« 2003年6月 | トップページ | 2003年8月 »

2003.07.13

2003年7月

  • 7月29日(雨/曇)

    27
    3338
    富士市の避暑地で有る須津川沿いを、大棚の滝を目指してツーリングして来た。朝のうち雨が降っていたので昼飯を食べてから出掛けたが、以前走っているので不安は無かった。
    旧国一号を東田子の裏の西側の信号機を北に左折する。ここから県道167号である。国一号を横断して沼川を渡り、岳南鉄道を横断して県道22号の交差点に出る。

    ここから、須津川沿いに茶畑と須津川に架かる何箇所もの橋を渡り大棚の滝(350m)に着く。その後は愛鷹山の登山口となる須津山荘(550m)まで登る。ここで、ほぼ道は終わる。前回に来た時には須津山荘から数百メートル先の道の終点まで行ったが、今日は何せ天気が不安定。少し霧が出そうな感じなのでここで終わり。

    下りは県道22号まで、20分ちょっとで着いてしまった。途中、路面が荒れて居る所と速度を出させないように段差を付けて有るので注意が必要で有る。

    完走時間3時間50分、実走行時間2時間45分、49km
 

 

  • 7月18日(晴)
    朝のうち曇りがちだが陽射しが出て暑くなった。

    国道469号ツーリング

    12
    28_229
    富士市には峠らしい所が無い。唯一、十里木越えの裾野に抜ける県道24号から国道469号がそれらしいが、ここは車が多くて危険だった。私は、県道72号が国道469号とぶつかる地点が峠と思い、ここから白糸の滝方面に走りさらに芝川町経由で回って来るのが好きだ。県道72号も下の方は車が多いので、身延線入山瀬駅から国道139号を横切り登って行くコースが私の裏道だ。曽比奈まではこうして裏道を上がり、曽比奈からも富士木材センター前を通る。こうして車の避けながら国道469号に登る。ここからは白糸の滝まではアップダウンを繰り返してトラバースする。潤井川の川沿いに散策道を発見して狩宿の下馬桜まで下る。ここで井出邸を見ながら休憩とする。あとはいつもの芝川経由のダウンヒルで帰還。
 

 

  • 7月12日(曇)
    昨夜は雷雨となり朝方まで雨が降っていた。昼間は晴れ間も覗いたが概ね曇り。夜になり雷雨となりBSのサッカーが見にくくなった。

    堤防上run
    昼前から急に晴れ間が覗いて来たので千本浜公園まで走って来た。今日は無性に蒸し暑い。しかし堤防は風が吹くので夏の暑い時はこの方が良い。往路、復路共に同じギアで踏み倒してペダルを回した。帰りが向かい風となったが暑さを和らげられたが、信号待ちの時には汗が滲み出る。田子の裏港を回り込んでからw酒店で給水とする。初めの500mlでは足りなかった。今日は富士川の河口から由比に出て峠を超えるつもりだったが、どうも湿った空気が流れ込んで来て河口までの堤防上は霞みがかかったようだ。そんな訳でそのまま帰還した。
    完走時間2時間20分、実走行時間2時間15分、56km
 

 

  • 7月6日(曇)
    昨夜から降り出した雨が朝方まで残ったが、その後は降る様子も無く昼過ぎから陽射しが出た。

    堤防上run
    昼過ぎに陽射しが出て来たので千本浜公園まで走って来た。往路は堤防上が向かい風でちょっと重いペダルを漕ぐ。復路は追い風となり30km以上で走る事ができ、久しぶりにファーストランとなった。

    完走、実走行時間2時間19分、56km
 

|

« 2003年6月 | トップページ | 2003年8月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2003年6月 | トップページ | 2003年8月 »