はじめに

初めて訪問の方へ。
当ブログは、自転車で景色の良い所へ、走って来た走行記録です。
富士山の見える峠を自転車で越える
が、好きな走り方です。
けっして、速く走る企画では有りません。
皆さんに、感動をあたえる景色を見つけると、オフ会を開催します。
太目のタイヤと記述した時は、ダートが有ります。
ただしロードの方が、主流になっています。

当ブログでは、人物画像は小さくなっています。
貴方でも、人物画像は小さくして下さい。(2012年6月26日記述


コメント公開は、承認制とさせて頂きます
コメントは、メール通知されますので、確認次第公開します。
宜しくお願いします。

|

2017.03.18

3/18 田貫湖

ここ数日、朝のうちは天気が良い。
今日も昼までは晴れ。
のち、曇り。
自転車に乗る。
朝8時50分発。
田貫湖へ。
出がけは、富士山も綺麗に見える。
芝川までは向かい風だが、そんなに寒くは無い。
芝川駅で風除けを脱ぐ。
裏道で柚野。
柚野から国469号。
雌橋。
今日は、いつもより鼻がむずい。
坂を登れば半野のたんぼ。
やっと目的を達成。

Dscn0302Dscn0304
半野の桜。
たていしから田貫湖へ。
たていしから空気は冷たいが、春の陽ざしが有る。
田貫湖は北岸へ。
連休なので人が多い。
南岸のサイトは、かなりのテントが見えた。

Dscn0307Dscn0324_2
展望台にも登る。
途中の木々が払われていて、眺めが良くなっている。
桜とのコラボで富士山が撮れそう。
帰路へ。
たていしの自販機でホット給水。
休暇村への路線バスが通り過ぎる。
久しぶりに、村山へ。
白糸の梅は満開。
富士山に雲が掛かって来た。
村山へのアップダウンの走り方を忘れた。

Dscn0329
村山浅間神社。
空は曇って来た。
ここからは下り。
午後1時5分着、65㎞。

| | コメント (0)

2017.03.17

3/17 潤井川河口

陽射しは、暖かくなった。
外気は冷たいが。
歩き。
線路沿いから潤井川河口へ。

Dscn0267
TOYOTA train

Dscn0270
EF66-114
日東経由で潤井川河口へ。
向かい風だと冷たい。
潤井川河口。

Dscn0275
大型貨物船が接岸している。
前田の跨線橋を渡る。
陽射しが当たると暖かいが、日陰るとぐんと寒い。
中央公園の花時計は、お勧め。

Dscn0276Dscn0280
富士山がモデルだから。

Dscn0285
潤井川沿いを中央小で離脱。
歩数 20300、16㎞。

| | コメント (0)

2017.03.16

3/16 田貫湖

陽射しが出て春めいている。
自転車に乗る。
芝川経由で田貫湖。
朝9時5分発。
頭に雲が掛かるが富士山は綺麗だ。
静甲前のタヌキは片づけられていた。
芝川駅で風除けを脱ぐ。
登り坂で汗ばむほど。
裏道で柚野へ。
柚野から国469号。
雌橋の水量は減っていた。
半野へ登れば、空気は冷たい。
積雪した毛無山。

Dscn0245Dscn0252Dscn0257
半野の桜は見ごろとなったが、富士山はハズレ。
たていしから田貫湖へ。

Dscn0263
北岸へ。
雲が広がって来た。
早々に帰路へ。
たていしまで下っても、路線バスには遭遇せず。
たていしは素通りで、雌橋へ下る。
下条の西宮と西山への分岐点で自販機給水。
西山へ下り、芝川駅経由で帰還。
下界は晴れていた。
午後0時45分着、61㎞。

その後、雨が降りそうな空模様。

| | コメント (0)

