« ひょうたん島から大晦日へ | トップページ | 走り納め、香貫山 »

2005.12.30

野田山から鍵穴へ

家から近くの山、野田山へ。
01
富士川第一小学校から、駅よりに下がった所から入って行く。
川坂から東名高速の下を潜ると、インナーローでの登りとなる。
02
こちらからは、富士川河口から富士市街の眺めが良い。
03
男坂の勾配を登る。
広い道、山道と、交差するごとに変わる。
04
電波反射板が現れる。
05
ここまで来れば、すぐに楽座からの道に合流する。
ここからは、いつも登る道。
まもなく、野田山公園の下の駐車場。
06
富士山の雲も、取れて来た。
07
駐車場横から、小塚線に入る。
08
さらに登って行くと、最高点(540m)に出る。
登りで脱いだ、フリースとウィンドブレーカーを着込む。
09
日陰の下り坂は、手足の先が冷えて来る。
ぐるっと回り込むと、分岐点が明るい。
伐採の跡地が開けていた。
10
浜石岳から、下には入山の集落が見える。
11
さらに、身延山地から安部奥山地まで眺めが利く。
12
鍵穴への分岐点まで下る。
13
ここでも、北側が開けていて、椰子の木(本当は、杉の木)の向こうに富士山が見える。
鷺ノ田の集落へ。
14
しおれた柿の実と富士山。
15
そうそう、ここの路面には、宝石が散りばめられています。
16
お地蔵尊の所の先を、左に登って行く。
この道は、尾根沿いに走って行くようだ。
軽トラしか走れない程の幅の道の、下り基調のアップダウンを行く。
17
粒良野の集落が見える。
18
貯水槽には、正月飾り。
粒良野は、古くからの集落で、数々の伝承が有るようだ。
19
豊富七神社に、町指定のオオジイ(椎)の根回りが見事だ。
20
ここから、再び木々の中を下る。
21
まもなく、タワーの向こうに富士山。
松野貯水池から、すぐに県10号に出れる。
22
そこは第二小学校の、すぐ横だった。
まだまだ、奥が深い庵原の山だ。22km

|

« ひょうたん島から大晦日へ | トップページ | 走り納め、香貫山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひょうたん島から大晦日へ | トップページ | 走り納め、香貫山 »