« ブログ始めました | トップページ | 自動点滅テールLED »

2005.10.15

野田山サイク

雨の予想が、昼になるほど晴れてくる。
そこで出掛けて来ました。
野田山へ。

noda01
いつもの楽座の裏から、農道へと入る。

荒れた路面の急坂を、ペダルをぐいぐい漕いで行く。
フロントもインナーに切り換えて、そろりそろりとペダルを回す。
広い道に代わり、路面に紐が落ちていたら、要注意。
近づくと動き出す事がある。

まもなく、川坂からの合流点。
ここから先は、林道のような道だ。
それでも少しは、勾配が穏やかになったかな。
野田山公園への分岐点。

noda02
今日は山頂の広場には寄らずに、下の駐車場の所で富士山撮影会。

noda03
雲が多いが、それなりに見えてくれて、○。

noda04
まだ青葉のモミジの大師広場へ。
ここの紅葉は、12月。
その先へ行くと、善福寺線の合流点。

noda05
相変わらず、工事の看板が立てられているが、進入。
ちょうど昼時で、休んで居ると思うからだが。

noda06
しかし、車が道一杯に止めて有るのにはまいった。

noda07
車の間を、擦り抜けて展望広場へ。
ここからの三保方面への眺めは、曇り空の方が逆光にならずに良いのだが。
展望広場からは、下り坂となる。

noda08
木々の中を下ると、途中で見晴しが良い所に出る。
ここを、「昔の登山道」と呼ぶ。

noda09
ここには、昔の登山道の標識が立てられているからだが。
この先は、さらにVブレーキの威力に助けられて下る。

noda10
山の清水さんは、草で顔を隠していた。

noda11
noda12
たぶんミカン畑となるだろう、耕地造成現場の中を下る。
その後は眺めの中に、東名高速が近づいて来る。
駿河湾の海の光も眩しくなり、東名の真下を潜り蒲原の町の中に出る。

noda13
この後は、日軽金の放水路から堤防に上がり、富士川河口経由で帰還。

注意)展望広場の手前で工事が行われているので、出来たら日曜日に出かける事をお勧めします。

完走時間2時間20分、26km

|

« ブログ始めました | トップページ | 自動点滅テールLED »

コメント

三振王さんこんにちは
以前MAILしたことのある近所の自転車愛好家です
画像を交えたツーリングレポート、感心いたします。まめですね。
このコースは私も幾度か走っていますが、激上りをクリアした眺めは最高ですね。

投稿: 雅 | 2005.10.20 21時42分

雅さん>蒲原の人でしたかな?

>まめですね。
HPのネタですから。

>眺めは最高ですね。
野田山の山頂広場や、下の駐車場から見える富士山が良いですね~。
それに、展望広場から先の、開けた所からの三保方面が○です。

投稿: 三振王 | 2005.10.20 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブログ始めました | トップページ | 自動点滅テールLED »