2017.03.15

3/15 潤井川河口

13日、前夜に小雨。
路面に痕跡が見えた。
一日、曇り空。
所用を済ます。

14日、前夜に雨音。
一日、曇り空。
気が付いたら、午後も小雨が降っていた。

今朝も曇り空。
路面には昨夜の雨の痕跡。
ここ数日、天気がはっきりしない。
歩き。
南の空は、青空が見えて来る。
線路沿いから潤井川河口へ。
前回と同じ機関車。

Dscn0229
EF210-167
日東経由で東へ。

Dscn0234
潤井川河口。
歩いて行くに連れて雲が取れた。
前田の跨線橋を渡り、中央公園へ。

Dscn0237
花時計は植え換え中。
ぐるっと廻り、潤井川沿いへ。

Dscn0238
周辺の高い山には、積雪が見える。
お店に2店よりみちしたが、目指すものが無かった。
歩数 19600、15㎞。
陽射しが春らしい。

| | コメント (0)

2017.03.12

3/12 田貫湖

朝は暖かめ。
平年並みの気温と思うが。
自転車に乗る。
日曜はダンプが走らないから。
朝9時15分発。
風除けは着て行く。
静甲のタヌキと出会う所で、道路上に倒れている。
カラスが添い寝をしている。
見ないように端を走る。
車は、対向車線に出て走る。
芝川駅で風除けを脱ぐ。
登り坂。
ずんずん登るが、追い風気味だった。
柚野まで県道。
その先も県道で雌橋。
その坂を登って、半野の桜へ。

Dscn0215
桜は五分咲き。
富士山は二分。
たていしから、風が体に当たると冷たい。
田貫湖は北岸。

Dscn0218Dscn0223
富士山が見えないので、ここで良いか。
早めに帰路へ。
たていしで、休暇村へのバスとすれ違う。
たていしは素通りで雌橋へ。
下条、西山、芝川駅経由で帰還。
向かい風だと、冷たかった。
午後0時50分着、61㎞。

| | コメント (0)

2017.03.11

3/11 中央公園

今朝は曇り空。
PCで確認すると、周辺に雨雲を確認。
土曜の朝は、interFMの iHeart Hawaii 。
アコースティックの音楽が気持ち良い。
部屋での気分はハワイだが、これを聴いていると一日が終ってしまう。
歩き。
線路沿いから中央公園へ。
今日は、めずらしい機関車。

Dscn0196
EF210-167
踏切を渡り最短で中央公園。

Dscn0201_2
花時計を撮り忘れないように。

Dscn0204
帰路は、潤井川沿いを中央小で離脱。
陽射しが出て来たら汗ばむ。
歩数 14400、11㎞。

| | コメント (0)

2017.03.10

3/10 白糸の梅、田貫湖

9日、冬晴れ。
寒い朝。
天気が良いが、家で脳トレ。

今朝も寒い。
朝のうちは、風は弱い。
田貫湖へ、自転車に乗る。
朝9時ちょうど発。
富士山は、次々と流れて来る雲がかかる。
芝富小を登り、風除けを脱ぐ。

Dscn0149
柚野まで柚鳥富士コース。
柚野から県道で雌橋。

Dscn0154
半野の桜を見に行くが、桜はもう一歩。
富士山は雲。
たていしから風が強くなる。
冷たい。
田貫湖へ登り坂。
北岸へ。

Dscn0158Dscn0178
雲が取れて来た。
たまには遊歩道を。
久しぶりの休暇村デッキ。
三脚が縛り付けて有る。
ダイヤモンド富士は、4月のはずだが。
三脚を担いだカメラマンが登場。
聞けば、パール富士だと。
今のうちに、陣地取りをしないと、三脚が立てられないようだ。
帰路へ。
下る時に、正午発の路線バスが登って来た。
たていしの自販機でホット給水。
富士山が出て来たので、白糸の梅。

Dscn0188
梅は満開。
梅園の中には入らず。
赤い橋へ下り狩宿へ。
下条、西山、芝川駅経由で帰還。
下界は、暖かい風が強くなる。
午後1時5分着、64㎞。

| | コメント (0)

