« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006.01.28

日本平から三保半島へ

先週に行こうと思っていた日本平へ、富士山が見えていたので出かけました。
富士川のダンプ道から、新幹線沿いを走る。
JR東海道線の南側を行き、
01
富士見橋の下で振り返るとグッドタイミングで特急東海。
新蒲原駅前から、県道に出る。
蒲原町と由比町の境で、
02
桜えびの赤いのれん。
行きは、由比の宿はパスして、
03
国一号のガードレールの中。
興津川を渡り、下の国一号を走る。
清水の街の道路工事も終わり、
04
白線引きが行われていた。
線路の南側に出てから、まずは日本平へ。
定かで無い記憶をたよりに、
05
日本平スタジアムへ取り付く。
06
日溜りは、空気までが暖かい。
07
時々、現れるカーブ。
08
うまく道が、回り込んでいると富士山。
09
急カーブ、急カーブ、急カーブ。
登りでは、関係有りませんが。
10
頂上の、アンテナが見えます。
ここまでフロントセンター、リアは2枚残して、36×26で。
最後の茶畑が左右に広がる所が、ちょっとキツイ。
メーターの12km程の数字が、10kmを割る。
11
何とか足つき無しで、駐車場に到着。
5.2km、270m。
12
ぱっぱっと、デジカメを撮り、トイレを済ませ下り出す。
13
14
15
下りは、富士山を撮りながら。
ここから、三保の先まで自転車道で行きます。
かなりアバウトに走り、自転車道に合流。
羽衣の松の辺で途切れますが、再び自転車道へ。
16
松林と海岸線と富士山。
観光写真みたいですが、お決まりです。
17
さらに、セスナと。
18
さらに、フェリーと。
もっと有りますが、割愛。
三保文化ランドから帰ります。
今年も応援します。
19
エスパルス。
20
旧三保駅で、コンビニで買ったハンバーガーを食らい付く。
ちょっと、寂しいですが。
自転車にはやさしく無い道を、清水駅へ目指します。
21
それでも、伊豆では見逃した菜の花が綺麗です。
自転車道が途切れそうになった所で、先導役の女子高生の後を走ります。
画は、載せません。
巴川の河口から裏道へそれて、清水駅近くへ。
ここまで来れば、往路を由比の宿の中、蒲原の海岸線を走り帰還。
西に出掛ける時の、いつものパターン。87km

| | コメント (0)

2006.01.22

一走り、大代峠

昨日の雨で、日本平へと登って富士山と思っていたが、朝から曇天。
目的地を、大代峠へと変更。
楽座で、ペットボトルを補給して、
01
たまには旧県道へと入る。
最近まで、ここをダンプが走って、自転車乗りは恐い思いをしたが。
いつもの、コンビニセブンを曲がって行く。
02
ゆったりと、ペダルを漕ぎ荒澤不動尊へ。
03
先で道が狭まり、下平の集落。
05
二度の、つづら折れを登る。
06
峠からの、富士山は雲の中。
07
昨日の雪が、少~し残る。
ここで、長老と会う。(別スレの旧大代峠を参照)
由比町側へ、下りる。
体を突き抜ける、風が冷たい。
09
しかし軽快に走ると、道の脇に露天が出ていた。
10
春を告げる、菅原天神宮の例祭だ。
かなり人出が有るが、自転車乗りも居た。
11
声を掛けると、以前掲示板に書き込んでくれたハーモニーさん一団だった。
12
由比本陣前の、屋台の桜えび天を食べに一緒に走る。
ここでお別れしたが、ポタリング程度でご一緒しましょう。
この後は、海岸線を吉原駅へ。
さらに、岳南原田駅近くの白夜行のロケ地へと行き、風が出る前に帰還。54km

| | コメント (0)

