭まる道からペダルに力が入る。
デジカメを構える暇も無く、
01
荒澤不動尊の前へ。
タイヤを戻した所為か、フロントセンターで漕げる。
02
この先、最小幅区間。
汗が、吹き出て来る。
03
下平の集落。
振り返れば、富士山の頭。
031
道が広くなり、つづら折れを登る。
さらに、つづら折れを登ると、
04
真っ直ぐに道が峠に向かう。
05
曇り空に、富士山が見える。
ここは、切り通しの峠で、
06
間からは富士山が見える。
体の前をしっかり閉めて、由比町側に下りる。
07
ヘアピンも、一枚に納まる。
08
由比川の対岸に、浜石岳が見える。
09
由比町の標識。
こちらが、大代(おおじろ)で、向こうは大城(おおじろ)。
10
静岡ミカンジュース。
ぐんぐん、下りて行く。
11
室野橋の先で、左に登ります。
前に来た事が有るので、記憶を頼りに行く。
始めは、一気の登り。
登った所が、大門の部落。
12
東山神社の幟。
13
その前に、釈迦堂。
14
その前に、土俵。
使われているかな。
15
大門の道を、ゆっくり登って行く。
先程の、広い道に合流する。
16
海岸線が開けて、由比港から三保方面が見える。
17
若干のアップダウンで、高山大橋が現れる。
ここからも、海が良く見えるが、
18
こっちの方が、私は好きです。
19
老ノ原橋。
この先は、農道の工事中で右に下りて行く。
左は、高山への登山道となり、途中で行き止まり。
20
木々の中や、
21
ミカン畑の中を下る。
22
農道の中の隋道。
出口側が、落石注意となっています。
23
秋葉山の看板が有る。
24
蒲原の町が、近くに見え始める。
25
秋葉山の幟が立てられていて、例祭が行われているようだ。
26
東名高速沿いに下がり、
27
県396号に出た。36km

|

« 馬坂峠 | トップページ | 寒中走りで清水港へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 馬坂峠 | トップページ | 寒中走りで清水港へ »