2017.03.08

3/8 田子の浦港

冬の気温。
風が無いだけ良いか。
歩き。
富士駅スタート。
田子の浦港へ行く。
線路沿いから日東経由で海岸線を目指す。

Dscn0114
EF66-106
日東から田子の浦中の東側を、かすめて歩く。
南へ歩き、堤防へ。
風が弱いので歩けば暖かい。

Dscn0134Dscn0137
みなと公園から田子の浦港。

Dscn0143
潤井川河口。
前田の跨線橋を渡り、小潤井川沿い。
幹線道路を歩く。
市役所の通りは、高所作業車で木の剪定をしている。
中央公園。
花時計を撮り忘れて、潤井川沿いへ。
風が吹いて来て寒くなる。

Dscn0145
中央小で離脱。
歩数 19700、15㎞。

| | コメント (0)

2017.03.07

3/7 潤井川河口

6日、曇り空だが、間もなく雨の予報。
昼をはさんで雨となったが、たいした雨量では無かった。

今朝は曇っている。
暖かいが寒気が入って来る。
歩き。
陽射しが無いので寒い。
線路沿いから潤井川沿いへ。

Dscn0099
EF66-103
歩きの川沿いが工事なので、大通りへ出て日東へ。
東へ向かうと陽ざしが出てくる。
海岸線は雲が取れている。
潤井川河口。

Dscn0101Dscn0103
浚渫土は、いろんな工程を経てこうなる。
こうなれば商品だね。
上流部は富士山の大沢崩れ。
前田の跨線橋を渡り、小潤井川沿い。
水鳥も居るがゴミが多い。

Dscn0106
中央公園。
ぐるっと回り込む。

Dscn0108
帰路は、潤井川沿いで中央小で離脱。
陽射しは出て来たが、風が強くなった。
歩数 20600、16㎞。

| | コメント (0)

2017.03.06

KT-1010Fを再生 その2

その1 からの続き。
KT-1010Fの中古のトラブルの二大症状は。
(1)電源を入れると表示が 1888 と出る。
 コントローラーICの近くのC243 2200μF 6.3V がショート。
(2)オート受信でもマニュアル受信でも受信できない。
 同調コイルの調整で直る事も有るが、今回は出来ない。
 同調コイルT2の容量抜け。
 現在、修理部品は手に入らない。
 部品取りのジャンク品を手に入れるとか。
 FMチューナーの調整は、ひろさんとBLUESSさんのHPで参照できる。
 同調コイルに外付けでコンデンサーを付けて対応。
 ひろさんのHPに、22pFを付けた事例が載っていた。
 持っているコンデンサーは、30p、15p、10p、8p。
 とりあえず30pを付けるが、同調点の0Vに近づかない。

Dscn0097
 10pを2個付けして、20pとするが、0Vにならない。
 この状態でコイルを回して最適レベルにしてみる。
 ステレオ受信する。
 今回は、これで良しとしよう。

視聴
ネットでも書かれているが、音がすっきり聞こえる。
私はRFアンプを、チューナー横に繋いで有る。
蓋を開けて、調整ドライバーでトリマーを回して最適レベルに調整できる。
bayFM(78.0MHz)と interFM(89.7MHz)では、RFアンプで同時に、ベストには調整できない。

Dscn0091
bayFM

Dscn0090
tokyoFM

Dscn0093
interFMは、どちらにせよ受信レベルは低い。

追記〕 3月8日
T-X900の信号入力レベルのレンジ表示は安心感が有る。
強電界エリアでは、必要無いかも知れないが、遠距離受信エリアでは必要。
KT-1010Fには、搭載していないので棒グラフの表示を見て、RFアンプを調整している。
アンテナF端子がネジ仕様で無い。
アンテナのF端子が、そのままでは入らない。
ジャンク箱から、テレビやビデオに付いて来た変換コネクタに、同軸線を付けてF端子に差し込んで。
これが、いたって安心感が有る。

| | コメント (0)

«3/5 桜峠のさくら、田貫湖