(旧)大代峠

一走りで登った、
01
02
お馴染みの大代峠。
そこへ、由比町側から長老らしき人が登って来た。
挨拶をして、ここには、お地蔵尊が無いのか聞いてみた。
昔の道は、その横から下りて来たとと言う。
車道が通る峠の東側に自然歩道が続くが、
03
その先は南松野へ行き、
北松野へは、沢沿いを下りて行くと言う。
さらに、今は林の中に続く
04
旧峠のらしき所まで一緒に登る。
この辺は畑で、北は富士山、南は三保半島から駿河湾が見えたようだ。
05
途中に、道の跡らしい石が見える。
たどり着いたそこは崖で、道は巻いて付けられていた。
06
ここから、海が見えると言う長老。
07
確かに、今は木々の間からだが、三保半島が眺められた。
残念ながら、峠を示す石碑らしい物は無かった。
長老から伺った話
(富士川町と由比町の行政区の境は、峠を由比町側に下りた所に有り、今でも何軒かが富士川町となっている。)
小学校は、由比町側へ通っていたが、高等小学校になると山道を峠を越えて松野村へ通った。
向こうへ行くと、村がお金を払う事になるので、足が丈夫になった高等小学校になると松野へと通った。
さらに、かぎあな近くには競馬場が有ったとか、南松野への山道を行けば石神地蔵があって、そこにも家が一軒あったとか。

| | コメント (0)

2006.01.15

早春の伊豆オフ

当初は早春の韮山オフだったが、早春の伊豆オフとなりました。
昨日の雨の後で暖かくなったので、自走で堤防を沼津へと走ります。
集合地は、御用邸。
すでに、ニイエさん、TAさん、hiroさんが来ていました。
01
Tさんは、韮山で合流するとの事で走り出します。
02
国414号を二つの随道を使いながら、口野へ出ます。
03
ここから、向かいのトンネルの中へ入ります。
ちょっと激坂を踏ん張って登ると、
04
例の切り通しへ。
狩野川放水路沿いから江間のイチゴハウスへ。
05
さらに、韮山のイチゴハウスへ走ります。
イチゴ狩りをするでは無くて、菜の花を目当てに行きますが、
06
さすがに今年は、花が咲くのが遅いようです。
そそくさと、次へ走ります。
07
江川邸近くの宿場街。
08
晩秋の韮山ポタとは、逆コースで走ります。
09
お地蔵尊が有る峠を越えて、
10
反射炉へ。
今日は、外から見るだけです。
11
伊豆長岡駅近くの、例のそば屋さんで昼食です。
ちょうど昼頃で、自走の私には良かったです。
12
狩野川を渡り、大仁方面を目指します。
ここで合流のTさんが、
13
ミニベロで待っていました。
14
ここからは、修善寺へと走ります。
15
狩野川沿いに走れば、
16
修善寺です。
温泉街へと、バスにあおられながら坂を登ります。
17
下田街道の石碑。
18
修善寺温泉街に入れば、まずはトッコの湯。
ここからは、自転車を押して遊歩道を散策です。
19
人力車。
20
桂川沿いを。
21
竹林。
22
ギャラリー。
23
裏道から戻ります。
が、Tさんが家の土産に、キンツバを買いたいとの事で寄り道へ。
24
Tさん、hiroさんが買ったようです。
25
一休み。
26
ハリストス正教会。
時間的にも戻る頃となり、往路を引き返します。
27
城山は、こちらから見た方が迫力が有りますね。
途中で、Tさんが離脱。
私が、自走で富士まで帰りたいので、ショートカット道で沼津方面に向かいます。
途中、若干のハプニングも有りましたが、皆さん無事に帰還したようです。
天候には騙されましたが、今までの寒さからしたら暖かったです。
私は、久しぶりの110km走行でした。
皆さん、また一緒に走りましょう。

| | コメント (0)

2006.01.13

タイヤ交換

昨年の清笹峠ツーでパンクして、
01
タイヤに穴が開いていた。
35Cから、そのタイヤに戻したら気になる音がするので、タイヤ交換した。
02
上が前のパセラで、下がパセラTGに履き替えた。
トレッドパターンは、同じ。
重さは若干増えたが、耐パンク性能が良くなったと思うが。
ちなみに後ろだけ交換したが、前輪はもう少し乗ってから。

| | コメント (0)

2006.01.09

ひょうたん島から大晦日へのレポ

先月に行って来た、芝川町内房~大晦日~桜野~由比町入山のレポをGoogleMapEditで作成しました。
コースガイドには、こちらの方が良いでしょう。
歩くスピード程の画が見れます。

| | コメント (2)

2006.01.08

寒中走りで清水港へ

寒中走りで、清水港まで一走り。
今日は、県道で走って行く。
01
蒲原への坂は、五見坂。
02
由比町からは、国一号へ下りて行く。
信号機の向こう側から、歩道部に登らずに
03
私はここから入ります。
04
西倉沢漁港の手前で切れるガードレール。
ここは、左に港へ下りるか、押しボタン信号機を使うか。
私は、車の流れが途切れた所で走り出しました。
05
(ス)亭からは、自転車道で興津川河口へ。
06
興津からは、下の国一号で清見寺。
07
JRを跨ぐ坂の向こうに、赤い車の集団。
火災の消火中でした。
裏道を迂回しながら、清水駅前から港へ。
08
フェリー乗り場の埠頭に向かう。
09
残念ながら、富士山は雲の中から現れない。
清水港パノラマ風景←クリック
三保半島の先まで、行く予定を中止。
10
巴川沿いをポタリングしながら、自転車を購入した店の前へ。
11
そこに、張り紙。
店主体調不良の為休みます。
早々に、富士市へ走り出す。
帰りは、由比の宿の中や蒲原の海岸線を走って、午後1時過ぎには帰還。56km

| | コメント (0)

2006.01.04

初乗り大代峠へ

昨日の予報も外れて、曇り空。
寒そう。
でも、風は無いし、富士山が見える。
大代峠まで一走りして来ようと、身支度をして出た時は10時過ぎ。
途中、馬坂峠に寄ったりして、秀村医院の信号機を曲がる。
釣堀の横を過ぎる。
こんな天気でも、お客さんが居る。
狭まる道からペダルに力が入る。
デジカメを構える暇も無く、
01
荒澤不動尊の前へ。
タイヤを戻した所為か、フロントセンターで漕げる。
02
この先、最小幅区間。
汗が、吹き出て来る。
03
下平の集落。
振り返れば、富士山の頭。
031
道が広くなり、つづら折れを登る。
さらに、つづら折れを登ると、
04
真っ直ぐに道が峠に向かう。
05
曇り空に、富士山が見える。
ここは、切り通しの峠で、
06
間からは富士山が見える。
体の前をしっかり閉めて、由比町側に下りる。
07
ヘアピンも、一枚に納まる。
08
由比川の対岸に、浜石岳が見える。
09
由比町の標識。
こちらが、大代(おおじろ)で、向こうは大城(おおじろ)。
10
静岡ミカンジュース。
ぐんぐん、下りて行く。
11
室野橋の先で、左に登ります。
前に来た事が有るので、記憶を頼りに行く。
始めは、一気の登り。
登った所が、大門の部落。
12
東山神社の幟。
13
その前に、釈迦堂。
14
その前に、土俵。
使われているかな。
15
大門の道を、ゆっくり登って行く。
先程の、広い道に合流する。
16
海岸線が開けて、由比港から三保方面が見える。
17
若干のアップダウンで、高山大橋が現れる。
ここからも、海が良く見えるが、
18
こっちの方が、私は好きです。
19
老ノ原橋。
この先は、農道の工事中で右に下りて行く。
左は、高山への登山道となり、途中で行き止まり。
20
木々の中や、
21
ミカン畑の中を下る。
22
農道の中の隋道。
出口側が、落石注意となっています。
23
秋葉山の看板が有る。
24
蒲原の町が、近くに見え始める。
25
秋葉山の幟が立てられていて、例祭が行われているようだ。
26
東名高速沿いに下がり、
27
県396号に出た。36km

| | コメント (0)

馬坂峠

初乗りのついでに、富士川町の馬坂に有る峠に行って来ました。
ここを知ったのは、峠のむこうへさんのHPからでした。
ここは、第二東名の工事個所なので、峠が保存されてはいないと思うが。
木島から県10号の旧道に入れば、すぐに坂が馬坂と分かる。
この馬坂の名称を知ったのも、最近だった。
道の脇には、石碑が佇んでいるので、旧街道とは思っていたが。
第二東名の真下を潜り、坂を下ると左にダートな登り道が造られている。
そこからが、現在の峠への最短となる。
ところどころに霜柱が立つ、地道を自転車を押して行く。
この道も、第二東名の工事用に新設されたようだが。
最後にちょっとキツメの坂を上がると、
02 
左手に風神宮の鳥居。
01 
その横に、馬頭観音、題目供養塔、お地蔵尊が立ち並ぶ。
04
峠の面影は無いが、歴史を語る石碑達の存在には驚いた。
03 
周りは高速道が走り、それもまた見所かも。

| | コメント (0)

2006.01.03

金丸山GoogleMap編

先月30日に走って来た、川坂から野田山(金丸山)に登り、鍵穴の分岐点へ。
さらに、粒良野から南松野に下りるコースをアップしました。14km
今回は、GoogleMapEditで作成しました。
コースが、わかり易いと思いますが。

| | コメント (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »